加々美光行

加々美 光行(かがみ みつゆき、1944年3月19日 - )は、日本の現代政治思想研究者

現在、愛知大学名誉教授。同大国際中国学研究センターフェロー。日本貿易振興会アジア経済研究所名誉研究員。中国南開大学歴史学院客員教授。霞山会顧問[1]。元・日中社会学会理事、元中国研究所理事、元日本現代中国学会理事[2]。中国芸術院中国文化研究所「世界漢学」編集委員、南京大学「中国研究」編集委員[3]

国家論から説き起こした文化大革命研究や民族問題研究で知られる。

大阪府布施市(現・東大阪市)生まれ、東京都杉並区育ち。

目次

研究及び社会活動編集

アジア経済研究所に在職時代の1972年から80年まで哲学者市井三郎と共同で山梨県大月市で畑を開墾し農耕に従事。

その後、1982年から87年まで市井三郎、山口一郎(元孫文記念館館長)、渡辺一衛山本恒人田辺義明らと「文化大革命研究会」を組織。そのかたわら1980年から竹中労太田竜らと「現代史研究会」を組織、同じ頃、小坂修平笠井潔らと「マルクス葬送派」を形成していた晩年の戸田徹と親交を持つ。

1985年に「現代史研究会」を解散し、竹中労玉城素玉川信明らと新たに「風の会-講座にっぽん百年」を組織したが、1991年に竹中労の死去とともに解散。

1989年以後、90年代半ばまで国際問題研究協会の運営に武者小路公秀(会長)、進藤栄一(理事長)、板垣雄三吉田勝次(事務局長)らと携わる。1989年に前後して中国社会科学院劉再復張琢張萍李澤厚丁守和らと懇意になり、北京開催の新文化運動70周年記念シンポジウムにパネラーとして参加した。

1991年に愛知大学に移籍後は、1992年に国際問題研究協会会長代理として吉田事務局長と北朝鮮平壌を訪問、のちに1997年脱北する朝鮮労働党書記の黄長燁と会見。1995年以後、愛知大学における、日本初の中国研究専門学部である現代中国学部の創設に石井吉也(学長)、江口圭一らと尽力、その初代学部長となる。その際、中国天津市南開大学に日本初の日中共同教学宿泊施設として「南開愛大会館」を設立した。

さらに2002年には国際中国学研究センターの創設に山本一巳高橋五郎らと尽力し、その初代所長として中国とだけでなく、欧米・アジアとの国際学術交流の場として発展させることに貢献した。とくに中国学の方法論に関して溝口雄三金観涛劉青峰らと5年間に及ぶ共同研究を展開したが、その視点は常に等身大の「イノチ」に置かれ、国家と民族の境界を超えて問題を抉り出しつつ解決を模索する方法論(共同行動論)を提起している。

1992年から95年まで朝日新聞書評委員を務める。1997年から98年まで朝日新聞名古屋版のコラム風に聴くを執筆担当。2000年1月から6月まで中日新聞及び東京新聞のコラム紙つぶて 放射線を執筆担当。1988年から2010年まで日本現代中国学会理事。2016年より日本貿易振興会アジア経済研究所名誉研究員。

略歴編集

受賞編集

  • 1986年、発展途上国研究奨励賞(アジア経済研究所)[5]
  • 2005年、中日文化賞(第58回)「現代中国の挫折-文化大革命の省察」 [6]

親交関係編集

著作編集

単著編集

共著編集

編著編集

  • 『現代中国の挫折-文化大革命の省察』アジア経済研究所 1985年 1986年発展途上国研究奨励賞受賞作品
  • 『現代中国のゆくえ-文化大革命の省察II』アジア経済研究所 1986年
  • 『天安門の渦潮-資料と解題/中国民主化運動』岩波書店 1990年
  • 『中国-政治と社会』アジア経済研究所 1995年
  • (中国研究所)『中国の環境問題』新評論 1995年
  • (鶴見俊輔共編 溝口雄三 孫歌他共著『無根のナショナリズムを超えて-竹内好を再考する』日本評論社 2007年
  • (溝口雄三 金観涛他共著)『中国の新たな発見-叢書現代中国学の構築に向けて1』日本評論社 2008年
  • 『中国内外政治と相互依存-叢書現代中国学の構築に向けて3』日本評論社 2008年

総監修編集

翻訳編集

編訳著編集

論文編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞人物データベース
  2. ^ 朝日新聞人物データベース
  3. ^ 読売人物データベース
  4. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報