剪灯新話』(せんとうしんわ)は、中国代に著された怪異小説集である。撰者は瞿佑中国語版。旧来の題名では『剪灯録』(せんとうろく)と称し、40巻あったとされるが、現存するのは4巻のみで、全21篇を収めている。1378年洪武11年)ごろの成立とされる。

各時代の怪異譚を記しているが、代の伝奇小説の影響を強く受ける。中でも艶情を記すのに優れ、幽玄なさまを流麗な筆致で描写している。また末尾には四六駢儷文で判決文を記す。

三言二拍」や明代の戯曲に影響を与え、の初めの『聊斎志異』にも影響した。また、朝鮮を経由して日本にも伝来し、江戸時代の文学に多大な影響を与えた。とりわけ、浅井了意の『伽婢子』や、「牡丹灯記」に基づく三遊亭圓朝の「牡丹灯籠」は、本書の翻案として著名である。

当の中国では、本書は士大夫の教養とは認められず禁書の措置を受け、清代には断片しか伝わらなくなっていた。日本には慶長年間(1596年 - 1615年)伝来の刊本が伝世していたため、1917年になって董康によって翻刻され、中国に逆輸入されることとなった。

日本語訳編集

関連項目編集

外部リンク編集