劉 賀(りゅう が)は、前漢の第9代皇帝霍光に擁立されて即位するも、間もなく廃された。一般的には即位前の王号を取って昌邑王(しょうゆうおう)と呼ばれる。廃帝漢廃帝とも呼ばれる。

昌邑王 劉賀
前漢
皇帝
Haihunhou Tomb Exhibition 20161105 35.jpg
海昏侯墓から発見された劉賀の印
王朝 前漢
在位期間 元平元年6月1日 - 6月28日
前74年7月18日 - 8月14日
都城 長安
姓・諱 劉賀
生年 征和元年(前92年
没年 神爵3年(前59年
劉髆
年号 元平 : 前74年

生涯編集

昌邑哀王劉髆(りゅう はく)の子。武帝の孫にあたる。父の早世により幼くして王位を継いだ。

紀元前74年に叔父の昭帝が急死すると、当時輔政の任に当たっていた大司馬大将軍霍光の推薦により、昭帝の皇后上官氏(霍光の外孫)の命で昌邑から都長安に招かれ、帝位に即いた。

しかし、その道中や長安に入り皇帝になってからの不行跡があまりにも酷い[注釈 1]ということで、霍光・張安世ら重臣の奏上を容れた上官皇太后の詔により、在位27日で帝位を剥奪され、海昏侯4,000戸の領主に降格された。

ただ、劉賀の廃位から宣帝擁立までに至る動きが何かと不自然な行為があったといわれる。日本の歴史学者である西嶋定生は、この事件で劉賀の家臣がことごとく処罰されていることや処刑される際に「やるべきことをやらなかったためにかえってやられてしまった」と嘆いた者がいたことなどから、実権を握っている霍光らを排除して劉賀の権力を確立する計画があったと推定した上で、しかしその計画が霍光らに露見し、彼らによる逆クーデターという事態になったのではないかと推定している(この事件で「劉賀を日頃諫めていた」として許された劉賀の家臣、郎中令龔遂中尉王吉と学問の師の王式らが密告者だと疑われている)[2][1]

宣帝の密命で様子を見に行った太守の報告によると、当時20代後半の劉賀はすでに中風のため歩行が不自由だったという。また数年後に訪問客に対する発言をとがめられて4,000戸中3,000戸を削られている。33歳で死去した。

劉賀の死後、海昏侯の世襲は認められなかった。『漢書』武五子伝によると、後継ぎとして届け出た劉賀の子が次々と亡くなったため、後継ぎを立てるべきでないという天意があるものとされたという。しかし、元帝の時代に、嗣子の劉代宗が特例として海昏侯位を継いだ。海昏侯は後漢の代まで存続したという。

墓の発掘編集

2011年中華人民共和国江西省南昌市新建区大塘坪郷観西村墎墩山にて、盗掘をきっかけとする緊急発掘調査の結果、劉賀のものと思われる墓が発見された。2016年3月2日、江西省政府は、その墓が劉賀の墓(海昏侯墓中国語版)であると断定した旨を発表した[3]

海昏侯墓には、副葬品として貴重な歴史資料が多く含まれていた。例えば、劉賀の名前が刻まれた製の印章や、『論語』の異本(「斉論語」)、孔子孔門十哲の図像と略伝が刻まれた銅鏡(「孔子衣鏡」)[4][1]六博の棋譜などが副葬されていた。

登場作品編集

テレビドラマ

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「昭帝の葬儀も済まないうちに歌舞音曲を楽しんだり、後宮の女官と淫楽に耽った[1]

出典編集

  1. ^ a b c 佐藤信弥『中国古代史研究の最前線』星海社〈星海社新書〉、2018年、265-268頁。ISBN 978-4065114384
  2. ^ 西嶋定生『秦漢帝国』(講談社, 1974年/講談社学術文庫, 1997年)
  3. ^ 漢廃帝・劉賀の海昏侯墓、その貴重な出土品の数々”. China Radio International.CRI.. 2016年3月3日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ 「孔子衣鏡」初公開 江西省博物館” (日本語). www.afpbb.com. 2020年10月12日閲覧。