加納実紀代

日本の女性史学者

加納 実紀代(かのう みきよ、1940年7月17日 - 2019年2月22日[1])は、日本の女性史研究家。

略歴編集

日本統治下の京城府(現ソウル特別市)生まれ。 陸軍軍人の父の転勤で国内へ戻り、1944年に広島市に移住する。1945年8月6日に原子爆弾に被爆し、父を亡くし、母の実家近くの香川県善通寺市で育つ。1963年京都大学文学部史学科卒。中央公論社勤務、1968年退社、研究者となる。女性史研究のパイオニアの一人として1985年度、山川菊栄賞を受賞[2]敬和学園大学特任教授を務めた。

2019年2月22日、すい臓がんの為死去。享年78。葬儀は本人の遺志により行われなかった。

著書編集

  • 『女たちの<銃後>』筑摩書房 1987 増補新版 インパクト出版会 1995
  • 『越えられなかった海峡 女性飛行士・朴敬元の生涯』時事通信社 1994
  • 『まだ「フェミニズム」がなかったころ 1970年代女を生きる』インパクト出版会 1994
  • 『天皇制とジェンダー』インパクト出版会 2002
  • 『ひろしま女性平和学試論 核とフェミニズム』家族社 2002
  • 『戦後史とジェンダー』インパクト出版会 2005
  • 『ヒロシマとフクシマのあいだ ジェンダーの視点から』インパクト出版会 2013
  • 『「銃後史」をあるく』インパクト出版会 2018

共編著編集

  • 『女性と天皇制』編. 思想の科学社 1979
  • 『平成天皇の基礎知識 大嘗祭で神になる データブック・オブ・アキヒト』 (天皇制論叢別冊)天野恵一共編. 社会評論社 1990
  • 『自我の彼方へ 近代を超えるフェミニズム』 (思想の海へ「解放と変革」)編著. 社会評論社 1990
  • 『反天皇制 「非国民」「大逆」「不逞」の思想』(思想の海へ「解放と変革」)天野恵一共編著. 社会評論社, 1990
  • 『天皇ヒロヒトの戦争責任・戦後責任』 (アジア民衆法廷ブックレット 連続<小法廷>の記録)山田朗共著, アジアに対する戦争責任を問う民衆法廷準備会編. 樹花舎 1995
  • 『コメンタール戦後50年 第5巻 性と家族』編 社会評論社 1995
  • 『写真・絵画集成日本の女たち 第3巻 国境を越えて』編 日本図書センター 1996
  • 『リブという〈革命〉 近代の闇をひらく』 (文学史を読みかえる)責任編集. インパクト出版会 2003
  • 『新編日本のフェミニズム』全10巻 天野正子伊藤公雄伊藤るり上野千鶴子井上輝子江原由美子共編 岩波書店 2009

脚注編集

  1. ^ 加納実紀代さん死去 78歳 女性史研究家 「銃後史ノート」”. 毎日新聞 (2019年2月23日). 2019年2月24日閲覧。
  2. ^ 『現代日本人名録』2002