加納 竜(かのう りゅう、1956年3月26日 - )は、日本俳優・元アイドル歌手広島県安佐郡安古市町(現:広島市安佐南区)出身[1]血液型はO型。所属事務所は、しまだプロダクション(2015年4月現在)。

かのう りゅう
加納 竜
本名 山地 弘之
(やまじ ひろゆき)
生年月日 (1956-03-26) 1956年3月26日(64歳)
出生地 日本の旗 日本広島県安佐郡安古市町
(現:広島市安佐南区
民族 日本人
血液型 O型
職業 俳優映画テレビドラマ舞台
歌手
活動期間 1975年 - 現
活動内容 1975年:歌手デビュー
1976年:俳優デビュー
配偶者 既婚
事務所 しまだプロダクション
公式サイト しまだプロダクションによるプロフィール
テンプレートを表示

人物編集

広島県立可部高等学校在学中にテレビに出たことがきっかけで、1974年に高校卒業後すぐ上京、翌年夏に歌手としてデビュー。

松竹映画愛と誠・完結編』に主演し、主題歌もヒットするが、その後は俳優として活躍する。

1976年団時朗草刈正雄に次ぐ、資生堂の男性化粧品MG5の三代目キャラクターに選出されCMなどに出演したことでも有名。

ボウリングが得意で、若い頃はプロボウラーテストを受験したこともある。

2006年8月、全国11箇所で再演された舞台『IMAGINE 9.11』に出演、以後毎年上演される同公演に出演。

かつてはアクターズプロモーションに所属していた。

2016年11月4日『爆報!THE フライデー』によると、2015年12月、32歳年下のダンサーと再婚し、2016年9月10日に第一子となる女児が誕生したとのこと。前妻との離婚の際に前妻に全財産を渡したため貯金もなく、結婚後は友希さんの祖母の自宅に居候していると当時報じられた[2]

現在は「スタジオカリブ」の校長・講師としても活動している。

エピソード編集

  • 広島県出身ということもあり、広島東洋カープのファンである。高校生の頃の夢は将来はアナウンサーとなり、カープを讃え、巨人をやっつけることだっだと、『西部警察』出演時に紙面のインタビューで語っていた[要出典]
  • 『西部警察』出演時の役柄の通称は、自身の芸名と同じ響きの「リュウ」であった。降板し後任の峰竜太とは、リュウつながりであった。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

Vシネマ編集

  • 彼女2(1990年、アスミック) - 田沼
  • コードネーム348 女刑事サシバ(1990年、松竹) - 片桐
  • 大予言/復活の巨神(1992年、バンダイビジュアル) - 堂本英樹/王子ジーク
  • 雀鬼4 麻雀代理戦争(1994年、竹書房
    • 雀鬼5 完結篇 ひとりだけの引退試合(1995年 竹書房)
  • 雀鬼 外伝 東海道麻雀無宿(1996年 竹書房、監修:桜井章一) - 主演・桜井章一
  • 難波金融伝・ミナミの帝王14 アリバイ証明の罠(2000年、ケイエスエス
  • 麻雀飛龍伝説 天牌(2001年、ケイエスエス) - 入星祥吾
    • 麻雀飛龍伝説 天牌2(2002年、ケイエスエス)
  • 実録・山陽道やくざ戦争 覇道 完結編(2003年、GPミュージアム) - 共政会 山田久
  • 野獣(クーガ)の城 女囚1316 (2004年、GPミュージアム) - 特殊工作員養成所 所長 サカモト
  • 首領への道24 (2005年、GPミュージアム) - 白虎会組員 浜中正治
  • 誇り高き野望 1、2、4話(2005年、アネック) - 堂本組若頭 東条光輝
  • 首領がゆく シリーズ(2006年) - 角田義男
    • 首領がゆく1,2(2006年) - 浅草川一家若頭
    • 首領がゆく3(2006年) - 浅草川一家五代目総長
  • ゾク議員 第二部(2007年) - 市議会議長 橋本誠司
  • 大阪やくざ戦争 誤爆の代償(2007年、GPミュージアム) - 山賀組系坂戸組組長
  • 実録・絶縁状(2007年、GPミュージアム) - 権藤組舎弟頭 浅見史郎
  • 極道の紋章 第参章(2007年、GPミュージアム) - 旭西会若頭柳田組組長 柳田恭介
  • 新・首領への道3(2008年、GPミュージアム)
    • 新・首領への道4(2009年、GPミュージアム)
    • 新・首領への道5(2009年、GPミュージアム)
    • 新・首領への道6(2009年、GPミュージアム)
  • 白竜6 仁義の火群(2008年、GPミュージアム) - 南州組若頭 広井
    • 白竜10 白竜VS黒竜(2010年年、GPミュージアム)
  • ビジネスマン必勝講座 ヤクザに学ぶカリスマ性(2008年)実例3「A組長の人心掌握術」 - A組長
  • 稲穂の無頼(2009年、GPミュージアム)全2作 - 蒼龍組松田一家総長 松田英明
  • 千年の松 完結篇(2009年、GPミュージアム) - 松葉会会長 菊池徳勝
  • 九州激動の1520日 新・誠への道(2009年、GPミュージアム)
  • 兄弟の墓場(2010年、GPミュージアム) - 山路組十和田一家若頭補佐 天吉組総長 天野光吉
    • 兄弟の墓場 完結編(2010年、GPミュージアム) - 山路組十和田一家三代目総長 初代天吉組総長 天野光吉
  • 実録・大阪・ミナミの顔(2010年、GPミュージアム) - 鮫島組組長 鮫島巌夫
  • 3(2010年、GPミュージアム)
    • 鳳4(2010年、GPミュージアム)
  • 裏盃の軍団(2010年、GPミュージアム) - 大門組組長 大門晴信
  • 新・日本暴力地帯(2010年、GPミュージアム) - 矢野組組長 矢野徳市
  • 不動(2011年、GPミュージアム)
  • 実録・若頭 完結編(2011年、GPミュージアム) - 三代目山神組 組長代行 谷広組組長 谷本広志
  • バウンティハンター(2011年、GPミュージアム) - 東京BAIL BONDS社長
  • 天獄の島(2011年、GPミュージアム)
    • 天獄の島 2(2011年、GPミュージアム)
  • 極秘潜入捜査官 D.D.T. 2(2011年、GPミュージアム)
  • 新・野望の軍団 第二部(2011年、GPミュージアム) - 仁王会会長
  • 修羅の覇道(2011年、GPミュージアム) - 五代目眞皇会会長補佐 鎌倉一家七代目総長 藤堂政光
  • リベンジ〜血の報復〜(2011年、GPミュージアム)
  • 跡目奪還(2011年、オールインエンタテインメント) - 神園一家矢車組組長 矢車
  • 極道忠臣蔵(2011年、オールインエンタテインメント)
  • 首領の道(2011年、オールインエンタテインメント)
  • 彷徨う侠たち(2012年、オールインエンタテインメント)
  • 仁義の戦い(2012年、オールインエンタテインメント)
  • 激動の疵(2012年、オールインエンタテインメント)
  • 彷徨う侠たち(2012年) - 侠雄連合幹事長 山波
  • 伝説になった男たち(2012年、オールインエンタテインメント)
  • 赤と鉄〜再生倶楽部(RE-BORN CLUB)〜(2013年、オールインエンタテインメント)
  • チンピラ2(2013年、オールインエンタテインメント)
  • 極道の紋章 外伝(2014年、オールインエンタテインメント)
  • 三代目代行(2014年、オールインエンタテインメント) - 関東黒鉄連合若頭補佐筆頭 竹脇組組長 竹脇健児
  • 新・極道の紋章(2014年、オールインエンタテインメント)
  • 制覇9(2017年、オールインエンタテインメント)
    • 制覇10(2017年、オールインエンタテインメント)
    • 制覇11(2017年、オールインエンタテインメント)
  • 極道 天下布武(2017年、オールインエンタテインメント) - 越後 上村組幹部 宇川定光
  • 極道黙示録(2017年、オールインエンタテインメント)
  • 極道の門(2018年、オールインエンタテインメント) - 築港 大浜組組長 大浜鶴吉
    • 極道の門 第一部(2018年)
    • 極道の門 第四部(2018年)
    • 極道の門 第五部(2018年)
    • 極道の門 第六部(2020年)
    • 極道の門 第七部(2020年)
  • 我王伝(2018年、オールインエンタテインメント) - 龍侠会会長 幸島忠宗
  • 日本統一30(2018年、オールインエンタテインメント) - 刑事
    • 日本統一31(2018年、オールインエンタテインメント)
    • 日本統一32(2018年、オールインエンタテインメント)

情報・バラエティー番組編集

舞台編集

  • レ・ミゼラブル(1997年) - ジャベール
  • チームIMAGINE特別公演 らめらめ(2010年5月18日 - 23日、八幡山ワーサルシアター)

音楽作品編集

シングルレコード編集

  • エロスの海 / 夏草(1975年6月21日)- CBSソニー
  • 愛を探して/星がみていた(1975年11月1日)
  • 風の中の純情 / さすらい(1976年4月21日)
  • 愛と誠/白い馬の騎士(ナイト)(1976年10月21日)
  • 異国へ逃げたい / 純清まがり角(1977年3月1日)
  • 君のかおりに酔わされて/私のたからもの(1978年6月21日)

LPレコード編集

  • 「加納竜・ファースト」(1978年4月21日)

脚注編集

  1. ^ 嬉一夫『あの時この歌 戦後日本歌謡史』渓水社、1983年、212頁。
  2. ^ 加納竜 60歳でパパに…32歳年下妻との間に9月に女児が誕生 デイリースポーツ 2016.11.04(2020年2月23日閲覧)

外部リンク編集