劉 望(りゅう ぼう、? - 23年)は、中国代の武将、政治家。『後漢書』劉玄伝などでは「劉望」、『漢書』王莽伝は「劉聖」と記しているが、より新たな史書である『後漢書』の表記を本記事では採用する。

事跡編集

姓名 劉望(一説に劉聖)
時代
生没年 生年不詳 - 23年更始1年)
字・別号 〔不詳〕
出身地 南陽郡?
職官 〔不詳〕 
爵位・号等 鍾武侯〔新〕→皇帝〔自称〕
陣営・所属等 王莽→〔独立勢力〕
家族・一族 祖父:劉度?、父:劉則?
伯父:劉宣?、従兄:劉覇?

新末の群雄の一人。元々は漢室宗族に連なる鍾武侯であった[1]

更始1年(23年)6月に、新の主力部隊が潁川郡昆陽(現河南省平頂山市) )で劉秀(後の光武帝)により殲滅されると、その間隙を突く形で劉望も挙兵し、汝南郡の各県を攻略した。この時、昆陽の戦いで敗北した新の納言将軍荘尤(厳尤)、秩宗将軍陳茂も、劉望の配下に加わっている。劉望は、荊州更始帝の配下となることを望まず、同年8月には天子を称し、荘尤を大司馬、陳茂を丞相にそれぞれ任命して、新にも更始政権にも属さない独自路線をとることを鮮明にした。

そのため劉望らは、更始政権からは討伐の対象とみなされてしまう。まず更始政権の大司徒劉賜率いる軍の追討を受けたが、劉望はこれを撃退することに成功している。しかし同年10月、劉賜に代わって討伐に来た奮威大将軍劉信には敗北して、劉望・荘尤・陳茂は揃って戦死し、劉望の政権はあっけなく滅亡した[2]

編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『漢書』王子侯表が引く胡三省の言によると、長沙王の一族で鐘武節侯の劉度(長沙定王・劉発の曾孫)がおり、子の孝侯の劉宣、孫の哀侯の劉覇が継いだが、子がないために、元延2年(前11年)に劉覇の叔父劉則が継いだとあり、劉望は劉則の子と伝わる。鐘武は、南陽郡、汝南郡の郡境にある地域である。
  2. ^ 『漢書』王莽伝は、わずか十数日で劉望らは戦死したとしている。ただ、十数日の起点が、劉望の皇帝即位日、劉賜の討伐開始日、劉信の討伐開始日のいずれであるかは不明である。

参考文献編集

  • 後漢書』列伝1 劉玄伝
  • 漢書』巻99下 列伝69下 王莽伝

関連項目編集