前田幸治

日本の実業家
前田晋二から転送)

前田 幸治(まえだ こうじ、1949年2月23日[1] - )は、日本実業家馬主

まえだ こうじ
前田 幸治
第80回東京優駿(日本ダービー)表彰式(2013年5月26日)
生誕 (1949-02-23) 1949年2月23日(75歳)[1]
日本の旗 日本 奈良県[2]大淀町[3]
職業
肩書き
配偶者 前田 葉子[4]
子供
  • 前田 幸貴(長男)[4]
  • 前田 幸大(次男)[5]
親戚 前田 晋二(弟)[2][6]
テンプレートを表示

アイテック株式会社の代表取締役会長を務めながら、日本を代表するオーナーブリーダーとしても著名であり、2020年に史上3頭目となる無敗でのクラシック三冠を達成したコントレイル東京優駿を制したキズナワンアンドオンリーダートのGIおよびJpnIを4勝したトランセンドなどを生産したノースヒルズの代表を務める。

経歴・人物 編集

奈良県大淀町出身[3]。19歳となる1968年に起業し[7]、のち1981年[8]官公庁や民間におけるプラントエンジニアリング業に従事する[9]アイテック株式会社を大阪府に創業した。現在は代表取締役会長を務める。

1983年馬主資格を取得[2]後、翌1984年には競走馬の生産牧場であるマエコウファーム(後のノースヒルズ)を北海道新冠町に設立し[2]、以後日本を代表するオーナーブリーダーとして活躍している。

2011年台風12号が故郷の奈良県を襲った際には、同県知事の荒井正吾に見舞金1000万円を寄贈した[3]

馬主・生産者として大きな活躍を見せる一方、競馬はあくまで自身の趣味であるとし、ノースヒルズの事務所以外には馬の写真などを飾ったりすることはないという[7]

特技は、「3秒で眠れること」[7]

親族 編集

弟の前田晋二は、馬主としてキズナコントレイル日本ダービー2勝、およびコントレイルでクラシック三冠達成を成し遂げている。

次男の前田幸大は、慶應義塾大学経済学部卒業し、JRAの馬主として登録されている。馬主資格取得当時はJRAの馬主の中で最年少となっていた[5]2021年9月4日には小倉競馬場第2競走を最年少馬主として制している[5]

馬主活動 編集

 
前田の勝負服(JRA)

日本中央競馬会(JRA)および地方競馬全国協会(NAR)に、代表を務めるノースヒルズ名義のほか、自身の個人名義としても馬主登録をしている。勝負服の柄はJRAでは水色、赤十字襷、赤袖水色一本輪[注 1]を、NARでは緑、黄三本輪、黄袖緑一本輪[注 2]を使用し、冠名は過去に「マエコウ」を用いたものの、現在は特に用いない。

来歴 編集

主な所有馬 編集

  • ノースヒルズ名義の所有馬については、同項目の主な所有馬を参照。
  • 現役中にノースヒルズなどと名義がたびたび変更されている競走馬の戦績については、前田幸治名義で出走した時の戦績のみ記載する。

GI級競走優勝馬 編集

重賞競走優勝馬 編集

地方重賞は*で示す

その他の所有馬 編集

親族の所有馬 編集

弟・晋二 編集

 
前田晋二
 
前田晋二の勝負服

勝負服の柄は水色、赤十字襷、赤袖水色三本輪[注 5]冠名は過去に「マエシン」を用いていたが、現在は特に用いない。

GI級競走優勝馬
重賞競走優勝馬
斜字は地方重賞。
その他の所有馬
  • リザーブユアハート(地方移籍後)
  • ゴールデンキャスト(地方移籍後)

妻・葉子 編集

 
前田葉子の勝負服

勝負服の柄は水色、赤十字襷、赤袖水色二本輪、冠名は特に用いない。

重賞競走優勝馬

長男・幸貴 編集

 
前田幸貴の勝負服

勝負服の柄は水色、赤十字襷、袖一本輪、冠名は特に用いない。

重賞競走優勝馬

次男・幸大 編集

勝負服の柄は、水色、赤十字襷、袖赤二本輪。冠名は特に用いない。

著書 編集

  • 『世界一の馬をつくる チームノースヒルズの飽くなき挑戦』(飛鳥新社、2014年11月26日)

関連書籍 編集

  • 本城雅人『夢を喰う男 ダービー3勝を遂げた馬主、ノースヒルズ前田幸治の覚悟』(幻冬舎、2022年6月22日)

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ かつては青、赤十字襷、赤袖青一本輪を使用した。
  2. ^ マエコウファーム名義の勝負服の旧デザインと同一である。
  3. ^ 前オーナーの名義でJ・GI2勝を挙げていたが、死去のため一時的に前田の名義になった。翌年より前オーナーの親族の名義に変更されている。
  4. ^ ほか、下の節で記載しているように、前田葉子名義で同年のUAEダービーも勝利している。
  5. ^ かつては赤、水色一本輪、水色袖赤三本輪を使用していた。

出典 編集

  1. ^ a b 【有馬記念】前田氏、アーネストリーで“蜂の一刺し””. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2011年12月23日). 2023年11月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 週刊Gallop臨時増刊 コントレイル無敗三冠 P42
  3. ^ a b c 災害見舞金1000万円 - 大淀出身・アイテック代表 前田さん”. 奈良新聞デジタル. 奈良新聞社 (2011年12月18日). 2023年11月1日閲覧。
  4. ^ a b 【朝日杯FS 今週のキーマン】23歳前田幸貴オーナーがビアンフェでG1初制覇に挑戦 夢は「世界の大レースを全て取りたい」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2019年12月10日). 2023年11月1日閲覧。
  5. ^ a b c JRA最年少馬主の所有馬がレコード勝”. スポニチアネックス. スポーツニッポン (2021年9月4日). 2023年11月1日閲覧。
  6. ^ 【スプリンターズS】ジャンダルム・前田幸治オーナー「兄貴の威厳を見せつけることができた」”. 東スポ競馬. 東京スポーツ新聞社 (2022年10月2日). 2023年11月1日閲覧。
  7. ^ a b c d シンプルに生きる『人間力』前田幸治(会社経営者)”. 日刊大衆. 双葉社 (2015年3月1日). 2023年11月1日閲覧。
  8. ^ 会社概要”. アイテック. 2023年11月1日閲覧。
  9. ^ コントレイルの生産者・ノースヒルズ代表・前田幸治氏にインタビュー「こんなに走る馬になるとは思っていませんでした」菊花賞後はJCが選択肢”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 中日新聞社 (2020年10月22日). 2023年11月1日閲覧。
  10. ^ リメイク”. JBISサーチ. 2023年9月10日閲覧。
  11. ^ ヴィゴーレ”. JBISサーチ. 公益財団法人日本軽種馬協会. 2023年7月30日閲覧。

外部リンク 編集