メインメニューを開く

劇団七曜日(げきだんななようび)は日本の劇団

目次

主な作品編集

  • 旗揚げ公演「鬼ヶ島」(1984年)[1]
  • OUT1
  • OUT2
  • OUT3
  • つめたい夜に
  • 銀色伝説

主な劇団員編集

関連項目編集

ラ・ママ新人コント大会編集

  • ラ・ママ新人コント大会」は、つまらなければ退場という、いわゆる「お笑いゴングショー」のさきがけであって、行く末は「M-1グランプリ」にも通じるところがある。
  • ウッチャンナンチャンや爆笑問題が出演していた当初、舞台スタッフは劇団七曜日の研究員たちであった。
  • 1980年代から1990年代にかけ、吉本興業の関東進出や研究所の充実がされるまでにおいて、関東エリアを拠点とするお笑いを目指す者の中に、この舞台を全く踏まずにデビューした者はいなかった。
  • 新人コント大会に限らず、ミスチルをはじめ、その後名を馳せたインディーズバンドの初期発掘において、「渋谷Lamama」の功績は大きい。

トピックス編集

脚注編集

外部リンク編集