劉紹

南朝宋の皇族。廬陵王。文帝の五男。母は高修儀

劉 紹(りゅう しょう、元嘉9年(432年) - 元嘉29年11月27日452年12月24日))は、南朝宋皇族。廬陵王。文帝劉義隆の五男。は休胤。

経歴編集

文帝と高修儀のあいだの子として生まれた。劉義真の後を嗣ぎ、廬陵王に封じられた。元嘉20年(443年)2月、南中郎将・江州刺史に任じられた。元嘉22年(445年)、都督江州豫州西陽晋熙新蔡三郡諸軍事の任を加えられた。元嘉26年(449年)7月、左将軍南徐州刺史に転じた。赴任しないうちに、10月に揚州刺史となった。元嘉27年(450年)12月、北魏太武帝の南征軍が瓜歩まで到達すると、劉紹は太子劉劭に従って石頭に駐屯した。

元嘉29年(452年)、病のため職を解かれた。11月、死去した。享年は21。散騎常侍・鎮軍将軍・開府儀同三司の位を追贈された。

子はなく、南平王劉鑠の三男の劉敬先が後を嗣いだ。

伝記資料編集