創政会(そうせいかい)は、自由民主党田中派内の勉強会、派中派。1985年2月7日、会長を竹下登に据えて結成された[1]

創政会の名は竹下が発行していた機関紙『創政』から取られた。経世会(竹下派)の源流。

経緯編集

1984年

1984年当時、田中派は121名を抱える党内最大派閥であったが、膨張を続けていたために派内での風通しが悪くなったばかりか田中角栄退陣の後10年を経ても自派閥から首相候補を出さないという閉塞的な状況に陥っていた。それは、田中が自派閥から総裁候補を送り出すことによって自らの影響力低下を恐れたためであった。いつまでも後継者を決めない態度に加え、当選回数の浅い後藤田正晴や「外様」といわれる他派閥から移籍してきた議員を重用することなどにより、竹下登を担ぎ上げようとする若手を中心に不満がたまっていた。1984年10月末で中曽根康弘総裁の任期が切れることから、次期総裁選選びが話題が上るようになる。

同年10月24日、二階堂進が公明党の竹入義勝委員長、民社党の佐々木良作委員長に促され、福田赳夫鈴木善幸の支持を受けて、公民両党との連立含みで総裁選に出馬する動きが表面化した。しかしこの計画は、肝心の福田派内がまとまらなかったのと、金丸信の精力的な党内一本化に向けた奮闘の結果、実現には至らなかった。田中角栄も最終的に二階堂の出馬に反対し、10月30日、中曽根は再選した[2][1]。こうして〝二階堂擁立劇〟は劇のまま終わったが、田中派に深刻な亀裂を招き、田中の支配力の低下を浮き彫りにした。やがて田中は二階堂をなだめるために「次は二階堂だ」と公言するようになった[要出典]

「このまま田中派にいたら竹下の芽はない」。思い詰めた金丸と竹下は行動に移る。勧誘は徹底的に秘密裏に進められ、参加者同士でありながらお互いの秘書にまで秘密にする議員が現れるほど徹底していた。

同年12月18日、赤坂の日商岩井ビルにあるフランス料理屋に竹下、小渕恵三梶山静六羽田孜小沢一郎遠藤要が集まり、「創政会」の旗揚げに向けて会合がもたれた[3]

1985年

1985年1月23日、築地の料亭に竹下、金丸、小渕、橋本龍太郎、小沢、梶山、羽田ら25人が集まる。田中派の新春総会を翌日に控えたこの秘密会合で、「創政会」の発会式は2月7日と決まった[3]

1月27日、目白の田中邸で竹下は田中に「田中派の枠内で政策研究会を創りたいので、お許しを願いたい」と述べた。叩き上げオーナーの自己過信は田中をもってしても避けがたかった。田中は「いいだろう」と答え、「俺がもう一度やってから、お前は総理になれ」と言い放った[4]

1月28日、入会勧誘が公然と開始される。「創政会」への入会申込者は83名を数えた。田中は当初は「勉強することはいいことだ」と言っていたが、1月31日付の毎日新聞朝刊に「田中派の3分の2占める勢い」などと報じられると、勉強会は見せかけで公然たるクーデターであることに気付く[5]。同日、田中と二階堂は、発足を見送らせ議員の参加を思いとどまらせる方針を確認した[6]

田中は猛烈な切り崩し攻勢に出た。譜代議員には厳格に接し、外様議員には柔和に接する工作は結成当日まで行われた。その結果、参加希望者はどんどん脱落し、結局は当初の83名から40名と半減した。しかし40名という数は当時の総裁立候補に必要な50人に後10名足りないだけの数であり、田中も無視できない存在になった。ただちに対決的な形になることは竹下らも派内の大勢も望んでいなかったため、当初は設立総会をホテルで行う予定であったところを、田中派が入る砂防会館別館に開催場所を移すことでその意志を示した。

2月7日、「創政会」の設立総会が行われる。参加者は半減したが、田中の弾圧をかいくぐり40名の出席者を集めたことで竹下の政治的足場は固まった[1]

ロッキード裁判のストレスからもともと酒はよく飲んでいたが、創政会結成に怒り狂った田中は大荒れに荒れ、毎日浴びるようにウィスキーを飲み続けた。私邸ではスコッチのオールド・パーを1、2日に1本のペースで空け、事務所でも、佐藤昭が来る時にはすでに千鳥足であった。佐藤がいくら止めてもウィスキーのがぶ飲みをやめようとはせず、自分でボトルから注ぎ、濃い水割りを作る始末であった[7][8][9]

田中は荒れながらも、〝軍団〟に生じた亀裂を縫い合わせる必要性も感じていた。2月半ば過ぎ、田中は秘書の早坂茂三に「若い者が言っていたように副会長制を作るか。3人も置いて、その中に竹下を入れるか」と言った。早坂は「竹下を副会長にするとき、木曜クラブの新しい仕組みを作って、一緒にスタートしたらいいんじゃないですか」と提案。田中はその時期を4月と決め、事後処理の段取りを早坂に命じた[10]

2月26日、田中によって大臣ポストを与えられた木曜クラブの国会議員でつくる「栄会」が赤坂の料亭で開かれた。席上、田中は上機嫌でスピーチした。「賢者は聞き、愚者は語る。吾輩も今日から賢者になる。何か言うことがあれば遠慮なく来てくれ」。このときも田中はしたたかに酔い、仲間や芸者に抱えられるようにして車中の人となった[10]

2月27日、田中は朝から体調が思わしくなく、小金井カントリー倶楽部に行く予定を取り止めた。そしていつものように来客がすすめるオールドパーの水割りを飲んだが「風邪かもしれない」と言って母屋の2階に戻り、昼寝をした[11]。午後5時頃、脳梗塞で倒れ[12]東京逓信病院に入院。一命はとりとめたものの言語障害などが残り、田中の政治生命は突如として終わりを告げた[13]

1986年以降

総選挙前の1986年4月25日、54人を数えたところで創政会は解散[14]。その後、田中派は竹下を推す勢力と派閥会長の二階堂の勢力との対立を経て、1987年7月4日、竹下を会長とする新派閥の経世会が結成された[1]

各人による評編集

一連の動きで田中が最も心を痛めたのは、小沢一郎梶山静六羽田孜など、子飼いの弟子が弓を引いたことであった。田中派外様の代表格である田村元は、田中が脳梗塞で倒れたことについて「創政会卒中」と周囲に漏らしている[要出典]

一般的には田中支配転覆のクーデターに見られがちな創政会の結成であるが、小沢一郎は、「オヤジと慕う角栄に弓を引く気はなく、竹下を一時的に後継者に指名すればそれでよかった[要出典]」とも述べている(立ち上げの前日一晩泣き明かしたという)。梶山静六は、派内後継者を決めればそれでよく、田中支配を続けることに反対ではなかったという[要出典]。羽田孜なども同様のことを言っている[要出典]。また後藤田正晴は、「角栄が倒れることがなければ、いずれ必ず機会を見て潰されていただろう[要出典]」と語っている。

立ち上げメンバーのひとりである渡部恒三は、仁義を切るために田中邸を訪れた際、田中に「貴様、次の選挙で川島(引用注:渡部と同郷の元官僚・川島廣守のこと)を立ててたたき落としてやる」と怒鳴られたことを回想している[15](結局川島は出馬せず、このような選挙構図にはならなかった)。

野中広務は「田中さんがロッキードでやられたあと、我々は創政会をつくるわけですね。その時、梶山さんから「私ら幹部が先に行って角さんに怒られてくる。そのあとにお前らが行け」と言われて、ちょっと遅れて田中さんの部屋に入ると、裏の引き出しに箱が積んであって、「要るなら持ってっていいんだよ」と。反旗をひるがえして出て行く手下たちに、この期に及んでカネを配ろうとする…あれには可哀想になりましたね」[16]と回顧している。

脚注編集

  1. ^ a b c d 安藤俊裕 (2011年8月28日). “田中角栄に反旗、竹下派旗揚げ 「政界のドン」金丸信(5)”. 日本経済新聞. https://www.nikkei.com/news/print-article/%3FR_FLG%3D0%26bf%3D0%26ng%3DDGXNASFK1902K_V20C11A8000000%26uah%3DDF270720112232 2020年8月2日閲覧。 
  2. ^ 奥島, pp. 156-158.
  3. ^ a b 早坂 1991, pp. 38-39.
  4. ^ 早坂 1988, p. 11.
  5. ^ 中澤 2015, pp. 410-411.
  6. ^ 矢野 1994, pp. 127-128.
  7. ^ 立花 2005, pp. 88-91.
  8. ^ 佐藤 2001, p. 219.
  9. ^ 片岡憲男『田中角栄邸書生日記』日経BPコンサルティング、2002年4月13日。ISBN 978-4931466630
  10. ^ a b 早坂 1991, pp. 44-47.
  11. ^ 中澤 2015, pp. 415-416.
  12. ^ 早坂 1991, p. 48.
  13. ^ 小林吉弥『愛蔵版 角栄一代』セブン&アイ出版、2018年3月。ISBN 978-4860087609
  14. ^ 早坂 1991, p. 52.
  15. ^ 平成の黄門・渡部恒三氏に聞く(5)七奉行の一人として 河北新報オンラインニュース、2017年8月29日
  16. ^ 文藝春秋2011年十月特別号、153頁、政界三強鼎談、今学ぶべきは誰の内閣は、政権交代二年でこの体たらく憂国三銃士が吠える、石原慎太郎・野中広務・亀井静香・司会後藤謙次

参考文献編集

関連項目編集