メインメニューを開く

前田 黙鳳(まえだ もくほう、嘉永6年(1853年)3月 - 大正7年(1918年11月19日)は、播州龍野兵庫県たつの市)生まれの書家。名は士方黙鳳で、別号に龍野人がある。

業績編集

明治から大正時代に活躍した書家で、書道会の発足や会報の発行に尽力し、展覧会の開催や法帖類などの古典資料の普及に努め、近代書道界の発展に大きく貢献した。作品には古銅器の銘文を臨書したものなど篆書体が多くあり、また六朝風の楷書体も得意とした。

経歴編集

嘉永6年(1853年)播州龍野藩士、前田忠作の次男として生まれる。20歳で上京し、明治9年(1876年)書肆博文社の手代となった。明治15年(1882年)京橋南鍋町に自ら書肆鳳文館を開き、『資治通鑑』・『佩文韻府』などの翻刻刊行を行った。その間、清国に渡り金石学書法を学んだ。しかし、明治21年(1888年)漢学の衰頽に伴い経営が悪化し、鳳文館を廃業した。その後、書学会を発足し、会報『書鑑』を発行して法帖類を掲載し、古典資料の普及に努めた。明治41年(1908年)には中村不折土方秦山杉溪六橋野村素軒らと健筆会を起こし、六朝書専門研究に取り組み、展覧会も開催した。

大正3年(1914年)2月、中村不折・井土霊山共訳の『六朝書道論』が刊行されるが、その巻末付録に「六名家書談」が収録され、黙鳳はその名家の一人として、「書風の側面観」と題した1篇を執筆している。六名家の他の5人は、日下部鳴鶴中林梧竹中根半嶺内藤湖南犬養木堂であり、犬養木堂は黙鳳の書を見て「天下第一人者」と称賛したという。

略年譜
嘉永6年 1853年 播州龍野(兵庫県)に生まれる。
明治6年 1873年 20歳 上京。
明治9年 1876年 23歳 博文社(書肆)に入社。
明治15年 1882年 29歳 京橋南鍋町に鳳文館(書肆)を設立。
『資治通鑑』・『佩文韻府』・『康熙字典』・『史記評林』などを刊行。
明治21年 1888年 35歳 鳳文館を廃業。
明治25年 1892年 39歳 『真行草大字典』(共益社)を刊行。
明治35年 1902年 49歳 『書鑑』(書学会)を刊行。
明治41年 1908年 55歳 健筆会を発足。
大正2年 1913年 60歳 『真行草字鑑』(二松堂書店)を刊行。
大正7年 1918年 65歳 永眠。

著書・編書編集

  • 書海
  • 五体字書
  • 真行草大字典
  • 真行草字鑑

など、多数。

関連項目編集

参考文献編集

  • 書道専門誌 『』 - 芸術新聞社発行 - 1981年10月臨時増刊 近代日本の書