剪灯新話』(剪燈新話、せんとうしんわ)は、中国代に著された怪異小説集である。撰者は瞿佑中国語版(くゆう)。自序によれば、旧来の題名では『剪灯録』(せんとうろく)と称し、撰述されたときは40巻あったとする。[1]

日本で慶長元和年間に翻刻されていたものは、4巻20編及び附録1編、計21編であるが、1725年に完成した『古今圖書集成』で《閨媛典》に『寄梅記』が増補され[2]、現存する完本は4巻、各巻5編及び附録2編で計全22篇となっている。1378年洪武11年)ごろの成立[3]とされる。

目次

概要編集

各時代の怪異譚を記しているが、宋代の白話小説の流行で衰微しつつあった文言小説、すなわち代の伝奇小説の影響を強く受けて書かれている。中でも艶情を記すことに優れ、幽玄なさまを流麗な筆致で描写している。また瞿佑は若いころから詩名があり、そのため作品中に四六駢儷文で書かれた美文の詩が多い。

この作品集は後の明代の小説に影響を与え、李禎の『剪灯余話』(1420年頃)や邵景瞻[4]の『覓燈因話』(べきとういんわ、1592年)などの追従作を生んだ。『三言二拍』や明代の戯曲に影響を与え、初の『聊斎志異』にも影響を与えた。また、日本にも伝来し[5]江戸時代の文学に多大な影響を与えた。


しかし当の中国では本書は非常に流行し、真似をするものが後を絶たなかったため禁書の扱いを受けたこともあり、清代には断片しか残存しなくなっていた。一方、日本では、董康内閣文庫で発見した「慶長元和活字本」(1596 – 1622年)を撮影して持ち帰り、1917年に中国で「剪燈新話四巻、校日本慶長活字本、丁巳仲夏誦芬室開版」として刊行した[6]

江戸文学への影響編集

初めに挙げられるものとして『奇異雑談集』(きいぞうだんしゅう)[7]があり、これに『剪灯新話』から3篇[8]が翻訳されている。次に、池田正式『霊怪艸』(れいかいそう、あやしぐさ)[9]には『剪灯新話』から8篇が翻訳されている。

江戸文学で、大きな影響が顕著ものは浅井了意の『御伽婢子[10]』13巻68篇(1666年、瓢水子松雲処士名義で上梓)である。

同じく浅井了意『狗張子』は未完で、没後の1692年刊行であるが、これにも『剪灯新話』からの翻案が収録されている。

その他、林羅山 『怪談全書』 (1688年) 巻第四の六 に『金鳳釵記』が、都賀庭鐘 『英草子』(1749年)には『牡丹燈記』末段の翻案が、上田秋成雨月物語』の『浅茅が宿』(『愛卿伝』の翻案)、『牡丹燈籠』(『牡丹燈記』の翻案)などがある。後の時代の三遊亭圓朝の落語 『牡丹灯籠』は、これらの影響を受けた作品として著名である。[12]

日本語訳書籍編集

注・出典編集

  1. ^ 中国古典文学大系 39 p.490 。
  2. ^ 華夏文化百科・瞿佑
  3. ^ 秋吉久紀夫「原『剪燈新話』の刊期」(中国文学論集. 7, pp. 28-38, 1978-06-20. 九州大学中国文学会 成果論文)によれば、編纂は作者自序が1378年(洪武11年)で、刊行は 1381年(洪武4年)としている。
  4. ^ しょうけいせん、万暦年間の人物、生卒事跡不詳。
  5. ^ 朝鮮を経由した滄洲(尹春年、インシュンネン、1514-1567年)訂正、垂胡子(林芑、リンキ)集釈 『剪灯新話句解』(1559年)が和刻本の底本となった。早稲田大学古典籍データベース 影印
  6. ^ 秋吉久紀夫 『瞿佑と桂衡 : 「剪燈新話詩并序」をめぐって』香椎潟 27, 213-227, 1982-03-30 福岡女子大学、p,213-214 。
  7. ^ 写本、作者不詳、1648 - 1687年頃成立。出典:楠木郁子 《『奇異雑談集』の成立―中国古典との関連―》 香椎潟 25, 30-40, 1979-11-01 福岡女子大学 pdf
  8. ^ 3篇とは、『金鳳釵記』(姉の魂魄妹の体をかり夫に契りし事)、『牡丹燈記』(女人死後男を棺の内へ引込ころす事)、『申陽洞記』(弓馬の徳によって申陽洞に行三女をつれ帰り妻として映栄華を致せし事)。
  9. ^ 写本、1648 – 1651年
  10. ^ 国文学研究資料館url に西尾市岩瀬文庫所蔵本の影印などがある。
  11. ^ 松田修・渡辺守邦・花田富二夫 校注『伽婢子』 2001年 岩波書店 新日本古典文学大系 75、ISBN 4-00-240075-1
  12. ^ 中国古典文学大系 39 p.491 - 492 。

外部リンク編集