劉氏長沙国(りゅうし-ちょうさこく)は、漢代に設置された藩国。漢初に呉芮が長沙国王に封じられたことより「劉氏長沙国」と称し区別する。

前156年景帝が即位すると、翌年庶子の劉発を長沙王に封じ、長沙国が設置された。劉発が長沙王に封じられたのは、漢朝が諸侯勢力の削減政策を推進していた時期であり、前145年には諸侯藩国管理体制の改編に伴い、桂陽郡及び零陵郡が分離され、管轄範囲は僅かに臨湘連道益陽下雋烝陽湘南昭陵茶陵容陵安成の13県に減少し、また藩国の行政長官である「相」や県令は全て朝廷により任命されるようになった。

前142年武陵郡・零陵郡及び桂陽郡が長沙国に移管され、現在の湖南省全域及び湖北省貴州省江西省広東省広西チワン族自治区の一部を管轄した。

劉氏長沙国は前漢が滅亡するまで8代164年にわたって存在した。後漢が成立すると26年建武3年)に劉舜の子である劉興が長沙王に封じられ復活したが、12年後に長沙国は廃止となり、劉興は臨湘侯とされた。

劉氏長沙王
姓名 諡号 在位期間
初代 劉発 - -
第2代 劉庸 長沙戴王(康王とも) -
第3代 劉鮒鮈(劉附朐とも) 長沙頃王 -
第4代 劉建徳 長沙剌王 -
第5代 劉旦 長沙煬王 -
第6代 劉宗 長沙孝王 -
第7代 劉魯人 長沙繆王 -
第8代 劉舜 - -
第9代 劉興 - -

関連項目編集