劉 焉(りゅう えん、? - 90年)は、後漢皇族。中山簡王。

経歴編集

光武帝郭聖通のあいだの子として生まれた。39年建武15年)、左翊公に封じられた。41年(建武17年)、左翊王に爵位を進めた。劉焉は郭太后の末子であったことから、洛陽にひとり留められた。54年(建武30年)、中山王に徙封された。

59年永平2年)冬、明帝が劉焉に中山国に下向するよう命じた。明帝は劉焉が郭太后に偏愛されていることを考慮して、特別に中山国と洛陽のあいだを往来する許可を与えた。

72年永平15年)、劉焉の夫人の韓序に過ちがあり、劉焉は彼女を縊り殺した。中山国の相が明帝に奏上すると、劉焉は罪に問われて安険県を削封された。元和年間、章帝は安険県を中山国にもどさせた。

90年永元2年)6月辛卯[1]、劉焉は死去した。は簡といった。

子の劉憲が後を嗣いだ。

子女編集

  • 中山夷王劉憲

92年(永元4年)、劉憲の弟11人が封じられて列侯となった。

脚注編集

  1. ^ 後漢書』和帝紀

伝記資料編集

  • 『後漢書』巻42 列伝第32