メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 板橋区 > 前野町

前野町(まえのちょう)は、東京都板橋区町名[4][5]。現行行政地名は前野町一丁目から六丁目。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は174-0063[2]

前野町
前野原温泉
前野原温泉
前野町の位置(東京23区内)
前野町
前野町
前野町の位置
北緯35度46分8.26秒 東経139度41分16.03秒 / 北緯35.7689611度 東経139.6877861度 / 35.7689611; 139.6877861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 志村地域
面積
 • 合計 1.436km2 (0.554mi2)
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 30,403人
 • 密度 21,000/km2 (55,000/mi2)
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
174-0063[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

目次

地理編集

板橋区の中央部に位置する。北で志村、東で大原町泉町宮本町、南で常盤台、南西の一部で富士見町、西で中台に隣接する。143.6haと区内でも比較的大きな面積をもつ町である。町域内には住宅地のほか中小の工業施設が立地する住工混合市街地が見られる。町域の北部を首都高速5号池袋線が東西に走るほか、東京都道が町域の中央を南北に縦貫している。

地形編集

町域は武蔵野台地成増台と荒川低地の境をなす、志村地区の崖線(がいせん)の後背部に相当する。すりばち状の谷戸地形で、おおむね南(常盤台側)から北(志村側)へ向かって下り勾配であり、数多くの坂道が作られている。谷底にあたる部分に見次公園と首都高速道路5号線があり、志村との境界になっている。

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、前野町1-44-6の地点で36万円/m2となっている[6]

歴史編集

廃藩置県実施前は、武蔵国豊島郡前野村。

沿革編集

  • 1871年(明治4年)11月:浦和県(現埼玉県)から東京府に編入。大区小区制実施。
  • 1878年(明治11年):郡区町村編制法により北豊島郡が設置され、東京府北豊島郡前野村となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日:市制町村制施行により志村と合併、東京府北豊島郡志村大字前野となる。字名として、南道附・熊野・免谷・日暮久保・城山下・田向。
  • 1923年(大正12年):志村前野町(現在の前野町一丁目)に、谷田賀良倶商店(後に谷田製作所を経て、現在の株式会社タニタ)創業。1959年に家庭用体重計、1992年に体脂肪計の製造・販売を始める。
  • 1932年(昭和7年)10月1日:東京府内市郡併合による板橋区発足に伴い、東京府東京市板橋区志村前野町となる(1943年8月1日 東京都制施行)。
  • 1946年(昭和21年):淑徳高等女学校が小石川から志村前野町に移転する。
  • 1952年(昭和27年):旭光学工業株式会社(現・リコーイメージング株式会社)が、豊島区西巣鴨から志村前野町に移転する。
  • 1953年(昭和28年):板橋区により、志村前野町北端(現在の前野町四丁目)の自然湧水池一帯が区立見次公園として整備される。
  • 1960年(昭和35年):淑徳短期大学が埼玉県与野市(当時)から移転する。
  • 1961年(昭和36年)5月1日:地番整理により、志村前野町と志村清水町の一部が前野町一丁目に再編される。
  • 1962年(昭和37年)3月1日:地番整理により、志村前野町の大部分および志村小豆沢町、(旧)小豆沢一丁目、志村中台町の一部が前野町二~六丁目に再編される。志村前野町の一部は(旧)志村町二丁目に編入される。
  • 1969年(昭和44年):前野町二丁目に、タクシー会社日本交通の常盤台営業所が開業。
  • 1990年(平成2年):タニタ体重科学研究所創設。
  • 1995年(平成7年):前野町四丁目にイズミヤ板橋店開店。前野町四丁目に区立エコポリスセンター開館。
  • 1997年(平成9年):前野町一丁目にライフ前野町店、前野町六丁目に東武ストア前野町店開店。
  • 2005年(平成17年):前野町三丁目に湧出する温泉を利用した、源泉かけ流し入浴施設「前野原温泉 さやの湯処」が開館。
  • 2006年(平成18年):日本交通営業所が池袋に移転。跡地にスーパーマーケット三徳ときわ台店が開店する。
  • 2015年(平成27年):イズミヤ板橋店閉店。同年11月にイオンスタイル板橋前野町店が開店する。

地名の由来編集

志村の台地にある志村城から見て手前に見える台地を「前野原」と称したことに由来する。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
前野町一丁目 2,302世帯 4,736人
前野町二丁目 3,461世帯 7,348人
前野町三丁目 2,681世帯 5,818人
前野町四丁目 2,059世帯 4,050人
前野町五丁目 1,944世帯 3,845人
前野町六丁目 2,403世帯 4,606人
14,850世帯 30,403人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
前野町一丁目 全域 板橋区立富士見台小学校 板橋区立志村第一中学校
前野町二丁目 36番
1~8番
30~35番
37~39番
板橋区立前野小学校
9~15番
19~29番
40~48番
板橋区立上板橋第三中学校
16~18番 板橋区立中台小学校
前野町三丁目 12~23番 板橋区立前野小学校
1~11番
24~36番
38~45番
板橋区立志村第一中学校
37番 板橋区立志村第一小学校
46~53番 板橋区立志村第二小学校
前野町四丁目 1~9番
18〜19番
21〜22番
板橋区立前野小学校 板橋区立志村第四中学校
10~17番
20番
23~58番
板橋区立北前野小学校
59番 板橋区立志村第二小学校
60~63番 板橋区立志村第二中学校
前野町五丁目 1~6番
14〜15番
31〜32番
板橋区立前野小学校 板橋区立志村第四中学校
7~13番
16~30番
33~56番
板橋区立北前野小学校
前野町六丁目 1~7番
13~15番
20~27番
板橋区立中台小学校 板橋区立上板橋第三中学校
10~12番 板橋区立中台中学校
8〜9番
16~19番
28~37番
49〜50番
板橋区立前野小学校 板橋区立上板橋第三中学校
38~48番
51~64番
板橋区立志村第四中学校

交通編集

鉄道編集

町域に駅は存在しないが、以下の路線が利用可能である。

バス編集

  • 国際興業バス ※出入庫に伴う区間運転系統は省略。
    • 前野町四丁目・前野町三丁目・前野小学校・前野町六丁目:赤53 ときわ台駅行き・赤羽駅西口行き
      • 淑徳小学校児童専用のスクールバスも赤羽駅から運行されている。
    • 常盤台三丁目:浮舟02 浮間舟渡駅行き、赤53 ときわ台駅行き・赤羽駅西口行き
    • 前野町:浮舟02 浮間舟渡駅行き、赤53 ときわ台駅行き
      • 前野町二丁目(廃止):隣の停留所と至近距離のため、2009年廃止。
    • 富士見台小学校(旧称・公園入口):王54 上板橋駅行き・王子駅行き

道路編集

施設編集

一丁目
二丁目
三丁目
  • 前野原温泉 さやの湯処:ナトリウム塩化物強塩温泉。泉温41℃。
  • 熊野神社(東熊野)
四丁目

 ・常楽院(土器の寺)

五丁目
六丁目

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P795
  5. ^ 『いたばしの地名』板橋区教育委員会、1995年、P189-190
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。

外部リンク編集