メインメニューを開く

略歴編集

2014年九州大学文学部在学中に「ミスター九大コンテスト2014」でグランプリを受賞[2]

2015年、「全国ミスターキャンパスコンテスト」で審査員特別賞を受賞[3]

2016年「第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞している[4]

2019年2月公開予定の映画「40万分の1」で映画初出演・初主演を果たす[5]

人物編集

父親の転勤により、小学生時代はインド、中学時代はマレーシア、高校時代はチェコに住んでいた[6]

日本語と英語以外に、ヒンディー語、マレー語、チェコ語も挨拶程度で話すことができるという[7]

アニメ漫画コスプレが好きで、海外の友達とのコミュニケーションに大変助けられたと語る[7]。オタク文化で世界に恩返しをすることが夢。

2016年に開催された「第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の自由パフォーマンスタイムでは、自身の名字からとった「ソエジマン」のヒーローショーを披露した[8]

海外の暮らしが長かったため、日本に住んで苦労したことは「空気を読むこと」だったという[7]

高校時代、遊戯王オフィシャルカードゲームでチェコ代表の座を勝ち取り、世界大会の出場経験をもつ。

出演編集

舞台編集

テレビ番組編集

映画編集

  • 40万分の1(2019年2月8日公開、エムエフピクチャーズ) - 主演・中西徹 役[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 副島和樹 Kazuki Soejima - JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT”. 株式会社ジャパン・ミュージックエンターテインメント. 2018年1月16日閲覧。
  2. ^ 映画『40万分の1』ジュノンボーイ副島和樹&ジュウオウジャー立石晴香が出演決定”. abematimes (2018年1月15日). 2018年1月16日閲覧。
  3. ^ 全国のミスキャンパスNo.1美女、“頂点”に向け努力したこととは”. モデルプレス (2015年3月24日). 2018年1月16日閲覧。
  4. ^ 副島和樹 オフィシャルサイト”. Ameba Ownd. 2018年1月16日閲覧。
  5. ^ 副島和樹が就活ムービー「40万分の1」で初主演、ヒロインは立石晴香”. 映画ナタリー (2018年1月15日). 2018年10月3日閲覧。
  6. ^ 副島和樹 (2017年9月1日). “はじめまして!副島和樹です。”. 副島和樹オフィシャルブログ. Ameba. 2018年1月16日閲覧。
  7. ^ a b c そんなきれいな顔で「何やってんだ!」 ジュノンボーイのオタク魂”. withnews (2017年1月28日). 2018年1月16日閲覧。
  8. ^ ジュノンボーイ・副島和樹さんにぶっちゃけ聞いてみた ココハツ”. 朝日新聞 (2017年1月28日). 2018年1月16日閲覧。
  9. ^ “「あんステ」Valkyrie初登場!斎宮宗は山崎大輝、影片みかに猪野広樹”. ステージナタリー. (2018年10月3日). https://natalie.mu/stage/news/302187 2018年10月3日閲覧。 
  10. ^ 40万分の1 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2019年4月24日閲覧。

舞台「おおきく振りかぶって 夏の大会編」公式ホームページ http://oofuri-stage.com/sp/index.html

外部リンク編集