メインメニューを開く

生涯編集

黎明期に航空畑に入り海軍有数の飛行機通に編集

1893年11月8日に、熊本県八代郡松高村に生まれた。加来が生まれた8ヶ月後には日清戦争が勃発し、小学校高学年の頃には日露戦争も起きている。二つの対外戦争を挟んだこの時期、日本海軍の軍備も急速に強化された。また、加来の故郷・松高村は八代海に面した場所にあり、海との関わりも深く、彼が海軍兵学校への入学を志したのも、当時の世相や生まれ育った環境を考えれば自然な成り行きと言えるのである。熊本県立八代中学校を卒業後、1911年9月に海軍兵学校42期に入学する。18歳での入学はやや遅く受験では苦労したようで入学席次も入校時120名中98番である。しかし、卒業時には席次も117名中43番まで上がった。しかし、海軍での出世は、兵学校卒業時の席次が重視されるのである。外交官・加来美智雄は兄。八代中学2年に在学中、有明海練習艦隊が入港したのを見て感激したのが契機で海軍士官を志願したという。

艦橋から月を眺め俳句を詠む事を好んだ編集

海軍兵学校を1914年12月に卒業した後は艦隊勤務を経て1917年12月に海軍砲術学校普通科、1918年5月には海軍水雷学校普通科で学ぶが、同年12月に航空術学生となる。1926年11月に、海軍大学校甲種を卒業して同年12月に海軍少佐に任官された後の1927年12月には霞ヶ浦海軍航空隊教官、翌年12月には、海軍航空本部総務部部員兼艦政本部総務部第1課員となる。航空畑の士官として本格的にキャリアを身につけていくようになり、1938年12月に千代田艦長に就任し、艦上機の運用を実地で経験する。そして太平洋戦争の開戦が間近に迫った1941年9月には矢野志加三大佐にかわって飛龍の4代目艦長を拝命。飛龍は山口多聞少将が率いる第二航空戦隊に所属し、蒼龍と行動を共にした。ちなみに太平洋戦争開戦前後の時期、第二航空戦隊の旗艦は蒼龍で飛龍は2番艦であった。飛龍と加来は新設された世界初の空母機動部隊である第一航空艦隊の一翼を担い、この頃にはすでに真珠湾攻撃を想定した訓練に明け暮れていた。山口は搭乗員に猛訓練を強いて「人殺し多聞丸」と搭乗員から呼ばれていた。地味な印象の加来とは好対照であるが、なぜかこの苛烈な猛将とは馬が合ったようである。加来は山口の指揮のもとに太平洋戦争の緒戦を戦い、飛龍は華々しい戦果を上げ続けるに至りミッドウェー海戦前には第二航空戦隊旗艦が蒼龍から飛龍に移された。旗艦が移された理由は明らかではないが加来から山口に「飛龍の乗組員が寂しがるからたまには飛龍を旗艦にしてくれ」と言ったという話もある。こうして迎えたミッドウェー海戦でも飛龍は3空母(赤城加賀・蒼龍)が次々に被弾・炎上する中で生き残り、アメリカ軍空母ヨークタウンを戦闘不能に陥らせたが、飛龍は、艦載機を使い果たし、アメリカ軍艦載機から急降下爆撃を受け、飛行甲板に4発の爆弾が直撃して大破炎上する。機関出力も低下して、遂に飛龍の最期を悟り6月6日午前0時15分、総員退艦を命じる。そして、加来は司令官の山口と共に退艦を拒否して艦と運命を共にしたのであった。享年48歳。この様子は北蓮蔵の戦争画「提督の最後」にも描かれており有名である。

つはものの 疲れ犒(ねぎら)ふ 月夜哉

とは、加来が作した俳句である。艦橋から夜空を眺めるのが好きだったという彼は、戦の中でも月を題材に数多くの句を詠んでいる。飛龍は巻雲による雷撃処分を受けたが、直ぐには沈没せずに翌朝にも洋上に浮かんでいたことが偵察機により確認されている。あるいは、最期の瞬間まで加来は艦橋で月を眺めながら風流に俳句を詠んでいたのかもしれない。[1]

年譜編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊 栄光の日本海軍 パーフェクトガイド No.19 27Pー28P

参考文献編集

関連項目編集