功労芸術家ロシア語: Заслу́женный арти́ст)は、ソビエト連邦構成共和国共産圏の国々などで芸術家に与えられた栄誉称号で、ソ連崩壊後も現在まで制度が継続されていることが多い。また、これらの国では、功労芸術家より上位の称号として人民芸術家ロシア語: Наро́дный арти́ст)があることが多い。朝鮮民主主義人民共和国では功勲芸術家朝鮮語: 공훈예술가)という。

功労芸術家編集

ロシア連邦の功労芸術家編集

ロシアの功労芸術家はソヴィエト連邦時代から存在する称号で、ロシア連邦成立でも引き続き芸術分野で功績を挙げた人物を顕彰する制度となっている。著名な事例の一つに日本人俳優23人がメンバーとなって結成した劇団ペレジヴァーニエ・アートシアター(P.A.T.)で芸術監督を務めるレオニード・アニシモフはスタニスラフスキー・システムという演技法を確立した演出家としても知られロシアの功労芸術家として顕彰されている[1]俳優としては、1992年、ロシアの国立演劇大学3年次在学中にデビューした女優カリーナ・ドイモンドが知られ、舞台俳優としては異例の30歳という若さで称号を授与されている[2]

ウクライナの功労芸術家編集

ウクライナにもロシア同様、功労芸術家の称号が定められており、外国人としてはキエフバレエ団ソリストとして活躍した日本の寺澤宜弘がバレエダンサーとしての業績を評価され授与されている。寺田はウクライナ本国でも活躍するほか、母国日本でも2004年、生家が創立した寺田バレエ・アート・スクールがウクライナのキエフ国立バレエ学校とともに京都府宇治市で合同公演を行った際に、同講演に出場するなど国際的に活躍が知られている[3]

功勲芸術家編集

朝鮮民主主義人民共和国の功勲芸術家編集

朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)では功勲芸術家の称号を制定している。主な受称者としては同国の万寿台芸術団指揮者の金日進[4]、『朝鮮画報』編集局長の洪永佑金剛山歌劇団副団長の金宰鉉[5]らがいる[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ P.A.Tの活動については、2003年に日本でチェ―ホフ劇を連続上演したことが読売新聞でも報じられている。「P.A.Tがチエーホフ劇を連続上演」『読売新聞』2003年4月7日東京夕刊17頁参照。
  2. ^ 「30歳のカリーナ「功労芸術家」に(立ち話)」『朝日新聞2003年5月30日夕刊7頁参照。
  3. ^ 「ウクライナとバレエ共演 寺田・アートスクール 交流30年を記念」『読売新聞』2004年7月15日大阪朝刊京セ版30頁参照。
  4. ^ 「[顔]北朝鮮の指揮者として来日した金日進さん」『読売新聞』1990年6月27日東京朝刊13頁参照。
  5. ^ 団員紹介【金剛山歌劇団】”. www.kongozan-ot.com. 2019年7月26日閲覧。
  6. ^ 「故国の素描が原点に」『読売新聞』1991年2月5日東京夕刊1頁参照。

参照文献編集

報道資料編集

  • 『朝日新聞』2003年5月30日夕刊
  • 『読売新聞』1990年6月27日東京朝
  • 『読売新聞』1991年2月5日東京夕刊
  • 『読売新聞』2003年4月7日東京夕刊
  • 『読売新聞』2004年7月15日大阪朝刊京セ版

関連項目編集

外部リンク編集