メインメニューを開く

加古川運動公園陸上競技場(かこがわうんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、兵庫県加古川市加古川運動公園にある陸上競技場球技場としても使用される。

加古川運動公園陸上競技場
Kakogawa Athletic Field.JPG
施設情報
所在地 兵庫県加古川市西神吉町鼎1050番地
位置 北緯34度48分29.16秒 東経134度49分34.1秒 / 北緯34.8081000度 東経134.826139度 / 34.8081000; 134.826139座標: 北緯34度48分29.16秒 東経134度49分34.1秒 / 北緯34.8081000度 東経134.826139度 / 34.8081000; 134.826139
所有者 加古川市
運用者 (株)加古川運動公園市民スポーツサービス
グラウンド 9レーン
照明 あり
使用チーム、大会
収容能力
15,275人
アクセス
JR宝殿駅北2.7㎞・JR加古川駅からバスで約20分

施設は加古川市が所有し、加古川運動公園市民スポーツサービスが指定管理者として運営管理を行っている。

施設概要編集

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • トラック:400m×9レーン
  • 天然芝グラウンド
  • 収容人員:15,275人(メインスタンド:5,275人(座席)、芝生スタンド:10,000人)
  • 照明設備:あり
  • 電光掲示板
  • 市内を貫流し、また市名の由来にもなっている加古川の流れをイメージした青いトラックである。

大規模改修工事編集

2009年末から、日本陸上競技連盟第1種競技場公認の維持を主な目的とした大規模な改修工事が検討されている。 具体的な計画としては、

  • 陸上トラックのウレタン舗装の更新
  • 写真判定装置の更新
  • 電光掲示板にコンピューターシステムを導入(2008年夏の落雷により故障中)

が挙げられ、加古川市は新年度一般会計予算案に整備費1億4400万円を計上した。[1]

2018年2月28日に迎える公認期限に合わせて、1種公認更新のため2017年11月6日から2018年3月30日の間、主競技場において改修工事が行われた。[2]

  • ウレタン舗装の更新(インフィールド、走高跳ピットを除く)

また、2018年9月3日から2019年4月30日※予定 において主競技場スタンド棟外壁等改修工事、補助競技場改修工事を行う。なお、工事期間中はイベント等は行えないが、トラックの個人利用はできる。

過去に開催された主な大会編集

他に中学生や小学生や高校生の地域大会なども開催されている。 また、中学生の兵庫県大会は当競技場で開催される。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集