メインメニューを開く

劉 崇(りゅう すう)は、十国北漢の初代皇帝。廟号世祖劉琠の次男、後漢の高祖劉知遠の弟、劉信の兄。太原の人。

世祖 劉旻
北漢
初代皇帝
王朝 北漢
在位期間 951年 - 954年
都城 太原
姓・諱 劉崇→劉旻
諡号 神武皇帝
廟号 世祖
生年 乾寧2年(895年
没年 乾祐7年(954年
劉琠
年号 乾祐 : 951年 - 954年

生涯編集

テュルク系突厥沙陀族の出身。史書には若くして飲酒と賭博を好み、顔に刺青を施して従軍していたと記録されている。兄の劉知遠が後晋の河東節度使に任命された際、都指揮使を担当し、劉知遠が後漢を建国した後は太原(現在の山西省太原市)尹に任じられ、甥の劉承祐(隠帝)が即位すると同地で河東節度使に任命された。

後漢の乾祐3年(950年)、枢密使郭威の反乱が発生し、反乱軍が後漢の都城である大梁(現在の河南省開封市)に迫ると隠帝は逃亡、しかし反乱軍に捕まり殺害され、郭威がそのまま朝政を執ることとなった。劉崇は当初反乱軍に対抗して南下することを計画したが、郭威が劉崇の長男である武寧節度使劉贇を皇帝に擁立する計画を知り、軍事行動は実際に実施されなかった。

しかし乾祐4年(951年)、郭威は自らが帝位に即位し後周を建国、劉贇を殺害するに至ると、劉崇は太原にて自ら皇帝に即位して後漢の正統を継ぎ、名を劉旻と改めた。

北漢は国土が矮小であり民力も貧しかったが、後漢の復興を目標に活動し、に対し支援を要請、遼と北漢を父子の関係になぞらえ、遼帝を叔皇帝、自らを姪皇帝と称すなどの迎合政策を実施し、遼もこれに応え世祖を大漢神武皇帝に冊封している。遼の支援を受けた北漢は、後周に対する軍事行動を数多く起こした。特に乾祐7年(954年)、郭威の死去に乗じて後周を攻撃した際には、世宗柴栄の軍に大敗し、世祖は農民に扮して逃亡している。

これにより北漢は深刻な打撃を受け、後周を攻撃する余力がなくなった。国勢が凋落する中で崩御。享年60。帝位は次男の劉鈞が継承した。

宗室編集

兄弟編集

子女編集

先代:
劉贇)(後漢
北漢の初代皇帝
951年 - 954年
次代:
睿宗