劉子キョク

中国の南北朝時代・宋の皇族
本来の表記は「劉子頊」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

劉子頊(りゅう しきょく、456年 - 466年)は、南朝宋皇族。臨海王。孝武帝劉駿の七男。は孝列。

経歴編集

劉駿と史昭華のあいだの子として生まれた。460年大明4年)、歴陽王に封じられ、冠軍将軍・呉興郡太守に任じられた。461年(大明5年)閏月、臨海王に改封された。10月、使持節・都督広交二州湘州之始興始安臨賀三郡諸軍事・征虜将軍・平越中郎将・広州刺史に転じた。462年(大明6年)7月、荊州刺史となった。464年(大明8年)、前将軍の号を受けた。

前廃帝が即位すると、本号のまま都督荊湘雍益梁寧南北秦八州諸軍事の任を加えられた。465年泰始元年)12月、明帝が即位すると、子頊は鎮軍将軍・丹陽尹に任じられた。さらに平西将軍の号を与えられたが、長史の孔道存が命を拒否し、晋安王劉子勛に呼応して挙兵した。466年(泰始2年)1月、劉子勛が帝を称すると、子頊は衛将軍開府儀同三司の位を受けた。8月、劉胡袁顗らが敗れると、呉喜張興世らの軍がやってきて、子頊は殺害された。巴陵に葬られた。

伝記資料編集