加森観光

札幌市中央区にある企業

加森観光株式会社(かもりかんこう)は、札幌市中央区にある企業である。

加森観光株式会社
KAMORI KANKO CO.,LTD.
本社がある加森ビル3(2018年)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
060-0004
北海道札幌市中央区北4条西4丁目1
加森ビル3
設立 1981年9月1日
業種 サービス業
法人番号 2430001004087 ウィキデータを編集
事業内容 旅客運輸業務、観光施設・ホテルの経営、スポーツ施設の経営、飲食店・売店・娯楽施設の経営、不動産の開発・賃貸に関する業務
代表者 代表取締役社長 加森久丈
資本金 1億円
主要子会社 加森観光本社
北海道マリンパーク
関係する人物 加森勝雄(創業者)
加森公人(元代表取締役社長)
外部リンク https://kamori.co.jp
テンプレートを表示

概要

編集

1981年(昭和56年)設立。前身は加森勝雄登別温泉において第三セクターによる「登別温泉ケーブル」を建設し、ロープウェイの山頂に「のぼりべつクマ牧場」を造成したことに始まる[1][2]。しかし登別温泉ケーブル周辺は国有地だったため資産性に乏しかったことから札幌でのビル経営も行う中で、ロープウェイ経営のノウハウを生かしたスキー場経営を構想する[3]

その後、冬場の収入源を確保するために「加森観光」を設立し、「大和ルスツスキー場」として営業していた施設を買収[1][4]。入園料を支払えば遊園地内の乗り物や遊具が無料になる「入園料方式」を遊園地業界で初めて取り入れるなど[2]、スキー場と宿泊施設のみであったルスツを通年型リゾートへと拡大していった[1]。 1997年(平成9年)以降は経営破綻した施設を買収することにより事業拡大を図り、総合的なリゾート・観光施設事業を展開している[5]

ルスツリゾートにおけるヘルスツーリズムへの取組みが評価され、2009年(平成21年)に『第2回ヘルスツーリズム大賞』を受賞している[6][7]札幌国際大学と連携協定を結んでしているほか[8]千葉商科大学サービス創造学部の「公式サポーター企業」になっている[9]

2008年以降は保有している施設の閉鎖および譲渡が相次いでいる。

沿革

編集
前史
  • 1953年(昭和28年):加森勝雄が「加森産業」を設立、札幌での貸しビル業を行う。
  • 1956年(昭和31年):第三セクター方式でロープウェイ「登別温泉ケーブル」を設立し観光業に進出。
  • 1957年(昭和32年):登別温泉ケーブル開業。
  • 1958年(昭和33年):登別温泉ケーブルの付属施設として「のぼりべつクマ牧場」を開業。
  • 1972年(昭和47年):登別温泉ケーブルが札幌市の料亭「川甚」を買収[10]
加森観光

グループ施設

編集

その他

編集
  • 本社のある「加森ビル3」は1955年に竣工[82]、当初北海道庁の別館として建てられ北海道労働金庫[82]自治労会館に用いられたビルを買収して[83]、1985年から使用している[84]。札幌市内の商業ビルでは最古級となっているが、「古くても使える物は徹底的に使い、お金は観光施設にかける」といった方針のもと使用を続けている[82]

不祥事

編集

脚注

編集
  1. ^ a b c 加森公人”. 観光カリスマ一覧. 観光庁. 2016年11月23日閲覧。
  2. ^ a b “【札幌支社長インタビュー】 (12) 加森観光・加森公人社長”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2011年3月10日). https://web.archive.org/web/20110313113855/https://www.tokachi.co.jp/feature/201103/20110310-0008278.php 2016年11月23日閲覧。 
  3. ^ このまちのあの企業、あの製品 札幌市 ルスツやサホロ、北海道の観光を支える大企業。加森観光グループ - くらしごと(北海道アルバイト情報社)
  4. ^ a b c d 河西邦人. “ルスツリゾートスキー場”. New Directions of All Around Management. 2016年11月23日閲覧。
  5. ^ 認定事業再構築計画の内容の公表” (PDF). 国土交通省. 2016年11月23日閲覧。
  6. ^ 第9回ヘルスツーリズム大賞(組織・団体部門)”. 日本ヘルスツーリズム振興機構. 2016年11月24日閲覧。
  7. ^ ヘルスツーリズム大賞、北海道のルスツリゾート健康村が受賞”. トラベルビジョン (2009年11月26日). 2016年11月24日閲覧。
  8. ^ 札幌国際大学広報紙「創風」” (PDF). 札幌国際大学 (2010年). 2016年11月25日閲覧。
  9. ^ 公式サポーター企業”. 千葉商科大学. 2016年11月25日閲覧。
  10. ^ ごんどら 川甚が身売り - 北海道新聞1972年9月14日朝刊札幌市内版
  11. ^ あの一大テーマパークがまさかの閉園…謎多き運営会社、閉園理由めぐる憶測 - Business Journal
  12. ^ ゲームマシン第217号 (PDF) (アミューズメント通信社)
  13. ^ wakasatakeshiのツイート(1348965637964533763)若狭たけし
  14. ^ 札幌・手稲にまたまた遊園地「ザ・おもしろランド」プールに隣接、29日開業 - 北海道新聞1983年4月26日朝刊札幌市内版
  15. ^ ジャンボプール跡地で計画浮上「旭川ホースランド」 - 北海道経済 2014年3月24日
  16. ^ でっかいぞプール公園旭川・神居にオープン全道最大 北海道新聞1984年7月14日夕刊
  17. ^ ニセコひらふの歴史:昭和62年〜昭和63年”. ニセコひらふ修学旅行協会. 2016年11月24日閲覧。
  18. ^ 豪最大のコアラ公園買収 加森観光”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1988年2月4日). 2016年11月25日閲覧。
  19. ^ 加森観光が全米第2のスキー場を買収、コロラド州で通年リゾート目指す”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1989年6月29日). 2016年11月25日閲覧。
  20. ^ 道内企業、海外進出にようやく加速—製造業の拠点づくり、不動産投資が主目的。総数102件、91年以降極東へラッシュか”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1990年11月22日). 2016年11月25日閲覧。
  21. ^ 北海道の加森観光 米のスキー場2つ目を買収-朝日新聞1990年11月3日朝刊11面
  22. ^ a b 観光・外食2 加森観光社長加森公人さん - トップの決断北の経営者たち(北海道新聞 2012年)132-135頁
  23. ^ 加森観光が発表、仏スキー場共同経営。 - 日本経済新聞北海道版1991年1月22日
  24. ^ Japanese buy Sabal Point club - Tanpa Bay Times
  25. ^ Heavenly ski resort sale finalized - Las Vegas Sun 1997年11月13日
  26. ^ ASC HOLDINGS ADDS TO ITS SKI RESORT BUSINESSES - ニューヨーク・タイムズ 1997年8月2日
  27. ^ 加森公人加森観光社長 米国スキーリゾートを350億で売却 - 財界さっぽろ1997年9月号(財界さっぽろ)174-175頁
  28. ^ 長銀崩壊どうなる加森観光 - 財界さっぽろ1998年8月号
  29. ^ a b 河西邦人. “File NO.203 アルファリゾート・トマムスキー場”. New Directions of All Around Management. 2016年11月23日閲覧。
  30. ^ クラフトビール「薄野(すすきの)地麦酒」 職人とファンを結ぶ信頼の絆 - 産経新聞
  31. ^ Frédéric Tain, Sport. Un marché en or, distribution et industrie du sport et des loisirs, analyse, statistiques, tendances, Carnot,‎ , 159 p. (ISBN 978-2-912362-24-7, lire en ligne), p. 17.
  32. ^ 北海道ゴルフ会員権ニュース 2000年”. ベストゴルフ. 2016年11月25日閲覧。
  33. ^ “登別市と加森観光が記者会見し、北海道マリンパークの再建策を示す”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2001年1月24日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2001/200101/20010124.txt 2016年11月24日閲覧。 
  34. ^ “登別マリンパーク開園20周年、入園者750万人達成”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2010年5月16日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2010/05/16/20100516m_05.html 2016年11月24日閲覧。 
  35. ^ 平成13年 第5回 新得町議会会議録” (PDF). 新得町. p. 6 (2001年11月30日). 2016年11月18日閲覧。
  36. ^ 平成の30年間旭川の出来事ランキング - こうほう旭川市民あさひばし2019年3月号(旭川市役所)
  37. ^ 旭川ジャンボプール本年度の営業を休止 -北海道新聞2002年6月24日夕刊
  38. ^ 会社案内 - ルスツリゾート(Internet Archive 2008年6月12日キャッシュ)
  39. ^ “オリックスが買収で合意/別府温泉の杉乃井ホテル”. 四国新聞 (四国新聞社). (2002年4月26日). https://www.shikoku-np.co.jp/national/economy/20020426000504 2016年11月24日閲覧。 
  40. ^ 横津岳国際スキー場とゴルフ場、加森観光によって営業再開の可能性 関係者「売買の詰め残っており未調印ながら、基本的合意」”. 函館電子新聞. 2016年11月24日閲覧。
  41. ^ 山口巌 (2004). レジャー業界レポート (PDF) (Report). 立地評価研究所. 2016年11月24日閲覧
  42. ^ 中山峠の観光施設*加森観光と契約*25日再開、来季ホテルも”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年4月8日). 2016年11月25日閲覧。
  43. ^ 早くもパウダースノー 中山峠スキー場で初滑り』北海道新聞社、2010年11月1日、該当時間: 1:00http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=fuubutu&v=6552352420012016年11月24日閲覧 
  44. ^ 株式会社岩手ホテルアンドリゾートの株式譲渡に関するお知らせ』(プレスリリース)リクルート、2003年1月31日http://www.recruit.jp/news_data/release/2003/0131_1850.html2016年11月25日閲覧 
  45. ^ 流通・通” (PDF). 産業情報いわて. いわて産業振興センター (2003年). 2016年11月24日閲覧。
  46. ^ オークラ、5月中旬を目途に「ホテルオークラ札幌」を運営”. トラベルビジョン (2003年2月4日). 2016年12月8日閲覧。
  47. ^ 支笏湖歴史年表” (PDF). 支笏湖ビジターセンター. p. 20 (2015年). 2016年11月25日閲覧。
  48. ^ 『観光カリスマ百選』選定結果について(第5回委員会の結果)”. 国土交通省 (2004年2月2日). 2016年11月25日閲覧。
  49. ^ “天然豊浦温泉しおさい、来館者が100万人突破”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2004年9月29日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2004/200409/040929.htm 2016年11月24日閲覧。 
  50. ^ “栗林商船が加森観光にニセコグランドホテルを売却”. 内航海運新聞 (内航海運新聞社). (2005年1月24日). http://www.naikou.co.jp/topics/2005-01-24.htm 2016年11月24日閲覧。 
  51. ^ 中島恵 (2012). 新日鉄の非関連多角化におけるテーマパーク事業参入 —北九州ルネッサンス中核事業としての八幡地区活性化— (PDF) (Report). 大阪観光大学紀要第12号. 大阪観光大学. 2016年11月24日閲覧
  52. ^ 地元で困惑の声…西武の七飯スキー場売却で”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2006年6月16日). 2016年11月24日閲覧。
  53. ^ 国内初の「ベア・マウンテン」開園!”. 北海道ファンマガジン (2006年5月1日). 2016年11月22日閲覧。
  54. ^ “カルルススキー場運営・管理は加森観光に委託”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2006年8月23日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2006/200608/060823.htm 2016年11月24日閲覧。 
  55. ^ (株)ヒム”. 東京商工リサーチ (2006年9月5日). 2016年11月24日閲覧。
  56. ^ オリカゴルフ倶楽部・オリカゴルフ&リゾート経営の(株)ヒムが民事再生法を申請”. 椿ゴルフ. 2016年11月24日閲覧。
  57. ^ 石炭博物館指定管理申請”. 炭鉱の記憶推進事業団. 2016年11月24日閲覧。
  58. ^ 石炭博物館のあり方検討委員会報告書” (PDF). 石炭博物館のあり方検討委員会 (2010年). 2016年11月24日閲覧。
  59. ^ 加森観光*伊豆の4施設取得*5月*動物園や遊覧船事業”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年3月7日). 2016年11月25日閲覧。
  60. ^ 稲取ゴルフクラブ(伊豆急不動産系・静岡県)を加森観光(株)に売却”. 椿ゴルフ. 2016年11月24日閲覧。
  61. ^ 六花亭ベアーズの新たなスポンサーに加森観光”. 北海道観光研究所・北杜の窓 (2007年6月8日). 2016年11月24日閲覧。
  62. ^ 国際メディアセンター(IMC)”. 北海道洞爺湖サミット. 外務省. 2016年3月3日閲覧。
  63. ^ 久光英春. 官庁施設における3Rの取り組みについて —北海道洞爺湖サミット国際メディアセンター 整備事業の事例報告— (PDF) (Report). 平成21年度国土交通省国土技術研究会. 国土交通省. 2016年3月3日閲覧
  64. ^ 杉乃井リゾートの全株式を取得 〜オリックス不動産による直営体制へ移行〜』(プレスリリース)オリックス不動産、2008年8月11日https://www.orix.co.jp/grp/pdf/news/080811_RealJ.pdf2016年11月24日閲覧 
  65. ^ 加森観光*夕張3施設の管理返上*老朽化で維持費重荷”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2008年10月4日). 2016年11月25日閲覧。
  66. ^ 「よこつゴルフ」売却 加森観光が運営撤退”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2009年1月28日). 2016年11月24日閲覧。
  67. ^ “豊浦町が天然豊浦温泉しおさいの指定管理者募集を開始”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2009年2月3日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2009/02/03/20090203m_07.html 2016年11月24日閲覧。 
  68. ^ 蛯谷敏 (2010年9月16日). “北海道リゾート、大家は中国人”. 日経ビジネス. 日経BP. 2016年11月24日閲覧。
  69. ^ 札幌の屋外遊園地はなくなるのか…”. 北海道ファンマガジン (2010年9月11日). 2016年11月24日閲覧。
  70. ^ “加森観光、王滝村のスキー場運営から撤退へ 入場者減で”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年6月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFB02030_S1A600C1L31000/ 2016年11月24日閲覧。 
  71. ^ 羊肉の生産、加工強化 出荷頭数6割増へ 国内需要堅調ルスツファーム - 北海道新聞2021年5月6日
  72. ^ 北海道のルスツリゾートに「ひつじひろば」が誕生!限定カフェメニューも - 地球の歩き方WEB
  73. ^ “(2) スマイルジャパンの守護神”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2013年6月6日). http://www.tomamin.co.jp/kikaku_/13/whockey/whockey130606.html 2016年11月24日閲覧。 
  74. ^ “加森観光、福島県のスキー場 全株売却 取得側は営業継続”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年11月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFC2000O_Q2A121C1L41000/ 2016年11月25日閲覧。 
  75. ^ 【売買】札幌の大型ホテルを取得、フォートレス”. 日経不動産マーケット情報. 日経BP (2015年2月12日). 2016年11月25日閲覧。
  76. ^ 石炭博物館 指定管理を返上*加森観光*改修中の営業困難*来年度は市直営を検討”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2015年11月25日). 2016年11月25日閲覧。
  77. ^ 「APPI高原スキーリゾート」取得・運営のお知らせ』(PDF)(プレスリリース)アジアゲートホールディングス、2016年6月23日http://asiagateholdings.jp/wp-content/uploads//ir2016pdf/20160623162835785s_15.pdf2016年11月25日閲覧 
  78. ^ アジア系投資会社が加森観光傘下のホテル・スキー場運営会社を買収、岩手安比エリアや盛岡にインバウンド送客へ”. トラベルボイス (2016年6月23日). 2016年11月25日閲覧。
  79. ^ 冬季アジア札幌大会オフィシャルスポンサーに「加森観光」「札幌ばんけい」 2017年2月開催”. リアルエコノミー (2016年8月27日). 2016年11月29日閲覧。
  80. ^ 加森、ヘリスキー開始 - 北海道新聞2017年12月1日朝刊
  81. ^ https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ16I76_W6A211C1TI5000/
  82. ^ a b c 【レトロ建物グラフィティー】加森ビル3 - 朝日新聞デジタル2019年3月23日
  83. ^ IR誘致で在宅起訴された加森観光・加森公人会長の素顔 - 北海道リアルエコノミー
  84. ^ トップの部屋 加森観光(札幌)加森公人社長 70 - 北海道新聞2014年5月1日朝刊
  85. ^ IR汚職で会長在宅起訴 加森観光「重く受け止める」”. 日本経済新聞 (2020年1月14日). 2020年9月28日閲覧。
  86. ^ 「加森観光」前会長に有罪判決 IR汚職、贈賄側”. 産経新聞 (2020年9月25日). 2024年6月27日閲覧。

外部リンク

編集