メインメニューを開く

加納 久周(かのう ひさのり)は、江戸時代後期の大名伊勢八田藩第3代藩主。上総一宮藩加納家3代。伏見奉行などを務めた。

 
加納久周
時代 江戸時代後期
生誕 宝暦元年(1751年
死没 文化8年6月2日1811年7月21日
改名 久弥(幼名)、久周
官位 従五位下備中国守、遠江
幕府 江戸幕府 大番頭側衆若年寄並、
伏見奉行
伊勢国八田藩
氏族 大岡氏加納氏
父母 父:大岡忠光、養父:加納久堅
兄弟 大岡忠喜久周巨勢至方
長君(牧野忠寛室)、女子(横田以松室)
正室:加納久堅の養女、松平信礼の娘)
久慎有馬久保大岡忠正
本多忠和(四男)、大岡忠固
娘(松平信順継室)、娘(稲葉正武継室)

目次

経歴編集

宝暦元年(1751年)、上総勝浦藩藩主・大岡忠光の次男として生まれる。幼名は久弥と称した。

明和9年(1772年伊勢八田藩第2代藩主・加納久堅の実子・久致が夭折したため、久堅の養女(松平信礼の娘)を娶り、久堅の養子として迎えられて加納久周と名乗る。同年、第10代将軍徳川家治に拝謁し、従五位下備中守に叙任された。

天明6年(1786年)、養父・久堅が死去したため、家督を相続し、第3代藩主となる。陸奥白河藩主松平定信の信任が厚く、翌年に定信が老中首座となると、側衆となって定信を補佐して寛政の改革の推進に貢献した。

同年、大番頭を兼務し、遠江守に転任となり、寛政5年(1793年)、若年寄並に異動となる。3年後の寛政8年(1796年)、改革の功により、上野国新田郡佐位郡の両郡に3000石を加増され、石高は1万3000石を知行した。

翌、寛政9年(1797年)、若年寄並を辞す。寛政12年12月28日1800年)、伏見奉行に就任。文化4年(1807年)、伏見奉行を辞す。翌、文化5年(1808年)、嫡男の久慎に家督を譲り、隠居した。その3年後、文化8年(1811年)に死去。享年59。

年表編集

脚注編集

  1. ^ 着工年代については諸説ある。洞庭湖 (千葉県)の項を参照。

関連項目編集