劉休範

南朝宋の皇族。文帝の十三男。順陽王、桂陽王

劉 休範(りゅう きゅうはん、元嘉25年(448年) - 元徽2年5月22日474年6月22日))は、南朝宋皇族。文帝劉義隆の十三男。明帝劉彧の弟。

生涯編集

最初に順陽王に封じられ、後に桂陽王に改封された。大明3年(459年)、江州刺史となった。明帝が劉子勛の乱を平定すると、南徐州刺史とされたが再び江州刺史とされた。

明帝により兄弟が殺されていたが、凡庸だった休範だけは粛清を免れた。泰予元年(472年)に明帝が崩御すると、遺詔により司空となる。明帝の息子とされる蒼梧王劉昱が即位したが、この劉昱も叔父ら諸王十数人を殺したために叛逆を企て、元徽元年(473年)に尋陽で挙兵して首都の建康に迫ったが[1]、元徽2年(474年)に右衛将軍の蕭道成に敗れて殺された[2][3]。享年27。

この反乱平定により、蕭道成は国務に参画するようになり、後に南朝斉の建国の礎のひとつとなった[2]

脚注編集

  1. ^ 駒田 & 常石 1997, p. 176.
  2. ^ a b 駒田 & 常石 1997, p. 177.
  3. ^ 川本 2005, p. 150.

参考文献編集