劉 楚玉(りゅう そぎょく、? - 466年)は、南朝宋公主・長公主。孝武帝の娘で劉子業(前廃帝)の同母姉。母は王皇后。山陰公主。会稽長公主。

劉楚玉
Liu Chuyu - Bai Mei Xin Yong.JPG
『百美新詠図伝』
続柄 孝武帝第一皇女

全名 劉楚玉
称号 会稽長公主
身位 公主→長公主
死去 泰始2年(466年
配偶者 何戢
父親 孝武帝
母親 王皇后
テンプレートを表示

生涯編集

孝武帝と王皇后のあいだの第1子として生まれた。皇族女性で一番美貌であったため父帝に可愛がられたという。山陰公主に封ぜられ、何偃の子の何戢に降嫁した。弟の劉子業の即位後のある日、楚玉は子業に

「私と陛下は男女の違いはあっても、同じく先帝の子です。しかるに陛下は何万という後宮の女がありながら、私は駙馬が一人だけというのは、なんとしても不公平です」

その発言に対して子業は、姉の楚玉に愛人として30人の美男子を与え、また会稽長公主に加封した。

子業の行幸の際には、楚玉と大臣たちはみんな随従した。また子業は美男子で知られる褚淵に命じてに楚玉に10日間侍奉させた。その間、褚淵は何度も楚玉に迫られたが、命懸けで服従せず、10日後ついに釈放されて帰ってきた。

景和元年(465年)11月、楚玉の叔父である湘東王劉彧(後の明帝)が子業を殺し、皇帝に即位した。楚玉は淫乱をほしいままにした罪によって賜死となった。

参考文献編集

  • 宋書』巻7 本紀第7
  • 『宋書』巻80 列伝第40