メインメニューを開く

副島 美咲(そえじま みさき、1993年10月19日 - )は、日本タレントモデルグラビアアイドル埼玉県出身。ミューズエンタープライズ所属。

そえじま みさき
副島 美咲
プロフィール
愛称 そえるん、小蜜
生年月日 1993年10月19日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 O型
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(2015年1月時点)
身長 / 体重 167 cm / 50 kg
BMI 17.9
スリーサイズ 87 - 60 - 86 cm
靴のサイズ 24 cm
活動
ジャンル タレント
モデル内容 グラビア、ショー
他の活動 女優、アイドル
事務所 ミューズエンタープライズ
モデル: テンプレート - カテゴリ

来歴編集

  • 小学5年生(2004年)の頃、叔母の勧めでオーディションに応募、宝映テレビプロダクション研究生として芸能界入り。在籍中にテレビ、映画、CMの出演を果たしている。
  • 2008年9月に放送されたテレビ朝日お試しかっ!」〜女子中学生人気No.1決定戦!〜では、お笑い芸人のゴー☆ジャスのコントを見て「素人が頑張って笑わせようとしてるみたい。」と毒舌コメントを披露。2ちゃんねる掲示板で一時話題となった。
  • 高校1年生(2009年)の頃、宝映テレビプロダクション退団。同年にCamyuのスカウトを受け所属となる。
  • Camyu所属と共にグラビア活動をスタート、2010年10月30日にFresh!撮影会にて撮影会デビュー。毎回1位2位を争うほどの人気であった。
  • 2012年頃には4人組アイドルユニット「bu-ke」のメンバーとしても活動していた。
  • 2014年10月24日、オフィシャルブログ「私の言うことききなさい」の更新休止を発表。11月には所属事務所「Camyu」を退社していたことが明らかになった。
  • 2015年9月5日、新しくオフィシャルブログを開始。9月19日には10月18日の撮影会を最後にグラビア活動を一時休止すると発表した[1]
  • 2019年6月30日、西武園ゆうえんちで行われたプール撮影会にてグラビア活動を再開[2]
  • 2019年7月5日、自身のYouTubeチャンネルを開設する。
  • 2019年9月1日より新事務所「ミューズエンタープライズ」に所属[3]

人物編集

  • AKB48の名取稚菜とは中学生の頃からの幼なじみで仲が良く、舞台で共演をしたこともある。
  • 2歳上の兄がいる[4]

小蜜編集

  • 顔が壇蜜に似ており、「業界用語の基礎知識 壇蜜女学園」で共演した壇蜜から小蜜(こみつ)と命名された(但し、背丈は壇蜜より副島の方が高身長である)[5]
  • 小蜜と呼ばれるようになってからは壇蜜をまねて髪を腰まで伸ばし、手錠集めが趣味というドSキャラや、「65歳の男性と交際経験がある」[6]などの奔放発言でブレイクした。
  • 2015年10月18日、髪を肩までバッサリ切った姿でグラビア活動休止前最後の撮影会に登場し、小蜜の異名と決別することを宣言。壇蜜に対して「あんなにあやかって、土下座したい気持ち」と謝罪した。「手錠マニア」「65歳と交際経験あり」などが設定されたキャラであり、無理をしていたことも告白した[7]

出演編集

テレビ番組編集

ウェブテレビ編集

テレビドラマ編集

CM編集

映画編集

  • 「ビタミン愛」- 相田咲 役
  • 「青い鳥」- 生徒会 役
  • いっツー THE MOVIE」(ヤングチャンピオン連載、原作:岡田和人、2014年8月2日公開)- 主演:神唯 役
  • 「いっツー THE MOVIE 2」(ヤングチャンピオン連載、原作:岡田和人、2014年8月9日公開)- 主演:神唯 役
  • 「優しさと泪と」- 主演:澪 役
  • 教科書にないッ!5(2019年、日本出版販売) - 椎名あおい 役[9]
  • 教科書にないッ!6(2019年、日本出版販売) - 椎名あおい 役[10]

舞台編集

  • 「CONSOLE BOYS AND GIRLS」- 佐世保歩 役
  • 「DEAD LINE」- イリア 役
  • 劇団女神座第9回公演「DANGEROUS CUTIE」(2011年1月28日 - 30日、高田馬場ラビネスト)- 城戸小百合 役
  • 「汐留グラビア甲子園」(日テレAX)- 準決勝進出
  • W-speak第1回公演「笑劇乙女」(シアターKASSAI)- 斎藤メイ 役
  • W-speak第2回公演「笑劇コスメ」(シアターKASSAI)- 日高静香 役
  • 別世界カンパニー公演「アポフィス〜人類滅亡への序曲〜」(タイニィアリス)- 天観希空 役
  • 朗読パンダ第4回公演「QUATTRO CLOVER」(2017年2月9日 - 12日、築地本願寺ブディストホール)
  • 朗読パンダ第5回公演「Talking&Square」(2017年10月5日 - 8日、シアターグリーンBIGTREETHEATER)
  • 「舞台版サトラレ〜西山幸夫の場合〜」(2018年2月28日 - 3月4日、ALTA THEATER)- 西山 光 役
  • 「ドリームレスキュー・言うことナース!~エピソードゼロだけどぉ~」(2018年7月5日 - 8日、新宿村LIVE)- 獏モモコ 役
  • 「従軍看護婦〜女たちの戦場〜」特別協力:日本赤十字社(2018年8月7日 - 12日、シアターグリーンBIGTREETHEATER)- 本田清子 役
  • 「道頓堀ガールズシアター ハニカミ!妄想バンザイ!」(2018年8月22日 - 26日、道頓堀ZAZABox)- うさぎ 役(ゲスト出演)
  • 渋谷ニコルソンズ「こちらトゥルーロマンス株式会社」(2018年9月13日 - 17日、インディペンデントシアター2nd)- 山根 役
  • 朗読パンダ第6回公演「Reading Revolution」(2018年10月4日 - 8日、シアターグリーンBIGTREETHEATER)- 鮎沢 役
  • 「FINAL GIRL vol.01」(2018年10月19日 - 21日、新中野ワニズホール)
  • 「THE GOEMON〜episode 0〜」(2019年3月27日 - 29日、座・高円寺2)- 水瀬薫 役
  • WITHYOU主催「ヤンキャバウォーズ」(2019年7月18日 - 21日、新宿シアターモリエール)- 白鳥麗奈 役

VP編集

雑誌編集

モデル編集

  • e-school Life 2009「'09 School Uniform Collection」(東京国際フォーラム/D7)
  • Amebaアプリ「東京ガールズスナップ」
  • 医療広告
  • Rose Girls Festival(2014年11月15日)

ラジオ編集

イベント編集

  • 劇団女神座「デンジャラス畑とキューティーとドイツ。」 (2010年11月23日)
  • 劇団女神座「劇団女神座×演劇機動隊アポロン合同クリスマスパーティ クリスマス畑と紅白とサンタ。」 (2010年12月23日)
  • バラエティトークイベント「ハコニワvol.9」(御茶ノ水ケーズ、2011年7月31日、MC:友池さん(松竹芸能))
  • W-speak関連
  • 東京ゲームショウ2014」
  • 「avex beach paradise powered by UULA」(2013年7月)
  • 「V/H/Sシンドローム・V/H/Sシンドロームネクストレベル」- 宣伝クイーン
  • 「中国ドラマ「曹操」のBlu-ray&DVDリリース記念イベント」(2013年9月5日)
  • 「開設60周年記念競走 福岡チャンピョンカップ」(2013年11月)

書籍編集

  • 「東スポ芸能Web 小蜜の筆おろし」- 連載

脚注編集

[ヘルプ]

注釈・出典編集

  1. ^ / グラビア活動休止します。
  2. ^ グラビアアイドル・副島美咲がプール撮影会にハイレグ水着で久々に登場!” (2019年6月29日). 2019年9月8日閲覧。
  3. ^ Twitter - (2019年9月1日)
  4. ^ おたんじょうび。”. 副島美咲オフィシャルブログ (2013年11月26日). 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ 壇蜜が“小蜜”副島美咲を公認「光栄 イヤとかいう気持ちはない」”. スポニチアネックス (2013年9月5日). 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ 小蜜「高校時代、65歳と付き合った」”. デイリースポーツウェブサイト (2013年8月7日). 2016年3月6日閲覧。
  7. ^ 副島美咲「小蜜と決別」髪バッサリ「今まで無理をしていた」”. スポニチアネックス (2015年10月19日). 2016年3月6日閲覧。
  8. ^ 株式会社インプレス (2019年9月13日). “FOD、グラビアアイドル水泳大会をVRで配信。アイドル全員とポッキーゲーム” (日本語). AV Watch. 2019年9月16日閲覧。
  9. ^ 教科書にないッ!5 (2019)”. シネマトゥデイ (2019年7月27日). 2019年8月24日閲覧。
  10. ^ 教科書にないッ!6 (2019)”. シネマトゥデイ (2019年7月28日). 2019年8月24日閲覧。

外部リンク編集