メインメニューを開く

加納 典明(かのう てんめい、本名読み:かのう のりあき、1942年2月22日(77歳) - )は、日本の写真家愛知県名古屋市出身。血液型B型[1]。 本業の他、タレント俳優コメンテーター等として活動している。所属事務所は株式会社イシ。

目次

家族編集

父は、長野県木曾福島出身の図案家の加納豊明(かのう とよあき、1909年 - 1985年)。

2度の離婚歴があり、最初の結婚で長女、長男、次男をもうけている(長男と次男は双子)。2回目の結婚相手との間にも息子が1人いる。長男は映画監督加納周典(かのう ただのり、1972年 - )。次男はカメラマン加納典譲(かのう てんじょう、本名の読みは「のりまさ」、1972年 - )。

経歴編集

その他編集

田原総一朗が1971年に監督した邦画『あらかじめ失われた恋人たちよ』(助監督:尾中洋一)の製作中に動物虐待を行っている。本編で猫の死体が映るシーンがあるが、出演者の加納典明が子猫を実際に水に漬けて殺したものである[2]

受賞歴編集

日宣美賞、APA賞、朝日広告賞、毎日広告賞 等。

出演編集

交友関係編集

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集