加納 久武(かのう ひさたけ)は、江戸時代中期の人物。伊勢国八田藩主・加納久通の長男。正室は本多助芳の娘。通称は求馬。

 
加納 久武
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年(1705年
死没 寛延4年4月11日1751年5月6日
別名 求馬
幕府 江戸幕府
氏族 加納氏
父母 父:加納久通
兄弟 久武久英
正室:本多助芳の娘
テンプレートを表示

生涯編集

宝永2年(1705年)、加納久通の長男として誕生。

享保11年(1726年)、江戸幕府第8代将軍徳川吉宗に初御目見する。

ところが元文4年(1739年)に廃嫡され、代わって一族の加納政信の子である久堅が久通の養子に迎えられた。

寛延4年(1751年)、死去。享年47。