劉 希(りゅう き、? - 1187年)は、南宋高宗の寵妃。

生涯編集

杭州銭塘県の人。劉懋と李氏の娘。紹興10年(1140年)、後宮に入って高宗の紅霞帔[1]を務めた。のちに司記[2]、才人に上った。紹興17年(1147年)、婕妤に封ぜられた。紹興22年(1152年)、婉容[3]、さらに貴妃に進んだ。

父の劉懋は節度使に任じられた。また、2人の侍女(瓊華・緑華)は孝宗の妃嬪となった。

女性書画家として知られ、大小二つの方形「奉華堂印」という印を有していた。絵画にはみな奉華堂印の図章が加えられた。人物画を得意とし、とりわけ後宮生活の画題で独自性を発揮した。一方、美女と名高かった。淳熙14年(1187年)、薨去した。

逸話編集

の廃帝海陵王は、「金の君主となる」「宋を討ってその皇帝を自分の膝下にひざまずかせる」「天下一の美女を娶る」という3つの夢を公言した。南宋から降伏した人々は、柳永を引き合いに出し、海陵王に南宋の景色を言葉巧みに吹聴した。また、高宗の劉貴妃を、後蜀花蕊夫人南唐大周后小周后に勝る、南宋で一番の美人として挙げた。この話は海陵王を喜ばせ、南宋滅亡後の劉貴妃の獲得に備えて服飾と寝具を準備させた。結局、海陵王は南宋遠征のさなかに叛乱で殺された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 金史
  • 『宋会要輯稿』
  • 『建炎以来朝野雑記』

脚注編集

  1. ^ 皇帝の身分低い側女。品位がなかった。
  2. ^ 正七品。
  3. ^ 嬪の一つ。従一品。