メインメニューを開く

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

スーパー戦隊シリーズ > 動物戦隊ジュウオウジャー > 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』(げきじょうばん どうぶつせんたいジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!)は、2016年8月6日より東映系で公開された特撮テレビドラマシリーズ『スーパー戦隊シリーズ』の『動物戦隊ジュウオウジャー』の劇場版作品。

劇場版
動物戦隊ジュウオウジャー
ドキドキサーカスパニック!
監督 柴﨑貴行
脚本 香村純子
原作 八手三郎
出演者 中尾暢樹
柳美稀
南羽翔平
渡邉剣
立石晴香
國島直希
寺島進
吉村崇平成ノブシコブシ
音楽 亀山耕一郎
主題歌動物戦隊ジュウオウジャー』(高取ヒデアキヤング・フレッシュ
配給 東映
公開 日本の旗2016年8月6日
上映時間 28分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド
手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!(シリーズ前作)
次作 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊
テンプレートを表示

劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』と同時上映。

キャッチコピーは「超銀河サーカスファイト開幕!」「ぶっちぎりの地球力!この星をなめるなよ!」。

概要編集

『動物戦隊ジュウオウジャー』の初の単独映画作品。タイトルの通りサーカスを題材としており、撮影にはポップサーカスが特別協力している[1][2][3]。サーカス団の設定は、企画段階では人間のサーカスが想定されていたが、『ジュウオウジャー』の独自性を出すため、監督の柴によりジューマンによるサーカス団と設定された[2][3]

ゲストとして、敵キャラクター・ドミドル役にお笑いコンビ・平成ノブシコブシ吉村崇が出演する[4]。また一般公募による1000人のエキストラが参加している[2][3]

本作品オリジナルのメカとしてキューブコンドルとコンドルワイルドが登場するほか、テレビシリーズで登場したばかりのワイルドトウサイキングも登場する[2]。例年では1号ロボと追加戦士用ロボの合体形態が登場することは珍しく、監督の柴貴行はテレビでの登場が早かったことから本作品にも登場させることができたことを述べている[2]

追加戦士である門藤操/ジュウオウザワールドは、本作品の撮影時点では味方になった後の話数の脚本が未完成であったため、操が味方になるテレビシリーズ第19話・第20話の監督である中澤祥次郎とともにキャラクターの詰めが行われた[2]。また、ジュウオウザワールドのスーツアクターであった高田将司がテレビシリーズの撮影時に負傷降板しており、ジュウオウイーグル役の浅井宏輔が代役を務めた[5]。柴は高田のプランを聞いて演出を検討する予定であったため、浅井はキャラクターを掴みきれないまま演じており、後のキャラクター付けとは異なるものになったと述べている[5]

40作記念と言うこともあり、本作では随所のシーンに過去39戦隊に関する要素が散りばめられている[6][2][3]。これは柴が美術スタッフと協力して独自に行ったものであり、1回の鑑賞ではわからないぐらいのネタを仕込むことでシリーズファンのリピーター化を狙ったとしている[3]

あらすじ編集

人間界で暮らしているジューマンたちが結成したサーカス団のショーを見物に来た大和たち。特にセラたち4人のジューマンは同胞たちが元気に生活を送っているのを見て大喜びだった。

そんな中、地球を滅ぼしてサーカス会場にしようと企む宇宙サーカス団の団長・ドミドルが現れ、サーカス団ごと子供たちをさらってしまった。ジュウオウジャーはドミドルの野望を打ち砕くために激闘へと身を投じる。

本作のキャラクター編集

ペルル
コンドルのジューマンの子どもでサーカス団の一員。人間界出身のジューマンであり、ジューランドのことはキューブコンドルが見せる映像でしか知らない。両親は既に故人。
企画段階ではストーリーを「大和が他のジュウオウジャーのメンバーを助ける」とする方向であったが、監督の柴貴行と脚本の香村純子が「第三者をジュウオウジャーが助ける」というストーリーを提案し、ペルルが創作された[2]。当初は宇宙人などと想定されていたが、同時期にセラの家族が登場する第9話の撮影が行われスタッフ内で子供のジューマンの可愛らしさが話題になっていたことから、ペルルも子供のジューマンと設定された[2]
Vシネマ『帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦』にも登場する。
ドミドル
宇宙サーカス団の団長。自分のサーカスを楽しむためだけに、各惑星を荒らしている。常にテンションが高く「大大大大大」が口癖。手に持つ鞭シルクドウィップ[7][8][9]で、あらゆる動物を強制的に自分の下僕にする。人間態も披露。サーカスを見に来ていた子供たちをさらって泣き声を集めてエネルギーに変換、「宇宙ブランコを設置するのに邪魔だから」という理由で地球破壊を企む。
デザインは篠原保が担当した[10]。モチーフはピエロやサーカス団長[10]。篠原は顔の造作を人っぽくすることに疑問を抱き、鼻と髭の処理に時間を費やしたという[10]
ドミドル完全態[6][11][9][注釈 1]
ドミドルが宇宙船フライングテント号と融合・巨大化した姿。鞭となった両腕と砲台から放つナイフが武器である[9]
当初、篠原はメリーゴーラウンドをモチーフとし、ジュウオウジャー側との「四角VS丸」という構図を想定していたが、撮影の都合によりドミドルのスーツと宇宙船のミニチュアを組み合わせたデザインとなった[10]

戦力編集

キューブコンドル
コンドル型のジュウオウキューブ。カラーは紫。ナンバーは0。首と翼の間に一門ずつ備えている銃口から発射するビームと翼から発射するパンチ弾を武器とする。銃口からは強制合体用の光線も発射。元々はペルルが所有するジュウオウキューブだが、ドミドルの鞭で操られていた。
コンドルワイルドの上半身を構成する。
奪還後は、ワイルドトウサイキングがビッグキングソードを外して剣のように装備しコンドルセイバー[7]となる。刃部分にエネルギーを纏うことで、イーグライザーのような形状に変化させての連続攻撃も使用可能。必殺技は剣全体にエネルギーを纏い、左から右に半円を描き、光の翼を展開したワイルドトウサイキングが、右斜め下に斬り裂くコンドルジュウオウインフィニティ
幻を見せるという能力は、テレビシリーズ第1話・第2話で使用したジューランドのミニチュアを活用することを前提に設定された[2]
テレビシリーズ本編には直接登場はしないが、ワイルドトウサイドデカキングの必殺技・ジュウオウドデカダイナマイトストリーム発動時に画面に映りこんでいるのが確認できる。
帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦』にて再登場。この時は幻を見せる能力を利用してジュウオウイーグルとジュウオウバードを融合させ、ジュウオウコンドル誕生に導いている。
デザインは、キューブイーグルにピッキングソードを刺した状態から発想されたが、ワシとタカでは違いを出しづらいため実際のデザインではキューブゴリラのリデコとなった[12]
コンドルワイルド[13][注釈 2]
コンドル、タイガー、エレファントの3体が下から4・5・0の順に積み重なって動物合体した姿。キューブコンドルを操るドミドルが強制合体を行って姿を現して、ジュウオウキングを倒し、ジューマンのみのジュウオウジャーを捕らえた。
背中に金色の翼のようなエネルギーを発生させて飛行することが可能。
必殺技は空中から拳状のエネルギー弾を連射するコンドルロケットナックル[13]
後に『帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦』にて再登場し、初めてジュウオウジャーによって運用された。
ジュウオウキング 1・2・3・4・5[14][注釈 3]
ジュウオウキング1・2・3、エレファント、タイガーの3体が下から5・4・3・2・1の順に積み重なって動物合体したジュウオウキングのスペシャルタイプ[15]。横に動きながらジュウオウソードと各部のバリヤーで防御を行う。
ドミトルが操るキューブコンドルのビーム攻撃を弾くために合体するが、キューブコンドルのパンチ弾による質量攻撃で5と4の部分を崩されていき、ビームで5の部分を攻撃されて完全に合体が解除、ジュウオウキング1・2・3に戻ってしまった上、コンドルワイルドへの強制合体を許してしまった。
映像では上半身をスーツ、下半身をCGで表現している[16]。特撮監督の佛田洋は本作品で一番やりたかったこととしている[16]
フライングテント号
ドミドルの宇宙船。宇宙サーカス団のテントでもある。
デザインは篠原保が担当した[10]。上半分がサーカスのテントと移動の列車や馬車をモチーフとしており、下半分が宇宙船らしいメカデザインとなっている[10]

39戦隊の要素編集

出典 超全集 2017, pp. 82-83, 「スーパー戦隊39アイテム」

戦隊名 アイテム名 登場箇所
秘密戦隊ゴレンジャー スナックゴン 街の看板に記載。
ジャッカー電撃隊 ビッグボンバー ステージ脇に置かれている。
バトルフィーバーJ ペンタフォース テントのバックヤードに置かれている。
電子戦隊デンジマン デンジスティック
太陽戦隊サンバルカン スナックサファリ 宇宙サーカスの広告の「協賛」に記載。
大戦隊ゴーグルファイブ ゴーグルリング テントのバックヤードに置かれている。
科学戦隊ダイナマン 夢野発明センター 宇宙サーカスの広告の「協賛」に記載。
超電子バイオマン バイバスター テントのバックヤードに置かれている。
電撃戦隊チェンジマン 地球守備隊制服 EDダンスで女性が着用。
超新星フラッシュマン プリズムバトン セイウチのジューマンが使用。
光戦隊マスクマン 姿レーシングクラブ 街の看板に記載。
超獣戦隊ライブマン グラムロッド 制御室のテーブルに置かれている。
高速戦隊ターボレンジャー 都立武蔵野学園高校 宇宙サーカスの広告の「協賛」に記載。
地球戦隊ファイブマン スーパーファイブボール テントのバックヤードに置かれている。
鳥人戦隊ジェットマン golden gate 宇宙サーカスの広告の「協賛」に記載。
恐竜戦隊ジュウレンジャー ゲキの服 チラシの写真のジューマンが着用。
五星戦隊ダイレンジャー 大輪剣 テントのバックヤードに置かれている。
忍者戦隊カクレンジャー カクレンジャーボール
超力戦隊オーレンジャー U.A.O.H.制服 EDダンスで男性が着用。
激走戦隊カーレンジャー 芋長の芋ようかん 真理夫のアトリエに置かれている。
電磁戦隊メガレンジャー 諸星学園高校 宇宙サーカスの広告の「協賛」に記載。
星獣戦隊ギンガマン ハヤテの服 チラシの写真のジューマンが着用。
救急戦隊ゴーゴーファイブ ダイモンのジャケット EDダンスで男性が着用。
未来戦隊タイムレンジャー 竜也の変身スーツ チラシの写真のジューマンが着用。
百獣戦隊ガオレンジャー 闇狼の面 真理夫のアトリエに置かれている。
忍風戦隊ハリケンジャー サーガイン サジタリアーク内に登場。
爆竜戦隊アバレンジャー 恐竜やのカレー 操のキャンプ。
特捜戦隊デカレンジャー ドギー・クルーガー 宇宙サーカスの観客、EDダンス。
魔法戦隊マジレンジャー の魔法のホウキ 真理夫のアトリエに置かれている。
轟轟戦隊ボウケンジャー プレシャスボックス 操のキャンプ用品。
獣拳戦隊ゲキレンジャー マスター・シャーフー 宇宙サーカスの観客、EDダンス。
炎神戦隊ゴーオンジャー ケガスティック テントのバックヤードに置かれている。
侍戦隊シンケンジャー ススコダマ サジタリアーク内に登場。
天装戦隊ゴセイジャー ビービ虫
海賊戦隊ゴーカイジャー ナビィ 真理夫のアトリエに置かれている。
特命戦隊ゴーバスターズ エネトロン缶 操のキャンプ用品。
獣電戦隊キョウリュウジャー 賢神トリン 宇宙サーカスの観客、EDダンス。
烈車戦隊トッキュウジャー チケット EDダンス。
手裏剣戦隊ニンニンジャー 狸の焼き物 真理夫のアトリエに置かれている。

キャスト編集

  • 風切大和 / ジュウオウイーグル(声) / ジュウオウゴリラ(声) - 中尾暢樹
  • セラ (人間態 / ジューマン態の声)/ ジュウオウシャーク(声) - 柳美稀
  • レオ(人間態 / ジューマン態の声) / ジュウオウライオン(声) - 南羽翔平
  • タスク(人間態 / ジューマン態の声) / ジュウオウエレファント(声) - 渡邉剣
  • アム(人間態 / ジューマン態の声) / ジュウオウタイガー(声) - 立石晴香
  • 門藤操 / ジュウオウザワールド(声) - 國島直希
  • ペルル(スーツアクター・声[注釈 4]) - 笹野鈴々音
  • ドミドル(人間態 / 怪人態の声) - 吉村崇平成ノブシコブシ
  • 森真理夫 - 寺島進

声の出演編集

スーツアクター編集

スタッフ編集

  • 原作 - 八手三郎
  • 製作 - 手塚治(東映)、亀山慶二(テレビ朝日)、高木勝裕(東映アニメーション)、間宮登良松(東映ビデオ)、野田孝寛(アサツー ディ・ケイ)、松田英史(東映エージエンシー)、垰義孝(バンダイ)
  • 企画 - 白倉伸一郎(東映)、佐々木基(テレビ朝日)、鷲尾天(東映アニメーション)、加藤和夫(東映ビデオ)、堤直之(アサツー ディ・ケイ)、竹内淳裕(東映エージエンシー)、桃井信彦(バンダイ)
  • エグゼクティブプロデューサー - 佐々木基(テレビ朝日)、疋田和樹(東映エージエンシー)
  • プロデューサー - 宇都宮孝明柴田宏明、望月卓(東映)、井上千尋(テレビ朝日)、矢田晃一、深田明宏(東映エージエンシー)
  • 脚本 - 香村純子
  • 音楽 - 亀山耕一郎
  • 音楽プロデューサー - Project.R、本谷侑紀
  • 撮影 - 松村文雄、相葉実
    • 撮影助手 - 佐藤真之、根来佑子、葉山昌堤、長谷川玲子
  • 照明 - 堀直之
  • 美術 - 大谷和正
  • 録音 - 伝田直樹(BULL)、北村達郎(BULL)
    • 録音助手 - 小池利幸、青木朋弥、村山雄亮、土屋年弘
  • 編集 - 柳澤和子
  • 音響効果 - 小川広美(大泉音映)
  • 整音 - 室薗剛
  • スクリプター - 高山秀子
  • 助監督 - 杉原輝昭
  • 製作担当 - 東正信
  • ラインプロデューサー - 青柳夕子
  • 計測 - 森田曜
  • 監督助手 - 谷本健晋、石黒裕章、篠原拓海
  • 3DCGプロダクション - 特撮研究所、マリンポスト、フレームワークス・エンターテインメント、林デジタル工務店、SULTAMEDIA FX、TOEI ANIMATION、tsumiki
  • 進行主任 - 石井宏樹
  • 進行助手 - 永井大裕
  • 製作デスク - 辻絵里子
  • 製作応援 - 喜多智彦
  • AP - 菅野あゆみ
  • 広報AP - 川勝宥典
  • キャラクターデザイン - 篠原保、豊田幸秀
  • ドルビーデジタル・コンサルタント - 河東努(コンチネンタルファーイースト株式会社)
  • 技術協力 - 東映デジタルセンター、東映ラボ・テック、株式会社RAID、RED DIGITAL CINEMA SHOT ON RED(RED EPIC)、nac IMAGE TECHNOLOGY、おいぬビジョン、grass valley、BULL、WING-T、GRIFFITH、ATV、alpedia、M・SOFT、Libec、enRoute
  • 特別協力 - ポップサーカス
  • 協力 - 石森プロ
  • 制作プロダクション - 東映テレビ・プロダクション
  • アクション監督 - 福沢博文
  • 特撮監督 - 佛田洋
  • 製作 - 劇場版「ゴースト・ジュウオウジャー」製作委員会(東映tv asahi東映アニメーション東映ビデオADK東映エージエンシーバンダイ
  • 監督 - 貴行

音楽編集

主題歌
レッツ! ジュウオウダンス
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:谷本貴義 / 歌:大西洋平(Project.R) / コーラス:ヤング・フレッシュ / 音楽プロデュース:Project.R(日本コロムビア) / 振付:パパイヤ鈴木
挿入歌
動物戦隊ジュウオウジャー
作詞:藤林聖子 / 作曲・歌:高取ヒデアキ(Project.R) / 編曲:籠島裕昌 / コーラス:ヤング・フレッシュ / 演奏:Z旗

映像ソフト化編集

2016年12月7日発売。Blu-ray / DVDでリリース。本作から『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』まで、コレクターズパックのBlu-ray版は本編DVDとのセット販売となり、特典ディスクもDVDに戻されていた。

  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック! Blu-ray+DVDセット 通常版(2枚組)
    • ディスク1:本編Blu-ray
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典(ディスク1、ディスク2共通)
        • 特報
        • 劇場予告編
        • 劇場先付映像
        • TVスポット集
        • ノンスーパーED
  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック! DVD通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報
      • 劇場予告編
      • 劇場先付映像
      • TVスポット集
      • ノンスーパーED
  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック! Blu-ray+DVD コレクターズパック(3枚組)
    • ディスク1:本編Blu-ray(通常版と共通)
    • ディスク2:本編DVD(通常版と共通)
    • ディスク3:特典DVD
      • メイキング
      • 製作発表会見
      • 完成披露スペシャルイベント
      • 完成披露上映会舞台挨拶
      • 公開2日目舞台挨拶
      • 大ヒット御礼舞台挨拶(WEB用動画)
      • 39大スーパー戦隊登場アイテムコレクション
      • PR集
      • ジュウオウデータパーク
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • 貼ってはがせるジュウオウシール(2種)
  • 劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック! DVDコレクターズパック(2枚組)
    • ディスク1:本編DVD(通常版と共通)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 製作発表会見
      • 完成披露スペシャルイベント
      • 完成披露上映会舞台挨拶
      • 公開2日目舞台挨拶
      • 大ヒット御礼舞台挨拶(WEB用動画)
      • 39大スーパー戦隊登場アイテムコレクション
      • PR集
      • ジュウオウデータパーク
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • 貼ってはがせるジュウオウシール(2種)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 資料によっては、名称を巨大大大大大合体ドミドルと記述している[7][10][8]
  2. ^ 資料によっては、名称をコンドルワイルド(0・5・4)と記載している[11][14]
  3. ^ 書籍『動物戦隊ジュウオウジャー超全集』では、名称をジュウオウキングタワーと記している[13]
  4. ^ 笹野は当初スーツアクターとして起用され、撮影時点では声の担当は決まっていなかったが、監督の柴は現場での演技を見て声も笹野が演じることとした[17][1][2]

出典編集

  1. ^ a b c パンフレット 2016, 「動物戦隊ジュウオウジャーインタビュー この星の仲間たちと 監督 柴貴行」
  2. ^ a b c d e f g h i j k 宇宙船153 2016, pp. 56-57, 「[インタビュー]柴貴行」
  3. ^ a b c d e 公式完全読本 2017, pp. 61-63, 「Zyuohger Director Interview 01 柴貴行」
  4. ^ 東映 EpisodeGuide「第24話よみがえる記憶」
  5. ^ a b c d 公式完全読本 2017, pp. 32-35, 「Zyuohger Suit-Actor Cross Talk 01 浅井宏輔×中田裕士
  6. ^ a b パンフレット 2016.
  7. ^ a b c 宇宙船YB 2017, p. 22, 「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」
  8. ^ a b 超全集 2017, p. 82, 「劇場&スペシャル作品ガイド」
  9. ^ a b c 21st 16 2017, p. 24
  10. ^ a b c d e f g 公式完全読本 2017, p. 107, 「ZYUOHGER CHARACTER DESIGN TALK 『動物戦隊ジュウオウジャー』クリーチャーデザインの世界 24-26」
  11. ^ a b 宇宙船153 2016, p. 53
  12. ^ 公式完全読本 2017, p. 94, 「ZYUOHGER CHARACTER MECHANIC DESIGN TALK 植田真弘×阿部統
  13. ^ a b c 超全集 2017, pp. 34、37, 「動物合体ロボ」
  14. ^ a b 21st 16 2017, pp. 19-21, 「動物ロボ」
  15. ^ コンプリート超百科 2018, p. 106.
  16. ^ a b 公式完全読本 2017, pp. 74-75, 「Zyuohger VFX Director Interview 佛田洋
  17. ^ パンフレット 2016, 「動物戦隊ジュウオウジャーインタビュー この星の仲間たちと ペルル役 笹野鈴々音」.
  18. ^ a b 五味涼子 公式プロフィール (PDF)
  19. ^ a b 竹内康博 公式プロフィール (PDF)
  20. ^ a b 中田裕士 公式プロフィール (PDF)
  21. ^ 藤田洋平 公式プロフィール (PDF)
  22. ^ 村岡弘之 公式プロフィール (PDF)
  23. ^ 蔦宗正人 公式プロフィール (PDF)

参考文献編集

  • 『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間/劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』パンフレット 2016年8月6日発行 構成・文:用田邦憲 発行所:東映事業推進部
  • 『動物戦隊ジュウオウジャー公式完全読本 野生解放』ホビージャパン、2017年6月24日。ISBN 978-4-7986-1472-4
  • 『動物戦隊ジュウオウジャー超全集小学館編(てれびくんデラックス愛蔵版) - 帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦 超全集版』(東映ビデオ)封入特典
  • 『スーパー戦隊 Official Mook 21世紀 Vol.16 動物戦隊ジュウオウジャー』講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2017年6月24日。ISBN 978-4-06-509527-0
  • 『決定版 全スーパー戦隊 コンプリート超百科』講談社、2018年2月26日。ISBN 978-4-06-304848-3
  • 雑誌

外部リンク編集