前野 曜子(まえの ようこ、1948年1月25日 - 1988年7月31日)は、日本の歌手である[1][2][3][4]ペドロ&カプリシャスの初代ヴォーカルである。宝塚歌劇団在籍中の芸名は弓 千晶(ゆみ ちあき)、その後の初期芸名は西丘 有理(にしおか ゆり)。1980年前後の時期、俳優として劇場用映画テレビ映画に出演した[1][2][3][4]

前野 曜子
At first concert.02.jpg
基本情報
出生名 前野曜子(まえの ようこ)
別名 弓 千晶 (ゆみ ちあき)
西丘 有里 (にしおか ゆり)
生誕 (1948-01-25) 1948年1月25日
出身地 日本の旗 日本 東京都中央区銀座
死没 (1988-07-31) 1988年7月31日(40歳没)
学歴 川村高等学校 中退
宝塚音楽学校 卒業
ジャンル ポップスジャズアニメソング
職業 歌手
活動期間 1968年 - 1988年
レーベル CBSソニー
ユニオンレコード
東芝エキスプレス
事務所 小学館プロダクション
共同作業者 ペドロ&カプリシャス
リッキー&960ポンド
旧メンバー

リッキー&960ポンド

ペドロ&カプリシャス

人物・来歴編集

 
はじめてのリサイタル(1980年5月 ヤクルトホール

1948年(昭和23年)1月25日、東京都中央区銀座に生まれる。

1963年(昭和38年)4月、川村高等学校に進学するも、満17歳になった1965年(昭和40年)、同校を中途退学し、宝塚音楽学校に進む。1967年(昭和42年)、第53期生として宝塚歌劇団へ入団、同年の星組公演『世界はひとつ』が初舞台公演の演目であった。同期は54名、室町あかね小松美保がおり、前野の当時の芸名は弓 千晶。1968年(昭和43年)10月30日付で同劇団を退団した。

宝塚時代に知り合った亀渕友香ディスコ赤坂ムゲン」で再会して上野義美がプロデュースしていたリッキー&960ポンドに参加、翌1969年(昭和44年)、「ワッハッハ」(CBSソニー)がヒットを記録する。この頃は西丘 有里と名乗る。1971年(昭和46年)、同グループと同じ事務所(小学館プロダクション)に所属するペドロ&カプリシャスにヴォーカルとして参加、同年10月発売の「別れの朝」が大ヒットを記録する。同作の原曲はウド・ユルゲンスの「夕映えのふたり」(ドイツ語: Was ich dir sagen will, 1967年)である。

1972年(昭和47年)9月、「ペドロの前野曜子が倒れた」と報道される[5]。1973年(昭和48年)、ペドロ&カプリシャスを脱退し渡米、半年弱の滞在後帰国し、木村俊雄をリーダーとするバンド”マスカレード"にて歌手活動を再開後、1976年(昭和51年)に古巣のリッキー&960ポンドに復帰する。1977年(昭和52年)9月、リッキー&960ポンドとアルバム『ABRAZAME』を録音。「別れの朝」は3ヴァージョンが存在するが、このアルバムに収録されたものが最高の出来との評価もある[誰によって?]。同グループに3年間所属した後、再び脱退する。

1979年(昭和54年)に映画『蘇える金狼』の主題歌『蘇える金狼のテーマ』をリリース。このとき「あの前野曜子が6年ぶりにカムバック!!」と報道されたが[6]、カプリシャス脱退以降の経歴が考慮されていない。1980年(昭和55年)、映画『野獣死すべし』に出演。1980年代初期には自己のバンド"ASANTE-SANA"を組みリサイタルも行った。1982年(昭和57年)から始まったテレビアニメ『スペースコブラ』(フジテレビ)のテーマ曲を歌う。同時期、都内の病院に入院し闘病が開始したとされる[7]

次第にアルコール依存症等が深刻化し、1988年(昭和63年)7月31日、心不全で死去した[7]。満40歳没。訃報についてはリアルタイムに報道されることなく、3年後に『女性自身』1991年4月23日号が初めて報じた[7]

2015年(平成27年)4月18日 第1回のファンの集いが開かれた。

ディスコグラフィー編集

※ ペドロ&カプリシャスは、ペドロ&カプリシャス#作品を参照。

リッキー&960ポ ンド編集

シングル編集

  • 『帰らないで(作詞:麻生香太郎)/リップ・ステックのテーマ』 (1976年11月21日)
  • 『告白・アイ・ラブ・ユー(作詞・万里村ゆき子)/夢物語』 (1977年7月)

アルバム編集

  • 『ABRAZAME(抱きしめて)』(1977年12月)- 2011年CD化。

シングル編集

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
ユニオンレコード
1970年9月5日 EP US-696 A 朝を待たずに[8]
B なくてもともと[8]
ワーナー・パイオニア/ATLANTIC
1973年9月25日 EP L-1155A A 夜はひとりぼっち 安井かずみ 都倉俊一 前田憲男
B センチメンタル・ヨーコ 水野礼子 森岡賢一郎
1974年4月25日 EP L-1906A A ゆうなぎ 山上路夫 都倉俊一 東海林修
B 誘惑
キャニオンレコード
1979年7月25日 EP C-146 A 蘇える金狼のテーマ[9] 浅野裕子 ケーシー・ランキン トッシュ
B 唇に微笑み心に拳銃[10] ケーシー・ランキン
日本コロムビア
1980年5月26日 EP AK62-AX A ユー・アー・ラヴ[11] なかにし礼 Teo Macero Edison Watanabe
B テイク・ア・チャンス 岡田冨美子 萩田光雄
1980年11月25日 EP AK727-AX A こんな時は[12] 岩谷時子
B モーニング・ダンシング
1981年4月20日 EP AH-50AA A ラブ・イズ・ミステリアス[13] Dweight Waldrom
B イフ・アイ・ハヴ・ゴー・アウェイ
1981年7月20日 EP AH133-A A 星ふる夏 A.プガチェヴァ

訳)麻生ひろし

I.レスニック 山下正
B ジャスト・ライク・ユーアンドミー 竜真知子 渡辺敬之
1982年10月21日 EP AH148-A A コブラ[14] 冬杜花代子 大野雄二
B シークレット・デザイアー[15]

アルバム編集

  • 蘇える金狼・前野曜子』(1979年8月)- 2011年CD化。
  • 『HALF TIME』(1980年8月)- 2012年CD化。
  • 『一人で(アローン) 』(1981年12月、日本コロムビア、AF-7096-N)- 2012年CD化。
  • 『TWILIGHT』(1982年9月)- 2012年CD化。
  • 『YOKO MAENO memorial collection “BEST” -30th Anniversary-』(2018年7月)

フィルモグラフィ編集

特筆以外はいずれも「出演」である[1][2][3][4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 前野曜子文化庁、2015年8月3日閲覧。
  2. ^ a b c 前野曜子KINENOTE, 2015年8月3日閲覧。
  3. ^ a b c 前野曜子日本映画データベース、2015年8月3日閲覧。
  4. ^ a b c 前野曜子テレビドラマデータベース、2015年8月3日閲覧。
  5. ^ 週刊明星[1972], p.52-54.
  6. ^ 週刊平凡[1979], p.159.
  7. ^ a b c 女性自身1991年4月23日号「「別れの朝」のペドロ&カプリシャス 前野曜子さん3年前に淋しき死! 」
  8. ^ a b 西丘有里名義。
  9. ^ 映画『蘇える金狼』主題歌。
  10. ^ 映画『蘇える金狼』挿入歌。
  11. ^ 映画『復活の日』主題歌日本語版。
  12. ^ 第20回国際歌祭ソポト大衆賞。
  13. ^ 映画『スフィンクス』イメージソング。
  14. ^ TVアニメ『スペースコブラ』のオープニングテーマ。
  15. ^ TVアニメ『コブラ』のエンディングテーマ。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集