メインメニューを開く

前田 遊野(まえた ゆうや、1983年5月11日 - )は、鳥取県出身のドラムパーカッション奏者。

前田 遊野
Yuya maeta.jpg
基本情報
出生名 前田 遊野(まえた ゆうや)
生誕 (1983-05-11) 1983年5月11日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 鳥取県
ジャンル ロック
ポップス
ジャズ
ファンク
フュージョン
ヘヴィメタル
職業 ミュージシャン
ドラマー
担当楽器 ドラム
パーカッション
活動期間 2008年 -

目次

人物編集

14歳でドラムを始め、同時にバンド活動も開始。23歳で上京。25歳の時に、全て独学で習得したドラミングがBlue Man Group IN TOKYOの音楽監督兼ドラムプレイヤーであるBill Swartz(ビル・スワーツ)氏に認められ、同グループへの参加が決まる。

Blue Man Group IN TOKYOでの出演をきっかけにプロ活動を開始し、BABYMETALマーティ・フリードマンをはじめとする多岐にわたるアーティストのバックバンドスタジオミュージシャンとしての活動を行う[1]

ドラムの演奏は非常にタイトで、かつ、派手。 BABYMETALのバンドメンバーである大村孝佳BOHらに「めちゃくちゃタイト」と評されている。ジャストであったりミリセコンド単位でのタメを効かせたりと、楽曲が求めるものを殆どのジャンルを問わず表現する。

2015年8月、ソナーSONOR)アーティストとして迎えられる。

現在は若手ドラマーの育成を行っており、吉祥寺の音楽スタジオKicca ならびにESP MUSIC SCHOOLにて講師を務める。 講師を兼ねつつ、多種にわたるアーティストのサポートを行い、仮BANDのドラマーとしても腕を振るっている。

また、初のドラムセミナーでのゲスト、I Don't Like Mondays.のドラマー秋気(Shuki)は実の弟である。

活動史編集

  • 2008年
    • Blue Man Group IN TOKYOの打楽器奏者として同グループで演奏を行なう。この時より本格的にプロ活動を開始。
  • 2014年
  • 2015年
    • BABYMETALライヴサポートバンド、神バンドのメンバーである藤岡幹大と共に、セッションバンドMMMとして東京・高円寺にてライブを行う。
    • 同、神バンドのメンバーである大村孝佳と共に、フジテレビ系列「ヨルタモリ」番組内にて「AMEDEATH[3]」のドラマーとして演奏・出演。
    • LIV MOON、再始動ライブよりサポートドラマーとして参加[4][5]
    • RENO(ex.ViViD)のソロプロジェクト初ワンマンライブにサポートドラマーとして参加[6][7]
    • SONORアーティストの一員に加わった事により、それに伴いコマキ通商株式会社と池部楽器店の協力の下、自身初のドラムセミナーを開催[8][9]
    • 11月30日 高円寺ShowBoatにて藤岡幹大BOHと共にセッションライブを行う。終演後、同メンバーでのセッションバンド 「仮BAND」を結成。
  • 2016年
    • 仮BAND名義では初となる公演を2月21日に渋谷JZbratにて行う。スペシャルメンバーとして桑原あいが参加。同時に仮BANDのCD制作が発表。この日オリジナル曲を1曲発表した。

使用機材編集

ドラムはソナーSONOR)accent stage 3 を愛用していたが、2016年3月より同社のSQ2が主軸となる。 また、仮BANDではVintageSeriseを好んで使っており、非常に忠実な良いドラムと評している。 ペダルはDW5000AD twinを、シンバル類はSABIANを愛用している。スネアもドラムと同社使用しているが、口径が13インチのものを特に好んで使用している。

参加アーティスト編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集