メインメニューを開く

前畑 秀子(まえはた ひでこ、1914年大正3年)5月20日 - 1995年平成7年)2月24日)は、和歌山県伊都郡橋本町(現・橋本市)出身の水泳選手。結婚後の姓は兵藤(ひょうどう)といい、「兵藤秀子」の名前でもよく知られている。

前畑 秀子 Swimming pictogram white.svg
Hideko Maehata.jpg
前畑秀子
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
生年月日 (1914-05-20) 1914年5月20日
生誕地 和歌山県伊都郡橋本町
没年月日 (1995-02-24) 1995年2月24日(80歳没)
テンプレートを表示
1932年ロス五輪の前畑

目次

経歴編集

1914年大正3年)に和歌山県伊都郡橋本町(現・橋本市)で豆腐屋を営む家に生まれ、紀ノ川で泳ぎを覚える。尋常小学校5年生のとき女子50m平泳ぎで学童新記録を出し、高等小学校2年生のとき汎太平洋女子オリンピックに出場し100m平泳ぎで優勝、200m平泳ぎで準優勝した。当時の慣習では前畑は高等小学校を卒業後、学業や水泳をやめて家業の豆腐屋を手伝うはずだった。だが前畑の水泳の素質に着目した学校長など関係者が両親を説得にかかり椙山正弌のすすめで名古屋の椙山女学校(現・椙山女学園)に編入し水泳を続けることになった。椙山は前畑のために寮を提供し、また学園内に新しいプールを作り全面的に支援した[1][2]。しかし1931年昭和6年)1月に母が脳溢血で、6月には父も脳溢血で亡くなり相次いで両親を失うことになった。

1932年(昭和7年)に開催された第10回大会ロサンゼルスオリンピックの200m平泳ぎに出場し、銀メダルを獲得した(金メダルオーストラリアクレア・デニスで、前畑とはわずか0.1秒差だった)。大会後は家庭の事情もあり、引退も考えたが、祝賀会に駆けつけた東京市長永田秀次郎が前畑に対し「なぜ君は金メダルを獲らなかったのか。0.1秒差ではないか。無念でたまらない」とを流さんばかりに説得するなど(当時、永田は東京市長としてオリンピック誘致に奔走していた)、周囲の大きな期待に押され現役続行を決意する。1日に2万メートル泳ぎきる猛練習を重ね、1933年(昭和8年)9月30日には200m平泳ぎの世界新記録を樹立する。

3年後の1936年(昭和11年)、ナチス体制下のドイツで開かれたベルリンオリンピックの200m平泳ぎに出場し、地元ドイツのマルタ・ゲネンゲルとデッドヒートを繰り広げて、1秒差で見事勝利を収める。日本人女性として五輪史上初めてとなる金メダルを獲得した。この試合をラジオ中継で実況したNHK河西三省アナウンサーの中継開始予定時刻の午前0時を過ぎたため「スイッチを切らないでください」という言葉から始めた。

河西アナは、興奮のあまり途中から「前畑ガンバレ!前畑ガンバレ!」と20回以上も絶叫し、真夜中にラジオ中継を聴いていた当時の日本人を熱狂させた。その放送は現在でも語り草となっており、レコード化もされている[注 1]

また、ヨーロッパを視察中だった鉄道省技師の島秀雄が、この競技を実際に観戦していた。前畑はその後も世界記録を何度も樹立し、200m平泳ぎなどで活躍した(参考:日本の夏季オリンピック金メダル)。

1937年(昭和12年)、前畑は名古屋医科大学(後の名古屋帝国大学、現在の名古屋大学医学部)助手の兵藤正彦とお見合い結婚をして兵藤姓となる。

引退後は椙山女学園職員として後進の育成に努め、ママさん水泳教室を開くなど一般への普及にも貢献した。

1964年(昭和39年)11月の秋の褒章で紫綬褒章を受章。

1977年(昭和52年)ベルリンでゲネンゲルと再会、二人は一緒に50mを泳いだ[4][5]

1983年(昭和58年)に脳溢血で倒れるがリハビリにより再びプールに復帰した。

1990年平成2年)、日本女子スポーツ界より初めて文化功労者に選ばれた。

1995年(平成7年)2月24日、急性腎不全のため80歳で死去した[6]

趣味として麻雀があり、正月休みは親戚宅で連日麻雀大会に打ち興じていたという。

スポーツシャワー〜ヒーローに花束を〜」(ABC制作・テレビ朝日系)のインタビューの中で「練習中、泳いでいながらプールの中で汗が流れるのがわかった」と当時の過酷な練習を振り返っていた。

特記事項編集

  • 前畑が所持していた金メダルは母校の校長の管理の下、金庫に納められていたが空襲で金庫ごと吹き飛ばされてしまい、現在残っているのは同じく競泳の葉室鐵夫のメダル(ベルリンオリンピック男子200m平泳ぎ優勝)から作り上げたレプリカのみとなっている。
  • 母校である椙山女学園中学校・高等学校の校内には、前畑と、ともにベルリンオリンピックに出場した小島一枝のふたりの水着姿の銅像があり、また、前畑が表彰時に与えられたの木「オリンピック・オーク」の2代目が植えられている[注 2]。ただし、の木と言うのは誤りで、実際はの木であり、これはドイツに古くから伝わる柏に込められた「もっと伸びよ」の言葉に由来し、当時の五輪はこれを採用し葉冠と共にこれを勝者に授与していた[8]
  • 日本選手権水泳競技大会の競泳女子200m平泳ぎ優勝者には、2016年まで前畑秀子杯[注 3]が贈与されていた[9]
  • 愛知県では毎年開催される県選手権水泳競技大会で、男女の200m平泳ぎ優勝者に対し、高さ20cmほどの「前畑秀子杯」が贈られている。

TV番組編集

著書編集

  • 『前畑ガンバレ』兵藤秀子著(1981年、金の星社)
  • 『前畑は二度がんばりました』兵藤秀子著(1985年、ごま書房)

関連作品編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ただし一部は異なっており、途中の「前畑危ない」というセリフがカットされている[3]
  2. ^ 「8月11日 ベルリン五輪の女子200m平泳ぎで前畑秀子が日本女子初の金メダル。1936年(昭和11年)」[7]
  3. ^ 現在、日本選手権水泳競技大会の女子200m平泳ぎ優勝者には、1992年バルセロナオリンピック同種目優勝者である岩崎恭子の栄誉を讃える『岩崎恭子杯』が贈られている。

出典編集

  1. ^ 『私学人 椙山正弌』(椙山女学園『私学人 椙山正弌』刊行会(代表 椙山正弘)編集、昭和50年初版、講談社
  2. ^ 『椙山女学園 100年史』(2006年初版)
  3. ^ ベルリンオリンピック女子二百平水泳決勝実況放送 日本放送協会編「放送」昭和11年9月号、第6巻・第9号
  4. ^ その時歴史が動いた コミック版 感動スポーツ編」より
  5. ^ 明日への伝言・昭和のあの日から Archived 2009年5月28日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 「あのメダルは今」 前畑秀子 Archived 2010年2月1日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 『ヨミウリオンライン』読売新聞
  8. ^ 「日章旗とマラソン」鎌田忠良(講談社)
  9. ^ “平泳ぎ優勝に「北島杯」制定、「岩崎杯」も 競泳日本選手権”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2016年5月17日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/05/17/kiji/K20160517012605440.html 2019年7月9日閲覧。 
  10. ^ “「いだてん」前畑秀子役に上白石萌歌 役作りで7キロ増 3つの起用理由「ただ一人条件クリア」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年4月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/24/kiji/20190424s00041000217000c.html 2019年4月25日閲覧。 

関連項目編集

関連人物編集

外部リンク編集