劉子孟

中国の南北朝時代・宋の皇族

劉子孟(りゅう しもう、459年 - 466年)は、南朝宋皇族。淮南王。孝武帝劉駿の十六男。は孝光。

経歴編集

劉駿と楊婕妤のあいだの子として生まれた。463年大明7年)8月、淮南王に封じられた。孝武帝は南豫州淮南郡を廃止し、豫州の南梁郡を淮南国として子孟の封国とした。464年(大明8年)、前廃帝が即位すると、南梁郡と淮南郡が復活して、子孟は淮南王のまま淮南郡を食邑とした。465年(景和元年)、冠軍将軍・南琅邪彭城二郡太守に任じられた。466年泰始2年)、安成王に改封された。10月、明帝により死を賜った。

伝記資料編集