メインメニューを開く
劉安世・『晩笑堂竹荘畫傳』より

劉 安世(りゅう あんせい、1048年 - 1125年)は、中国・北宋時代の官僚・学者。は器之。

略伝編集

北京大名府(現在の河北省邯鄲市大名県)の人。1073年進士に及第する。洛州司法参軍・河南府左軍巡判官をへて、哲宗即位とともに司馬光の推薦により秘書省正字に任ぜられ、呂公著の推薦で右正言に抜擢された。さらに起居舎人と左司諫を兼ね、左諫議大夫と出世した。性質は剛直で、当時の顕官を糾弾してやまなかった。

元祐4年12月(西暦で1090年)、後宮で妊娠の疑いがある者が出て乳母を雇用した。劉安世は哲宗の祖母の宣仁太后に上書し、未婚の少年皇帝の自律を諫めた。宣仁太后は調査し、劉氏(のちの昭懐皇后)が妊娠したと突きとめ、劉氏は殴り倒され、追い出された。そのため、劉安世は劉氏の恨みを買った。

呂恵卿が光禄卿に復せられたとき、その不可を論じて恵卿を国の「巨蠧」(おおきいきくいむし)と罵り、鄧温伯が翰林承旨に任ぜられると、彼が王安石の党に出入りしたことを挙げてその件を斥けた。他にも胡宗愈蔡確章惇黄履邢恕李常盛陶王彭年などはみな、安世の弾劾を蒙って降格された。

哲宗が親政を始めた1094年、新法派の章惇が宰相に任ぜられると、その不可を上奏した。これが僭越とみなされ、知南安軍、小府小監、分司河南と徐々に左遷された。1096年には元祐4年の一件を蒸し返され、新州別駕・英州安置にまで落とされた。章惇はさらに安世を誅殺しようとしたが、偶然が重なり事なきを得て、梅州に移された。元符2年(1099年)9月、劉氏は皇后となった。その後、劉安世は梅州で捕らえられ、囚人護送車で開封へ送られた。途中、哲宗の崩御により死刑を免れた。

徽宗が即位すると、赦免されて集賢殿修撰・知鄆州・知真定府となったが、蔡京が宰相となると峡州に左遷され、1102年には元祐党石碑(旧法派を「奸人」として裁くための名簿)に入れられた。のちに宮中に復帰して龍図閣直学士となり、78歳で没した。忠定と謚された。

学問と著作編集

司馬光に学んでその学統を承け、禅を好みその影響を受けている。元城先生と呼ばれ、その門下には呂本中を始め、孫偉李光胡珵馬大年などがいる。『通鑑音義』10巻を著し、『文集』20巻があるといわれたが長い間見失われ、代の隆慶年間に張応福が奏箚類の鈔本を発見して『盡言集』13巻として刊行した。徽宗の頃の永城県主簿であった馬永卿が撰集した『元城語録』3巻に、明代の崔銑が『行録』1巻を編纂してこの語録に附した。

参考編集

  • 『三朝名臣言行録』
  • 『宋元学案』
  • 楊万里『朝奉劉先生行状』
  • 宋史
  • 『続資治通鑑長編』