メインメニューを開く

加子母村(かしもむら)は、岐阜県恵那郡にあった東濃ひのきの主産地として知られる。 2005年2月13日中津川市に編入され「中津川市加子母」となった。

加子母村
廃止日 2005年2月13日
廃止理由 編入合併
坂下町川上村加子母村付知町
福岡町蛭川村山口村中津川市
現在の自治体 中津川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
恵那郡
団体コード 21563-5
面積 114.16km2.
総人口 3,338
(2005年2月1日)
隣接自治体 下呂市付知町白川町東白川村
長野県 王滝村大桑村
村の木 ヒノキ
村の花 ササユリ
加子母村役場
所在地 508-0494
岐阜県恵那郡加子母村3519-2
外部リンク ようこそ 加子母 ホームページへ
座標 北緯35度42分54秒
東経137度22分16.1秒
廃止前の地図
 表示 ウィキプロジェクト
加子母の大杉
乙女渓谷のニノ谷の碧水湖(めんぱ淵)
道の駅加子母

目次

大字・字編集

  • 大字:無し
  • :東本谷、森の外、神田向、森、多谷、柳平、杉ケ平、山木戸、辻、横井、清水、郡上島、あはら、堂垣外、小松屋、岩屋、正外野、向、中筋、田尻、小立、谷向、梅の木、下島、起、神の木、辻屋、稲場、高屋、井上、上下島、高ぼた、寄木、鎌井野、炭焼渡、田の頭、下木戸、洞、中畑、野尻、吉本、牧戸、池の上、西、室谷、浅島、北垣外、起野、牧、西下毛屋、下毛屋、宮下、島、生湯、萬歳池、大沼、溝畑、山下、中屋、鳥洞、花の木、小和知野、石飛渡場、落田、平垣戸、池の森、起垣戸、籠藪、小島、差出、亀屋、宮下脇、起畑、長島、酒屋、白谷、小瀬、岩倉、尾岩、鍛冶屋田、田の上、井尻、櫻の木、下番田、竹の起、村上、小平、藤の木、松の木瀬、宮下、中下、神田、禰宜屋、宮脇、吉原、渡合、尾城、須母田、西股入、八幡、飯島、上垣、川向、古薙、井垣戸、五斗蒔、砂場、狐塚、福崎、諸田、枡田、堀田、中山、宮洞、中島、岩泉、桑名屋、岩田、薙野、栃本、木曾越、森泉、太田、角田、上の垣戸、上平、上たんぼ、正元、藤井、坂本、池田、米野、桑原、林垣戸、豊島、廣野、下中島、岩野、田口前、吉田、三澤、外谷、西の上、金本、板の木、尾山、野中、下吉本、吉金

地理編集

岐阜県の東部、長野県との県境に位置し、木曽川水系白川沿いにある山間の村。 村の北東部に連なる標高1,500mを超える阿寺山地と、西部に広がる東美濃高原に挟まれた南北に長い間地が村の中心であり、白川(通称・加子母川)が流れている。加子母川の流路を規定し阿寺山地を隆起させた活断層である阿寺断層が村の中心を通っている。

村域の94%を山林が占め、東濃ひのきの主産地として有名である。村の東部は国有林である。

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

経済編集

産業編集

主な産業は、農業畜産林業木工業など。農業は7月から10月にかけて収穫される夏秋トマト、飛騨牛の肥育では県内有数の産地でもある。また村内に豊富にある木材は昭和後期まで刷毛の柄の原料として使用され、加子母村の刷毛生産は全国供給量の7割にも達する時期があった。

村内で生産される質の良い東濃ひのきとして建築材などで使用されている。この東濃ひのきを活用した建築業が盛んであり、村内の建築業者が県外へ出張し建築する産直住宅が有名である。また村内の国有林にある神宮備林伊勢神宮式年遷宮に使用される木材を供給してきたことで有名である。世界遺産でもある国宝姫路城1956年(昭和31年)から8年間に渡って行われた解体修理の際にも、この国有林から切り出された心柱が使用された。

 神社 編集

  • 森白山神社
  • 牧水無神社
  • 渡合水無神社
  • 田屋春日神社
  • 宮下水無神社
  • 梅ノ木御嶽神社
  • 井上劔神社
  • 渡合若宮八幡神社
  • 宮洞多賀神社
  • 村上神明神社
  • 禰宜屋下郷神社
  • 吉金白山神社

教育編集

高等学校編集

恵那郡福岡町岐阜県立恵那北高等学校が設立されるまでは岐阜県立中津高等学校加子母分校があった。

中学校編集

  • 加子母村立加子母中学校(現:中津川市立加子母中学校)

小学校編集

  • 加子母村立加子母小学校(現:中津川市立加子母小学校)

交通編集

鉄道編集

  • 村内に鉄道路線なし

※国鉄下呂線中津川下呂)が計画されたが、輸送量が見込めないため工事は凍結されその後計画廃止された。

バス編集

道路編集

高速道路
  • 村内に高速道路はなし。
一般国道
主要地方道
  • 村内に主要地方道はなし。
一般県道

道の駅編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

その他編集

著名な出身者編集

  • 内木玉枝 - 明治時代の教育者
  • 内木和 - 明治時代の教育者。玉枝の弟

脚注編集

  1. ^ (現・下呂市御厩野)
  2. ^ 必要時に必要分を切る朝日新聞、ぐるり東海(4)【加子母通信】、2017年06月02日

関連項目編集

外部リンク編集