前田 治一郎(まえだ じいちろう、1911年明治44年)2月19日1996年平成8年)12月1日[1])は、日本政治家実業家衆議院議員(2期)を務めた。

前田治一郎
まえだ じいちろう
生年月日 1911年2月19日
出生地 日本の旗 日本 兵庫県
没年月日 (1996-12-01) 1996年12月1日(85歳没)
所属政党 自由民主党
子女 子・前田正(元衆議院議員)

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧大阪2区
当選回数 2回
在任期間 1972年12月10日 - 1979年9月7日

大阪府の旗 第60代 大阪府議会議長
在任期間 1963年6月 - 1964年6月

大阪府の旗 大阪府議会議員
テンプレートを表示

概要編集

兵庫県出身。息子は衆議院議員の前田正。全国信用協組連理事を務め、大阪府議会議長となる[2]。1972年の第33回衆議院議員総選挙旧大阪2区自由民主党から出馬し、初当選。以後連続2期務める。1979年落選により政界を引退。

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1119頁。
  2. ^ 大阪府議会歴代議長・副議長一覧”. 大阪府. 2021年4月30日閲覧。

参考文献編集