前野長康

日本の戦国時代から安土桃山時代の武将・大名

前野 長康(まえの ながやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大名織田信長に仕えた後豊臣氏の宿老となる。播磨国三木城主ののち但馬国出石城および有子山城主となる。蜂須賀正勝義兄弟。官位は但馬守。坪内光景という別名でも知られる。

 
前野 長康
時代 戦国時代安土桃山時代
生誕 享禄元年(1528年
死没 文禄4年8月19日1595年9月22日
文禄4年7月19日とも
改名 喜太郎→小太郎→小右衛門→将右衛門
別名 幼名:喜太郎[1]、後に小太郎
通称:小右衛門、のち将右衛門(將右衛門、勝右衛門、庄右衛門とも)、駒右衛門
別名:坪内光景[注 1]
号:五宗(五十?)、五斎
戒名 義道空心大禅定門
墓所 愛知県江南市前野町観音寺
官位 従五位下 - 但馬
主君 岩倉織田家織田信安滝川一益織田信長家臣)→羽柴秀吉(豊臣秀吉)豊臣秀次
氏族 良岑氏前野氏
または藤原利仁富樫氏坪内氏とも
父母 父:坪内勝定
母:生駒右近妹(前野長義娘とも)
父:前野宗康[2]
母:妙善(小坂吉俊娘)[2]
兄弟 兄弟:長康坪内利定澄定定時坪内半兵衛室、守定武山善兵衛
兄弟[2]小坂雄吉(前野宗吉)長康、津弥(稲田植元室)、勝長康宗
義兄弟蜂須賀正勝
妻:坪内勝定の娘(あゆ?)
刀弥、加弥(前野忠康室)、景定、つぎ、お辰の方豊臣秀次側室)、前野忠康
テンプレートを表示
墨俣城模擬天守
長康が城主を務めた出石城
菩提寺の観音寺
前野家一族の供養塔

名称について編集

別名に坪内 光景[注 1]

通称は、小右衛門のち将右衛門。騎乗の才能を認められて織田信長から駒右衛門という名を賜った。元は尾張国河内松倉城の領主である坪内氏の当主・坪内勝定嫡男であるとも言われている。その出自は『武功夜話』では勝定の娘婿で前野宗康の次男としている。定説や『寛政重修諸家譜』には勝定の嫡男であり、実名は坪内光景である[注 1][注 2]とされる。

なお、松倉城は戦国時代は尾張国葉栗郡にあったが、安土桃山時代木曽川の洪水の後の境界変更により、美濃国羽栗郡に変わる。

生涯編集

大永8年(1528年)、岩倉織田氏の軍奉行である前野右京介宗康の次男に生まれる。生年は天文7年(1538年)ともされる[3]が信憑性は低い。前野村八屋敷の小次郎丸に住したとされる。

幼名は喜太郎の後に小太郎と改める。元服して通称を小右衛門と名乗る。小右衛門の小の字は前野家当主が代々通称に使用してきた通字である。

越中国の牢人である遊佐河内守に兵法を学び、遊佐伝書なる兵術書を読んだという。正勝との縁で木下秀吉とも関わりがあったとされる。

弘治2年(1556年)9月、斎藤義龍美濃国明智城攻めを始めると、犬山織田家の援軍として父・宗康や伯父の正義とともに明智城へ出陣したもされる。結果として伯父の正義は討ち死に、家督は正義の弟で長康の父である宗康か継承した。

永禄元年(1558年)、織田信賢織田信長との戦い・浮野の戦いに父・宗康とともに出陣する。

この戦い以前からも秀吉から弾正忠織田家への誘いがあったが、戦いの後に岩倉織田氏が滅亡すると、父宗康と長康は生駒屋敷で信長に拝謁し、信長より丹羽郡五日市場に四十五貫文を賜わる。また、長康は信長に騎乗の才能を認められ、駒右衛門の名を賜った。

この際長康は清洲城軍奉行の滝川一益配下に入れられたが、朋輩衆との口論の末に信長から勘当された。それからしばらくの間は河内松倉城の前野時氏の元に身を寄せ、一党と屯していたという。

永禄3年(1560年)3月、駿河国今川義元が上洛を始めるという風聞が広まると、亡くなった父の宗康に代わり、母とされる妙善が河内松倉城に向かい長康を説得した。褒美を得る好機と捉えた長康・正勝らは三河国へ一党の者を散在させ、今川領との境の様子を伺っていたという。

今川軍が尾張方面へ進軍を開始すると、織田・今川領の境の村の長で、蜂須賀党昵懇の仲である藤左衛門を先頭に指図し、百姓になりすまして今川義元軍に酒や勝栗などを献上した。この行動は今川軍を戦勝祝いで弱らせる戦略で、秀吉によるものという説もあるが、この頃の長康は秀吉の配下ではなかった。

後に藤吉郎秀吉に仕え、秀吉が織田信長に仕えていた頃からの最古参の家臣となる。秀吉の重臣として認知されてはいるが、実際に報酬の手配をしていたのは織田家で、信長の家臣と云える。しかし、あくまで陪臣であるとして、信長の召集には基本的に応じなかった。

永禄7年(1564年)5月、美濃斎藤氏との戦いの中で、木下秀吉による鵜沼城攻めの召集を受け、蜂須賀党らと共に坪内衆の待つ松倉城に参陣した。蜂須賀正勝とともに対岸の伊木忠次を調略するよう仰せつけられ、稲田植元松原内匠らを率いて伊木山城に向かった。

伊木山の山麓に布陣し、手筈通りに伊木忠次を味方に引き入れ伊木山城を手に入れると、合図の狼煙を待った。木曽川の上流から敗走し、鵜沼城を目指して川を下る敵部隊に、船を漕ぎ寄せ弓鉄砲を撃ちかけたという。この作戦は見事に成功し、数十艘の船を分捕ったという。

同年9月、主君秀吉が信長から加納・井の口への乱入、城下町への放火の命令を受けると、蜂須賀党や坪内衆らと共に松倉城に集まった。長康は正勝らと百姓の姿をして密かに瑞龍寺山に入り、放火のための薪を用意した。当日、裏山にまわった前野党により火の手が上がると、合図の狼煙をあげ、秀吉が弟の秀長木下家定らを率いて稲葉山城硝煙蔵に放火し、坪内衆が城下町に火をかけた。風に煽られて稲葉山城や瑞龍寺山が火に包まれ、作戦は成功した。

永禄8年(1565年)、通称を将右衛門に改める。後の永禄10年(1567年)、俗に言う墨俣一夜城の築城で功を挙げた。

元亀元年(1570年)、信長による越前朝倉家攻めの際には、朝倉家一門朝倉景恒が守る金ヶ崎城攻めで貢献した[4]。その後の浅井長政の突然の裏切りによる撤退の際には秀吉のもとで殿を務めた。その後も秀吉の配下として武功を挙げ、播磨国三木城主となり、三木城を改修する。

本能寺の変の際は三木城の守備にあたっており、信長没後は、秀吉が天下人に上る過程の、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦い[5]天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い、天正13年(1585年)の四国攻めに軍監として参加して武功を挙げたため、同年閏8月に秀吉から播磨国三木から但馬国出石に5万3,000石で加増移封された。

豊臣政権下では聚楽第造営の奉行を務め、天正16年(1588年)の後陽成天皇行幸の際には、その饗応役を務めた。

天正18年(1590年)の小田原征伐にも参加し、韮山城攻略のために上山田付城を築いた。この上山田付城に本陣を置き、蜂須賀家政らとともに韮山城を攻略したといわれている。北条家当主(もしくは隠居)への上洛催促の際、北条家に人質として差し出されることになっていたともいう。

文禄元年(1592年)の文禄の役では、軍監および奉行衆の一人として、兵2,000名を連れて宇喜多秀家総大将)率いる第二軍に参加した。朝鮮上陸後は幸州山城攻めの戦い(幸州山城の戦い)の前線で戦った。朝鮮勢の猛攻に遭い、多くの兵や家臣の前野定時らを失ったが奮戦した。これらの武功により、11万石に加増されている。

豊臣秀次付の宿老となった後、文禄4年(1595年)に秀次が謀反の罪により秀吉に自害させられると、長康も秀次を弁護したことから連座として罪に問われて中村一氏に身柄を預けられた。その後嫡男の景定が自害を命じられると、それを追って京都伏見の六漢寺にて前野清助介錯のもと切腹した。数歳享年68(満67か)歳。この時長康は

限りある 身にぞあづさの 弓はりて とどけ参らす 前の山々

という辞世の句を読んだ。

この長康が呼んだ辞世の句や家宝などは、前野家家老の前野清助が尾張国丹羽郡前野村の観音寺に持ち帰り、出家して常円と名乗って長康を弔ったという。

武功夜話編集

昭和62年(1987年)に新人物往来社から刊行された『武功夜話』のうち、五宗記は長康の日記であり、従来の学説を根本的に覆す歴史的にみても非常に貴重な史料と一時は注目された。しかし、使用されている語彙の一部が現代人に容易にわかるものがあり、五宗記部分の信憑性は立証されていない。また、南窓庵記は前野宗康の日記で、宗康は『武功夜話』における長康の父である。

人物編集

冷静な性格で武勇に優れていたという。馬術においてその才能を織田信長に認められており、駒右衛門という名を賜った。長康は紺糸威の小札具足、頭形兜を着用し、二尺五寸の野太刀と片鎌鑓を愛用したという。若い頃は木曽川に浮かぶ松倉城に身を寄せていたため、木曽川上において正勝・長康の右に出る者はいなかったという。兄が棒術の達者で長康の右腕である前野清助前野九郎兵衛兄弟がその弟子であったこともあり、長康も多少は棒術に精通していたようである(逸話を参照)。築城の才能は特に秀でていて、聚楽第、大坂城仙洞御所京都新城か)、方広寺大仏殿などの建築奉行を務めた。

羽柴秀長藤堂高虎山内一豊浅野長政石田三成らをはじめとする武将や千利休などの文化人との交流も深く、利休を茶道における師となしていたという。だが利休の長康に対する茶釜の詐欺事件が利休切腹の原因ともいわれている。また、妻を亡くした悲しみを宣教師に救われてキリシタンになったキリシタン大名であるともいう。キリシタン大名であることに対し秀吉から厳しい指摘はされなかったが、後に命令で改宗した。

文学も嗜み、五宗の名で「戊寅二月越但関向播州」という漢詩を読んだ。正確な意味は研究されていないが、最後の「時に暗雲を払って明主に報いん」の明主は羽柴秀吉を指しているとされる。

戊寅二月越但関向播州(戊寅二月但関を越へ播州に向う)

疾風過峡図二郡 疾風過峡二郡を図る
馬蹄消磨無暇日 馬蹄消磨すれど暇日無し

眼看生野銀塊山 眼のあたりに看る生野銀塊の山
猶樹間之在蕗台 猶樹間に蕗台の在るごとし

征野遠来望但関 征野遠来但関を望めば
万壑分水龍陀躍 万壑水を分け龍陀躍る

悠々繋馬播州野 悠々馬を繋ぐ播州の野
時払暗雲報明主 時に暗雲を払って明主に報いん

また、関白秀次の後見役だった時代に題名不詳の漢詩を読み、兄の孫にあたる吉田達禅が次のように大意を訳した。

題名不詳

千里生還意愈薄 千里生還しておもいいよいよ薄し 千里の彼方の高麗から生還して帰国すれども、老い来たり功名の望みも無く、胸中栄達の願いも薄れ、
征衣不息令聚客 征衣やすまざるに聚の客たらしむ 軍旅の甲衣を解く暇も相無きところ、御召し出され聚楽の関白殿下の後見役を仰せつけられる。

停聴内野松籟含 停って内野松籟の含みを聴けば 洛北内野なる千本屋敷に留まり、耳に入り来たる松籟の声を聞けば、世上かしましく耳に入り来たり、
東風寄香旧事梅 東風旧事の梅の香を寄す 庭前にたたずみ沈思すれば、東風に乗って北野天神の梅の香りが旧年の想いを伝えて寄り来たるなり。

蓬州駈馬壯心夢 蓬州馬を駈くる壯心の夢 雄心を抱き尾州を罷り立ち、太閤殿下旗下に参じた小壯の頃の想いが過り、
忽消魂双鬢霜 忽魂を消す双鬢の霜 往昔を偲ぶも頭の白髪を撫し、諸々の想いも忽ちにして消え去り、心も寒々と成るなり。

浮世一期会蘇川 浮世一期蘇川の会 嗚呼人の世五十年、得難き御方に巡り会い、木曽の大河に船を浮かべ盟約もさながら夢の様に浮かび、
自笑応断孚佑可 自ら笑って応ずるに孚佑を断つべし 六十余歳を生きて老い朽ち果てた今日、世継ぎ争いはもう御免だ、関白殿でも若君でも何れでもよい。

逸話編集

  • 鵜沼城・伊木山城での大勝につき、信長はその日のうちに伊木山を訪れ、長康・正勝は伊木忠次の忠節を言上した。信長は報告に満足し、北に因幡山(稲葉山)、南に小牧山の見える伊木山からの眺めに見入っている隙に長康は信長の饗応の準備を進めた。伊木忠次が名物の山芋を信長に勧めると、忠次・長康・正勝らが準備を進めていた料理を饗応した。この姿を見た信長は、長康・正勝両名を「芋掘り侍」と呼んで大いに場を盛り上げたという。
  • 稲葉山城・瑞龍寺山への放火任務の遂行の後、坪内党は高禄を賜ったものの、正勝と長康は褒美について一切の沙汰もないまま前野家屋敷に戻った。二人は、童を南窓庵(屋敷の一角)に集め、土居の下の大きな樫の木を目がけ火縄銃を打つところを見せて遊んでいたという。長康母の妙善は、これらは大望ある者の為すことではない、何方衆も立身しているにもかかわらずそのような時節を顧みぬこと愚かなり、といい、生駒殿、兄者殿に迷惑をかけぬよう小牧山に参向し信長様へ拝謁あるべしと勧める。正勝と長康はこの意見をよく聞いたが、二人はあくまで木下秀吉の家臣であり、秀吉との盟約を守って妙善の意見に従わなかったという。正勝と長康がなんの褒美ももらえなかったのも、二人は秀吉の家臣であって信長の直臣ではないためだと、後になって合点したという。
  • 金ヶ崎にて朝倉軍との戦闘の際、五尺の大太刀を使う朝倉某と戦っている中、長康愛用の片鎌鑓がへし折れ、追い詰められてしまった。しかし長康は、へし折れた九尺の片鎌鑓の石突き(鑓の穂とは反対の尾端の部分)で前後の敵を叩き伏せたという。長康は前野九郎兵衛と落ち合い、この隙に太刀を抜き、再び戦ったという。

登場作品編集

書籍
  • 遠藤周作男の一生』日本経済新聞社、1991年。  - 上・下巻。主人公が長康。
  • 加藤廣信長の棺』文藝春秋、2005年。  - 長康が秀吉の命令で織田信長を京都の地下に閉じ込めたことになっている[注 3]
  • 倉橋寛乱雁』風媒社、2018年。ISBN 9784833120975  - 主人公が長康。
NHK大河ドラマ
民放ドラマ

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c 坪内家に伝わる「富樫庶流旗本坪内家一統系図並由緒」(各務原市歴史民俗資料館編)の系図では、ほとんどが長康として記され、光景は1点のみである。
  2. ^ 『寛政重修諸家譜』では勝定の長男は「某」とされ、加えて「勝右衛門 但馬守 従五位下 今の呈普光景に作る」とあり、さらに但し書きに「前野某が家を継、豊臣太閤に仕へ、但馬国出石の城主たり」とある。坪内「某」が「前野某」の家を継いだと解釈される。また、坪内系図では勝定は永正13年(1516年)生まれ。長康は前野系図では大永8年(1528年)生まれ。これによると二人は12歳差で、実の親子とは考えにくい。但し、生没年、親子関係等、今後の確実な研究を必要とする。
  3. ^ 史実ではそのようなことはなく、本能寺の変当時、長康は播磨国三木城にいた。

出典編集

  1. ^ 「野史」、「尊卑分脈」
  2. ^ a b c 前野家文書『武功夜話』
  3. ^ 小坂孫四郎書留『吉田家所蔵文書』
  4. ^ 『蜂須賀家家臣成立書并系図』徳島大学附属図書館蔵
  5. ^ 賤ケ岳合戦:黒田官兵衛も参戦していた…秀吉の古文書発見”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2013年5月10日).[リンク切れ]

参考文献編集

  • 吉田蒼生雄『武功夜話』新人物往来社、1987年

関連項目編集