副木(ふくぼく)とは、骨折した部分や関節などを臨時的に固定する器材である[1]副子(ふくし)[1]シーネ[2]添え木副え木(そえぎ)[1]スプリントSplint)、ブレイスBrace)とも呼ばれる。

脚に副木をあてたところ

概要編集

材料は主に合成樹脂針金などが使われる。また、ものさしタオルなどが副木として代用されることもある。骨折の際に激痛出血、腫れ、寒気などの症状がみられる場合は動かさず固定する。 なお、脱臼の際は副木は使用しない。

使用条件編集

骨折部分の上下の関節まで固定できる長さであり、骨折部分の最も細い部分よりが広い副木を使用し、柔らかいできつすぎない程度に固定し、毛布などで保温し、安静にする。

因みに、上肢の不自由な者が利用する肢装具を「シーネ」と称する(下肢に装着する肢装具は、単に「装具」と呼ばれることが多い)。

脚注編集

  1. ^ a b c 大辞林 第三版『添え木・添木・副え木』 - コトバンク。2019年6月29日閲覧。
  2. ^ 骨折の治療法”. 骨折ネット. 2019年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月29日閲覧。

関連項目編集