劉玄 (成漢)

中国晋代の人物

劉 玄(りゅう げん、生没年不詳)は、中国晋代の人物。蜀漢劉備の曾孫で、劉永の孫。父の名は不明。

略歴編集

264年、蜀漢が滅亡すると洛陽に移され、奉車都尉に任じられ、郷侯と同格の地位を与えられた。

永嘉の乱に一族が巻き込まれ、劉備の子孫はほとんど殺されたが、劉玄だけはの地へ逃れた。当時、蜀一帯を領有して成漢を建国していた巴氐族の李雄によって、大叔父である劉禅の爵位である安楽公に封じられた。やがて、旧臣筋である李寿(李福の孫で李驤の子)をその臣下につけられたという。

347年東晋大司馬桓温が成漢へ侵攻し、5代皇帝李勢は降伏した。桓温に随行していた孫盛は、劉玄と成都で会ったという。

参考文献編集