劉嵩(りゅう すう、泰始7年(471年) - 建元元年5月20日479年6月25日))は、南朝宋皇族。新興王。明帝劉彧の十一男。は仲嶽。

経歴編集

劉彧と徐良人のあいだの子として生まれた。元徽4年(476年)8月、新興王に封じられた。建元元年(479年)4月、が建てられると、劉嵩は定襄県公に降封された。5月、謀反の罪により、死を賜った。

伝記資料編集