劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY

2006年に公開された日本のアニメ映画

BLEACH > BLEACH (アニメ) > 劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY

劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』(げきじょうばんブリーチ メモリーズ・オブ・ノーバディ)は、2006年12月16日に公開された日本アニメーション映画[2]久保帯人による漫画作品『BLEACH』を原作とするテレビアニメの劇場版アニメーション第1作[2]阿部記之が監督を務め、studioぴえろが制作した[2]

劇場版BLEACH
MEMORIES OF NOBODY
監督 阿部記之
脚本 十川誠志
原作 久保帯人
製作 深沢幹彦
萩野賢
出演者 森田成一
折笠富美子
斎藤千和
江原正士
音楽 鷺巣詩郎
主題歌 Aqua Timez千の夜をこえて
撮影 福島敏行
編集 植松淳一
奥野英俊
制作会社 studioぴえろ
製作会社 劇場版BLEACH製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2006年12月16日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6.6億円[1]
次作 劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸
テンプレートを表示

アメリカ合衆国では2008年6月11日から12日まで限定劇場公開された[3]

黒崎一護とオリジナルキャラクター・茜雫の交流を軸に描いた物語が展開される[4]

あらすじ

空座町に欠魂(ブランク)と呼ばれる謎の霊生物が大量発生するという異変が起き、死神代行・黒崎一護は朽木ルキアとともに現場へ向かうが、そこに突如として死神の少女・茜雫(センナ)が現れる。所属をはぐらかし、自らの素性を明かそうとしない茜雫に振り回され、一護は町中を走りまわる羽目になる[4]。同じころ、尸魂界(ソウル・ソサエティ)でも上空に空座町が浮かび上がるという異変が発生する[4]。世界崩壊の前触れとされるこれらの現象は、現世と尸魂界の狭間に広がる断界の中に出現した新たな空間・叫谷が急速に拡張を続け、ふたつの世界に密着したことで起きたものであった。浦原喜助は、一連の現象を起こした首謀者は、輪廻を外れた魂魄から抜け落ちた記憶の集合体・思念珠を探しているのではないかと推測し、自身が敵の素性について調べている間、一護に思念珠を探すよう要請する。あてもなく思念珠を探す一護に呆れた茜雫は、一護の手伝いをすると約束するが、その矢先、厳龍(ガンリュウ)率いる闇の一族・ダークワンが茜雫を狙って現世に放たれる。安全のため黒崎家に泊まることになった茜雫は、楽しそうな一護の家族を見て、自らの家族のことも語ろうとするが、さまざまな生前の記憶が入り混ざり混乱をきたす。

翌日、思念珠を探していた一護と茜雫は、車で事故に遭い亡くなった魂魄の少年と出会い、事故で離ればなれになったという父親を探して町を歩きまわる。再会を果たした少年と父親は、茜雫のまわりに集まっているたくさんの魂魄によってここを見つけることができたといい、その魂魄は茜雫が呼んでくれたのだと礼を述べるが、茜雫は親子の言葉の意味を理解できず動揺する。そのようななか、一護と茜雫の近くで穿界門が開かれ、中央四十六室からの厳令を受けた死神たちが茜雫の身柄を拘束するために派遣されてくる。尸魂界は、茜雫こそが現世に戻った思念珠であり、厳龍の目的を思念珠の力を利用した世界破壊であると結論づけたのであった。尸魂界の決定に一護は反発してみせるが、そこにふたたびダークワンが現れ、茜雫は叫谷へと連れ去られてしまう。

かつて尸魂界の覇権争いに敗れ、尸魂界を追われた一族の末裔である厳龍は、宿願とする世界崩壊を果たすため、現世と尸魂界を思念珠の力で引き寄せ衝突させることを企てていた。茜雫は欠魂の依り代として叫谷の中央に備え付けられ、やがて叫谷との融合を始める。涅マユリは、隊首会の席で思念珠と欠魂の性質について説き、これを利用したダークワンの目論みにより、世界崩壊まであと1時間しかないことを告げる。隊首会に乗り込んだルキアは、茜雫を救うため叫谷に向かった一護への援軍を求めるが、山本総隊長はその要請を一蹴し、鬼道砲により叫谷と密着している接地面を空間ごと消滅させることを決断する。叫谷でダークワンと交戦していた一護のもとに、ルキアをはじめとする護廷十三隊の死神たちが命令を侵し集結する[5]。各所で繰り広げられる戦闘の末にダークワンは殲滅され、厳龍との激闘を制した一護の手によって茜雫は奪還される。鬼道砲が発射され、叫谷が崩壊を始めるなか、一護たちは現世への帰還を果たす。瀞霊廷は歓喜に湧くが、尸魂界と現世の間には引力が生じており、すでに融合を始めていた。茜雫は一護と世界を守るため、断界面で自らの近くにいる欠魂たちのエネルギーを爆発させ、ふたつの世界の融合を回避させる。

力を使い果たした茜雫は、自分が現世で生きていたことを確かめたいと願い、一護に背負われ生前の記憶に残る墓地を訪れる。墓碑に茜雫という名前は刻まれていなかったが、一護から「お前はこの街で生きてきた、家族もちゃんといた」と伝えられると、安心し、一護にまた会えることを確かめ、静かに消えていった。そこにルキアが近づき「もうすぐ、欠魂のエネルギーが尽きる。そして、茜雫についてのすべては、我々の記憶から消えるであろう。」と告げる。

日常に帰った一護のもとへ、突風とともにどこからか赤いリボンが運ばれてくる。それを掴んだ一護の前を、茜雫によく似た少女が髪をなびかせて走り抜けていく。しばらくリボンを見つめたあと、ふたたび歩き出した一護の姿が描かれて、映画は幕を閉じる。

登場人物

黒崎一護(くろさき いちご)
声 - 森田成一[6]
本作の主人公。死神代行を務める高校生[7]。任務のさなかに茜雫と出会う[6]
朽木ルキア(くちき ルキア)
声 - 折笠富美子[6]
護廷十三隊十三番隊所属の死神[6]。一護の家に居候している[6]。ルキアの斬魄刀「袖白雪」はテレビアニメに先行して登場した。
山本元柳斎重國(やまもとげんりゅうさい しげくに)
声 - 塚田正昭[8]
護廷十三隊総隊長・一番隊隊長[8]
砕蜂(ソイフォン)
声 - 川上とも子[9]
護廷十三隊二番隊隊長[9]。隠密機動・刑軍を率いる[9]
朽木白哉(くちき びゃくや)
声 - 置鮎龍太郎[9]
護廷十三隊六番隊隊長[9]。ルキアの義兄。
京楽春水(きょうらく しゅんすい)
声 - 大塚明夫[9]
護廷十三隊八番隊隊長[9]
日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)
声 - 朴璐美[10]
護廷十三隊十番隊隊長[10]。尸魂界と現世の伝令役を務める[5]
更木剣八(ざらき けんぱち)
声 - 立木文彦[8]
護廷十三隊十一番隊隊長[8]
涅マユリ(くろつち マユリ)
声 - 中尾隆聖[8]
護廷十三隊十二番隊隊長・技術開発局局長[8]
浮竹十四郎(うきたけ じゅうしろう)
声 - 石川英郎[9]
護廷十三隊十三番隊隊長[9]。鬼道砲の使用を決断した総隊長に対し、尸魂界にも現世にも甚大な被害がおよぶ恐れがあるとして思いとどまるよう進言する。
吉良イヅル(きら イヅル)
声 - 櫻井孝宏[11]
護廷十三隊三番隊副隊長[9]
阿散井恋次(あばらい れんじ)
声 - 伊藤健太郎[10]
護廷十三隊六番隊副隊長[10]。ルキアの幼馴染[10]
射場鉄左衛門(いば てつざえもん)
声 - 西凛太朗[11]
護廷十三隊七番隊副隊長。
檜佐木修兵(ひさぎ しゅうへい)
声 - 小西克幸[11]
護廷十三隊九番隊副隊長[8]
松本乱菊(まつもと らんぎく)
声 - 松谷彼哉[9]
護廷十三隊十番隊副隊長[9]。日番谷とともに現世に派遣される。
草鹿やちる(くさじし やちる)
声 - 望月久代[11]
護廷十三隊十一番隊副隊長[9]
斑目一角(まだらめ いっかく)
声 - 檜山修之[11]
護廷十三隊十一番隊第三席。
綾瀬川弓親(あやせがわ ゆみちか)
声 - 福山潤[11]
護廷十三隊十一番隊第五席。
コン
声 - 真殿光昭[10]
一護の家に居候中の改造魂魄[10]。普段はぬいぐるみの中に入れられている。欠魂が発生した現場で厳龍を目撃したため、浦原によって記憶を解析される。
石田雨竜(いしだ うりゅう)、茶渡泰虎(さど やすとら)、井上織姫(いのうえ おりひめ)
声 - 杉山紀彰(石田)[6]安元洋貴(茶渡)[6]松岡由貴(織姫)[6]
一護のクラスメイトたち。叫谷に向かった一護たちの帰りを現世で待つ。
浦原喜助(うらはら きすけ)
声 - 三木眞一郎[10]
尸魂界の霊具も扱う雑貨屋・浦原商店の店主。元護廷十三隊十二番隊隊長・技術開発局創設者。
握菱テッサイ(つかびし テッサイ)、花刈ジン太(はなかり ジンた)
声 - 梁田清之(テッサイ)[11]本田貴子(ジン太)[11]
浦原商店の店員[10]
黒崎一心(くろさき いっしん)、黒崎夏梨(くろさき かりん)、黒崎遊子(くろさき ゆず)
声 - 森川智之(一心)[11]釘宮理恵(夏梨)[11]瀬那歩美(遊子)[11]
一護の家族。
阿近(あこん)、壺府リン(つぼくら リン)
声 - 奥田啓人(阿近)[11]斉木美帆(リン)[8]
技術開発局局員[8]

オリジナルキャラクター

茜雫(センナ)
声 - 斎藤千和[10]
本作のヒロイン[12]。一護とルキアの前に突如現れた死神の少女[10]。所属をはぐらかし、素性を明かそうとしない[4]。普段は気の強い性格であるが、記憶が曖昧であり、時折不安そうな表情を見せる[4][10]。世間知らずで高いところが好き[4]。ショッピングモールで一護に買ってもらった赤いリボンを愛用している。
正体は輪廻を外れた魂魄から抜け落ちた記憶の集合体・思念珠であり、帯刀している斬魄刀は、百年前、持ち主の死神とともに断界で拘流に飲み込まれたもの。欠魂のエネルギーが尽きると茜雫の存在は人々の記憶から消失する。
斬魄刀:弥勒丸(みろくまる)[10]
「夕闇に誘え『弥勒丸』」の解号とともに、錫杖(しゃくじょう)状の形態に変化する[10]。先端から発生させた竜巻を自在に操る能力を持つ。
キャラクター設定
当初のシナリオ設定では「夕(ゆう)」という名前であったが、斬魄刀の解号との兼ね合いから、久保は「夕日の様な赤いイメージを残した漢字」を考え、「茜雫」と名付けたという[13]。久保はネーミングの経緯について、「茜雫は、頂いたシナリオの設定に“死んだ人々の記憶の集合体”と書いてあったんです。その中で彼女の中を駆け巡る人々の記憶が人の血に例えられていたことからイメージを膨らませて“茜”色の“雫”という字を使いました。」と語っている[14]
厳龍(ガンリュウ)
声 - 江原正士[15]
闇の一族・ダークワンを率いる首領[15]。身にまとう装束や振る舞いには気品のようなものがある[15]。尸魂界を追われた重権貴族・龍堂寺家の末裔であり、茜雫を尸魂界への復讐を果たすための道具として利用しようと企んでいる[15]
ジャイ
声 - 松本大[11]
ダークワンのメンバー[4]。厳龍のことを「我らの王」と形容している。両手に円形の武具を持ち、ブーメランのように操る[15]。欠魂を取り込むことで欠損した肉体を再生させる能力を持つ。
バク
声 - 梁田清之[11]
ダークワンのメンバー[15]。巨大な棍棒(こんぼう)状の武具を操る巨漢[15]。表情は顔を覆う布によって隠されている[15]
ベニン
声 - 本田貴子[11]
ダークワンで唯一の女性メンバー[15]。残虐で冷酷無比な性格[15]。衣服の内側にはさまざまな武器を隠し持っている[15]
ムエ
ダークワンのメンバー[4]。美丈夫[15]。携える幅広の巨刀は剣先が飛び道具となっており、遠距離から攻撃を仕掛けることもできる[15]
リャン
声 - 森川智之[11]
ダークワンのメンバー[4]。厳龍のことを「尸魂界を統治する正統な主権者」と主張している。背負った葛籠(つづら)はミサイルポッドとなっており、追尾式のミサイルで標的を攻撃する[15]。葛籠の下部から取り込んだ欠魂を動力としている。
安田大サーカス
声 - 団長HIROクロちゃん
作中で持ちネタを披露している芸人[16]。同名のお笑いトリオが本人役として出演した[16]
かわいい店員
声 - 森下千里[11]
一護がリボンを購入した店の店員[17]

設定

ダークワン
尸魂界を追われ、断界に生きる闇の一族[15]。かつては尸魂界で特務貴族と呼ばれていた[4]。厳龍と5人の部下から構成され、各々が欠魂を操る力を手に入れている[4]。尸魂界に対して怨恨を抱いており、復讐のため世界崩壊を企む[15]
叫谷(きょうごく)
輪廻の輪を外れ断界を彷徨い続けた魂魄が、長い年月のうちに集まり断界内に発生させた空間。尸魂界から叫谷へと繋がる穿界門は存在せず、思念珠が現世に現れる際にできた入り口からしか空間の内部へ侵入することはできない。
久保は叫谷のネーミングについて、「“断界の隙間にできる”という設定自体は最初からシナリオの中にあったので、それをイメージして考えました」と語っている[18]
欠魂(ブランク)
厳龍たちが操る霊体[4][15]。輪廻の輪から外れ記憶が抜け落ちた魂魄であり[15]、自らの記憶を求めて彷徨う性質を持つ。叫谷の中央に思念珠を備え付けると、欠魂は思念珠に近づこうとして叫谷の空間そのものを収縮させる。この力は、断界によって隔たれている現世と尸魂界を衝突させるほどの引力を発生させるものとなる。魂葬をすることはできない。
久保は欠魂のネーミングについて、「読み方は“空白”とか“虚ろな”という意味で英語の“blank ”から取りました。虚と同じようなコンセプトにしたかったんです」と語っている[19]。デザインについては、虚のイメージを残しながらも、あまり似かよらないように意識したという[19]
思念珠(しねんじゅ)
魂魄から抜け落ちた記憶の集合体。その思念は現世に戻るといわれている。叫谷の中央に備え付けられた思念珠は、欠魂に取りつかれることで叫谷との融合を始める。

スタッフ

制作

テーマ

監督の阿部は、サブタイトル(「誰のものでもない記憶[21]」)に込められた意味と作品のテーマについて次のように語っている。

その人が経験したこととか出会った人たちというのは、それこそ誰のものでもなく、その人がその人であるためのとても大切な記憶で、その人が今まで生きてきた証しでもあると思います。一概には言えませんが、もしもそれがなくなってしまったらやはり悲しいことではないかと思いますので、いろんな人が、今生きている瞬間のその記憶をずっと大切にしてくれればという思いがあります。 — 阿部記之[21]

演出

登場人物が使用する武器や戦い方などの演出方法に関しては、劇場の画面の大きさやより迫力のある音の効果に合わせてスケールの大きなものにすることが意識された[21]。また、阿部は「登場人物たちがお互いに関わり合うことで何かに気付き、その気持ちに変化が起こっていく様子や、弱いものを利用して野望を達成しようとする敵に対する怒りなどの感情表現」にも力を入れたと語っている[21]

作画

キャラクターデザインの工藤は、本作を機に原作の絵柄を意識して入れていた影線をなくしたという[22]。工藤は久保との対談の中で、久保のカラーイラストにおける影の表現に変化があり、影線がなくてもいいのだと気づいたこと、劇場の画面で見た際にあまり汚くなるのが嫌だったことをその理由として挙げている[22]

本作の制作はテレビシリーズの制作と並行して進められたこともあり、人手不足を補うため制作スタッフの増強が行われた[21]。プロデューサーの萩野は、美形が多く似せるのが難しいキャラクターの特徴を、初めて参加したスタッフは短い時間の中でつかまなければならず、大変だったと思うと振り返っている[21]

音楽

音楽は鷺巣詩郎が担当した[2]。テレビシリーズと同じく、レコーディングは鷺巣が音楽制作の拠点とするロンドン・パリ・東京のスタジオで行われたが、本作はとくにロンドンの比重が高かったという[23][注 1]。ロンドンでのレコーディングには、ストリングス・オーケストラとしてヴァイオリニストのギャヴィン・ライト英語版率いるロンドン・セッション・オーケストラ (Gavyn WRIGHT and London Session Orshestra) が参加した[23]。鷺巣はオリジナル・サウンドトラックのセルフライナーノーツにおいて、ソプラノ・シンガーのキャサリン・ボット (CatherineBOTT) の参加を特筆すべき事項のひとつに挙げており、「この素晴らしいソプラノ・シンガーのパフォーマンスは今回の劇場版に、ギャヴィンのオーケストラとともに『このうえない輝き』を与えてくれた」と賛辞の言葉を残している[24]

原作者の作業

原作者の久保も制作に参加し、茜雫、巌龍、欠魂といったオリジナルキャラクターのデザインやネーミング、設定類のネーミングを手掛けた[25]。久保はぴえろから本作のシナリオを受け取った際、オリジナルキャラクターのデザイン依頼を受けたが、シナリオのチェックを進めるうちにアイデアが湧き、設定類のネーミングも担当することとなった[13]。ネーミングに関しては「『BLEACH』らしい名前を意識して変えさせてもらったものが多い」と語っており、叫谷をその一例として挙げている[18]。久保は当時、作業時間が1週間しか作れなかったこともあり、できる限りの要望を書き出すことに苦労したという[13]。また、シナリオ面でも久保の提案によってキーアイテムの変更などがなされている[26]

エピソード

作中に登場する町は東京都の八王子市がモデルとなっており、制作にあたってロケハンが行われた[27]

本作にはゲスト声優としてお笑いトリオの安田大サーカスとタレントの森下千里が出演した[21]。萩野によると、安田大サーカスの起用は小さな子供にも客層を広げることを目的としたものであった[21]

封切り

日本国内

2006年12月16日より有楽町スバル座ほかにて公開された[28]興行通信社の調べによると、初日から2日間の興行収入は約1億4,200万円を記録し、国内映画ランキング(全国週末興行成績)において5位にランクインした[28]キネマ旬報社の調べによると、最終の興行収入は6億6,000万円となった[1]

日本国外

アメリカ合衆国において『BLEACH』の作品展開を行うビズメディアは、ナショナル・シネメディア英語版グループのNCM FATHOMの配給により、2008年6月11日・12日に全米の300館を超える劇場にて本作の上映会を開催した[3]。上映会では監督の阿部記之、プロデューサーの萩野賢、キャラクターデザインの工藤昌史のインタビューも紹介された[3]。『アニメ!アニメ!』はこの上映会について、「作品の高い人気と好調なビジネス展開のなかで行われる新作映画のプロモーションの一環とみられる」とし、「通常の劇場公開というよりも、全国規模のファン向けイベントの色彩が強い。また映画は今後発売するDVDのプロモーションと考えていいだろう。」と分析した[3]。同年7月には、同国のサンディエゴ市内にて本作の特別上映会が実施された[29]。上映会のオープニングには、サンディエゴ・コミコンにゲスト参加するため同市内を訪れていた原作者の久保帯人が登壇した[29]

評価

売上

オリコンの調べによると、DVDの完全生産限定版は発売初週に20,000枚、通常版は19,000枚の売上を記録し、オリコンDVD総合部門ランキングにて1位と2位を独占した[30]

受賞

アニメ・エキスポを運営する日本アニメーション振興会 (The Society for the Promotion of Japanese Animation) が発表した「2009 SPJA Industry Awards」では、本作がBest Feature Filmにノミネートされた[31]。また、本作に登場する朽木ルキアがBest Female Characterに、英語吹き替え版でルキア役を演じたミシェル・ラフがBest Voice Actress (English) にそれぞれ選出された[32]

主題歌

千の夜をこえて[33]
Aqua Timezによる主題歌。作詞・作曲は太志、編曲はAqua Timez。

DVD / Blu-ray

本作のDVDは、2007年9月5日にアニプレックスから完全生産限定版と通常版の2形態で発売された[34][35]。2022年12月14日にはBlu-ray Discが発売された[36]

形態 発売日 商品内容 規格品番
DVD完全生産限定版[34][37] 2007年9月5日 本編映像(約92分)
特典DVD1
特典DVD2
スペシャルデジパック仕様
キャラクターデザイン工藤昌志描き下ろしジャケット
ブックレット
ピンナップ19枚セット
ANZB-2181
DVD通常版[34] 本編映像(約92分) ANSB-2181
Blu-ray通常版[36][38] 2022年12月14日 本編映像(約93分) ANSX-2181

サウンドトラック

BLEACH THE MOVIE
MEMORIES OF NOBODY
ORIGINAL SOUNDTRACK
劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODYサウンドトラック
リリース
録音   日本
  イギリス
ジャンル サウンドトラック
時間
レーベル アニプレックス(SVWC-7420)
劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY アルバム 年表
BLEACH THE MOVIE MEMORIES OF NOBODY ORIGINAL SOUNDTRACK
(2006年)
-
EANコード
EAN 4534530015921
テンプレートを表示

本作のオリジナル・サウンドトラック。2006年12月13日にアニプレックスから発売された[39]。各楽曲の作曲はテレビシリーズに引き続き鷺巣詩郎が手掛けている[39]。初回特典としてキャラクターデザイン・工藤昌史による「描き下ろしオリジナル・ステッカー」が封入された[39]

収録曲

全作曲・編曲: 鷺巣詩郎。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「State of Emergency」 鷺巣詩郎
2.「Rush to the Scene」 鷺巣詩郎
3.「Number One (Versione Filmologia)」 鷺巣詩郎
4.「Always Be With Me In Mind」 鷺巣詩郎
5.「Eerie Blank」 鷺巣詩郎
6.「Into the Storm」 鷺巣詩郎
7.「Senna」 鷺巣詩郎
8.「Shadows Close in」 鷺巣詩郎
9.「Perishing One」 鷺巣詩郎
10.「Blast!」 鷺巣詩郎
11.「Will Save You」 鷺巣詩郎
12.「Turn The Tables」 鷺巣詩郎
13.「Dark One」 鷺巣詩郎
14.「Nothing Anymore」 鷺巣詩郎
15.「Ceremony Commences」 鷺巣詩郎
16.「Number One (Malicious Gravy MC)」 鷺巣詩郎
17.「Come to Lend a Hand」 鷺巣詩郎
18.「Frenzied Battle」 鷺巣詩郎
19.「Fight to the Death」 鷺巣詩郎
20.「Tables Have Turned」 鷺巣詩郎
21.「Showdown」 鷺巣詩郎
22.「Climax and Annihilation of the World」 鷺巣詩郎
23.「Into The Fire」 鷺巣詩郎
24.「Always Be With Me In Mind (Instrumental) (Bonus Tracks)」 鷺巣詩郎
25.「Into The Fire (Guitar Version) (Bonus Tracks)」 鷺巣詩郎
合計時間:

[40]

放送

特別番組

映画の公開に先立ち、2006年12月10日に特別番組『劇場版BLEACH公開記念!「BLEACH攻略ナビ!!」』がテレビ東京にて放送された[41]。同番組には安田大サーカスと森下千里が出演した[41]。また、同月11日(10日深夜)、18日(17日深夜)にはテレビシリーズからセレクトした6話を2週連続で一挙放送する『劇場版BLEACH公開記念!「BLEACH NIGHT 決戦前夜」』がテレビ東京にて放送された[41]。同番組にはAqua Timezと俳優の栗山千明がゲスト出演した[42][43]

地上波放送

2007年12月24日にテレビ東京ほかにて放送された[要出典]

イベント

本作の公開に伴い、2006年11月4日に池袋サンシャインシティ噴水広場にてラジオ番組『BLEACH “B” STATION』の初となる公開録音イベントが開催された[44]

2006年12月3日にニッショーホールにて完成披露試写会が行われ、阿部記之(監督)、久保帯人(原作)、森田成一(黒崎一護 役)、折笠富美子(朽木ルキア 役)、安田大サーカス(ゲスト声優)、森下千里(ゲスト声優)が上映前の舞台挨拶に登壇した[16]。また、スペシャルゲストとして登場したAqua Timezによるシークレットライブが行われ、本作の主題歌「千の夜をこえて」が演奏された[16]

2006年12月9日、10日に北海道・ノルベサ内イベントスペースにて「劇場版「BLEACH」公開記念 BLEACHフェスタinノルベサ」が開催された[44]。9日には森田成一と斎藤千和(茜雫 役)によるトークショーが実施された[44]

2006年12月9日から2007年1月9日まで、池袋・サンシャイン60にて「MEMORIES OF EVERYBORDY'S FESTA IN 池袋サンシャイン60展望台」が開催された[5]。会場では映画のパネル展やアニメイト池袋本店と連動したグッズ販売が実施された[5]。アニメイト池袋本店では、2006年12月9日から12月24日まで「MEMORIES OF EVERYBORDY'S FESTA IN アニメイト池袋」が開催された[44]。会場ではアニメ設定などが展示されたほか、グッズ販売が実施された[44]

タイアップ

2006年12月10日から2007年1月8日まで、東京都交通局とのタイアップによる「都バス×『劇場版BLEACH』卍解ラリー」がお台場豊洲地区の都バス路線(6路線)にて開催された[45]。バス車内では本作に出演するキャラクターが車内マナーや交通ルールを啓発するアナウンスが流され、アナウンスしているキャラクターを当てるクイズラリーが実施された[45]。クイズラリーの参加者には「『BLEACH』×みんくるコラボレート・都バスペーパークラフト」が参加賞としてプレゼントされるなどした[45]

このほかにも、第一興商、アニメイト、全国防犯協会連合会HMVなどとのタイアップキャンペーンが展開された[46]

関連書籍

ムービーガイド
  • 『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY MOVIE GUIDE』週刊少年ジャンプ2007年1月20日増刊、集英社、2007年1月20日発行(2006年12月8日発売[47]
ノベライズ
アニメコミックス

脚注

注釈

  1. ^ 鷺巣はオリジナル・サウンドトラックのセルフライナーノーツにおいて、「『作曲を Paris で』『メイン・プロダクションを London で』『仕上げを東京で』というのが、僕の定型なのである」と記している[23]

出典

  1. ^ a b 「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報』2008年2月下旬決算特別号、キネマ旬報社、2008年2月15日、164頁。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k 劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY”. 株式会社ぴえろ 公式サイト. ぴえろ. 2023年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月22日閲覧。
  3. ^ a b c d “劇場版『BLEACH』6月に全米300館で上映イベント”. アニメ!アニメ! (イード). (2008年4月24日). オリジナルの2023年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20231030201511/https://animeanime.jp/article/2008/04/24/3074.html 2023年10月30日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l アニメディア (2007), p. 5.
  5. ^ a b c d アニメディア (2007), p. 6.
  6. ^ a b c d e f g h MOVIE GUIDE (2007), p. 16.
  7. ^ アニメディア (2007), p. 4.
  8. ^ a b c d e f g h i MOVIE GUIDE (2007), p. 19.
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m MOVIE GUIDE (2007), p. 18.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n MOVIE GUIDE (2007), p. 17.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 劇場版 BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY(映画)の出演者・キャスト一覧”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2023年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月4日閲覧。
  12. ^ 赤マルジャンプ (2009), p. 15.
  13. ^ a b c ジャンプ・コミック出版編集部 (2007), p. 342.
  14. ^ ジャンプ・コミック出版編集部 (2007), pp. 342–343.
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r MOVIE GUIDE (2007), p. 20.
  16. ^ a b c d 安田大サーカスが声優に挑戦!「劇場版BLEACH」”. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2006年12月5日). 2023年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月18日閲覧。
  17. ^ 劇場版BLEACH -完成披露試写会レポート”. 劇場版『BLEACH ブリーチ』MEMORIES OF NOBODY -公式サイト. 2023年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月18日閲覧。
  18. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部 (2007), p. 344.
  19. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部 (2007), p. 343.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 劇場版BLEACH ブリーチ MEMORIES OF NOBODY:映画作品情報・あらすじ・評価”. MOVIE WALKER PRESS 映画. ムービーウォーカー. 2023年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月22日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h MOVIE GUIDE (2007), p. 30.
  22. ^ a b 赤マルジャンプ (2009), p. 14.
  23. ^ a b c 鷺巣 (2006), p. 3.
  24. ^ 鷺巣 (2006), p. 4.
  25. ^ ジャンプ・コミック出版編集部 (2007), pp. 342–344.
  26. ^ ジャンプ・コミック出版編集部 (2007), pp. 344–345.
  27. ^ ちょこっと裏話:おのです”. プロダクションノート blog~萩P日記~ (2006年12月17日). 2007年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月30日閲覧。
  28. ^ a b 駒井尚文 (2006年12月19日). “国内映画ランキング : 2006年12月16日~2006年12月17日”. 映画.com. エイガ・ドット・コム. 2023年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年11月2日閲覧。
  29. ^ a b “「BLEACH」久保帯人 全米最大のコミック・コンベンション登場”. アニメ!アニメ! (イード). (2008年5月22日). オリジナルの2023年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20231030203527/https://animeanime.jp/article/2008/05/22/3188.html 2023年10月30日閲覧。 
  30. ^ 人気アニメ『BLEACH』劇場版作品が、総合1、2 位を独占!”. ORICON NEWS. oricon ME (2015年3月4日). 2023年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月5日閲覧。
  31. ^ “Society for the Promotion of Japanese Animation Announces Finalists for the 2009 SPJA Industry Awards”. Anime News Network. (2009年5月4日). オリジナルの2023年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20231025105744/https://www.animenewsnetwork.com/press-release/2009-05-04/society-for-the-promotion-of-japanese-animation-announces-finalists-for-the-2009-spja-industry-awards 2023年10月25日閲覧。 
  32. ^ Egan Loo (2009年7月3日). “SPJA Industry Award Winners Announced at Anime Expo (Updated)”. Anime News Network. オリジナルの2023年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20231025110517/https://www.animenewsnetwork.com/news/2009-07-03/2009-spja-industry-award-winners-announced 2023年10月25日閲覧。 
  33. ^ MOVIE GUIDE (2007), p. 21.
  34. ^ a b c DVD 劇場版”. TV ANIMATION BLEACH. アニプレックス. 2023年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月5日閲覧。
  35. ^ TV ANIMATION BLEACH”. アニプレックス. 2023年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月5日閲覧。
  36. ^ a b 劇場版 Blu-ray Disc”. TVアニメ「BLEACH 千年血戦篇」公式サイト. アニプレックス. 2023年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月5日閲覧。
  37. ^ 劇場版「BLEACH MEMORIES OF NOBODY」【完全生産限定盤】”. Sony Music Shop. ソニー・ミュージックソリューションズ. 2023年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月10日閲覧。
  38. ^ 劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY【通常版】”. Sony Music Shop. ソニー・ミュージックソリューションズ. 2023年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月10日閲覧。
  39. ^ a b c CD ORIGINAL SOUNDTRACK”. TV ANIMATION BLEACH. アニプレックス. 2023年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月22日閲覧。
  40. ^ 劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY Original Soundtrack”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2023年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月22日閲覧。
  41. ^ a b c 最新情報”. 劇場版BLEACH -インフォメーション. 2023年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月26日閲覧。
  42. ^ Aqua TimezのTV出演情報 6ページ目”. ORICON NEWS. oricon ME. 2023年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月26日閲覧。
  43. ^ 栗山千明のTV出演情報 30ページ目”. ORICON NEWS. oricon ME. 2023年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月26日閲覧。
  44. ^ a b c d e イベント情報”. 劇場版BLEACH -インフォメーション. 2023年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月26日閲覧。
  45. ^ a b c 都バス×『劇場版BLEACH(ブリーチ)』卍解(ばんかい)ラリー”. 東京都交通局 (2006年11月24日). 2006年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月30日閲覧。
  46. ^ タイアップ情報”. 劇場版BLEACH -インフォメーション. 2023年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月26日閲覧。
  47. ^ 『劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY』ムービーガイド”. BLEACH-FAN!. ぴえろ. 2006年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月29日閲覧。
  48. ^ 劇場版BLEACH ―MEMORIES OF NOBODY―”. 集英社. 2023年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月22日閲覧。
  49. ^ 劇場版の興奮がフルカラーコミックスで鮮やかに甦る! 集英社ジャンプリミックス「劇場版BLEACHアニメコミックス」(原作:久保帯人)が11月8日(月)にコンビニエンスストア各店で発売!!』(プレスリリース)集英社、2010年11月8日。 オリジナルの2023年9月22日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20230922145220/https://www.dreamnews.jp/press/0000024083/2023年9月22日閲覧 

参考文献

雑誌・書籍

ライナーノーツ

  • 鷺巣詩郎『ゴージャス! でも、やっぱり「キレ味するどい」劇場版!!』(ブックレット)アニプレックス、2006年12月13日、3-4頁。SVWC-7420。 

外部リンク