メインメニューを開く

加古川青流戦

日本の将棋棋戦

加古川青流戦(かこがわせいりゅうせん)は、加古川市、加古川市ウェルネス協会主催で行われる将棋棋戦2011年創設。名称は一般公募より選考にて決定された[1]

加古川青流戦
棋戦の分類 一般棋戦
開催概要
開催時期 10月(決勝)
初回開催 2011年(第1期)
持ち時間 1時間(チェスクロック使用)
番勝負 三番勝負
優勝賞金 未公表
主催 加古川市
加古川市ウェルネス協会
公式サイト 加古川青流戦:日本将棋連盟
記録
現青流 池永天志(第9期)
テンプレートを表示

概要編集

日本将棋連盟所属の棋士四段・奨励会三段リーグ成績上位者、選考委員会で推薦選出する女流棋士2名、アマチュア3名(加古川青流戦アマチュア選抜大会の各ブロックの優勝者2名と兵庫県アマ名人[2][3])によるトーナメント戦で行われる。棋士に原則として26歳以下の年齢制限がある新人王戦と異なり、本棋戦では四段の棋士であれば何歳でも参加可能である。

2015年開催の第5期では、アマチュア選手の稲葉聡が、日本将棋連盟のプロ公式戦において初となる、アマチュア選手の優勝を達成した。

方式編集

初戦から準決勝までは一番勝負、決勝は三番勝負。

持ち時間は各1時間(チェスクロック使用)で、使い切ると1手1分の秒読みとなる。

初戦は原則として四段対三段、四段対女流棋士、四段対アマチュアの対戦で行われる。

決勝は加古川市内の会場(加古川市立青少年女性センターや鶴林寺など。ただし第1期の第1局のみ関西将棋会館)で1日目を第1局、2日目を午前第2局・午後第3局のスケジュールで開催される。三番勝負が第2局で終了した場合は、第3局の予定時間は決勝進出者とファンとの交流会に充てられる。

歴代決勝結果編集

開催年は三番勝負が行われた年。○●は優勝者から見た勝敗、千は千日手段位、称号は対局当時のもの。

開催年 優勝者 勝敗 準優勝者
1 2011年 船江恒平 四段 ●○○ 宮本広志 三段
2 2012年 永瀬拓矢 五段[4] ○千○ 伊藤真吾 四段
3 2013年 佐々木勇気 四段 ○●○ 千田翔太 四段
4 2014年 石田直裕 四段 ○○ 藤森哲也 四段
5 2015年 稲葉聡 アマ ●○○ 増田康宏 四段
6 2016年 井出隼平 四段 ○●○ 石川優太 三段
7 2017年 西田拓也 四段 ●○○ 井出隼平 四段
8 2018年 大橋貴洸 四段 ○○ 梶浦宏孝 四段
9 2019年 池永天志 四段 千○●○ 服部慎一郎 三段
参加人数
合計 四段 三段 女流 アマ
1 44 20 20 2 2
2 44 18 22 2 2
3 44 17 22 2 3
4 44 18 21 2 3
5 44 16 23 2 3
6 40 18 16 2 4
7 40 17 18 2 3
8 40 15 20 2 3
9 40 17 18 2 3

脚注編集

  1. ^ 若手新人を表す『青』という漢字と加古川の清流を表す『流』。[1]
  2. ^ 第6期は前期に優勝した稲葉聡アマが4人目のアマチュアとして出場した。第6期 加古川青流戦”. 日本将棋連盟. 2017年10月23日閲覧。
  3. ^ 兵庫県アマ名人戦の優勝者は、全日本アマ名人戦の出場権と加古川青流戦の出場権を得られる。(神戸新聞囲碁・将棋
  4. ^ 第2期開幕当時は四段で、開催途中の4月24日竜王戦連続昇級により五段昇段。

外部リンク編集