メインメニューを開く

加能 作次郎(かのう さくじろう、1885年明治18年〉1月10日 - 1941年昭和16年〉8月5日)は、日本小説家評論家翻訳家石川県羽咋郡西海村風戸(現・志賀町西海風戸〈さいかい ふと〉)[1]出身。

加能 作次郎
誕生 1885年(明治18年)1月10日
石川県羽咋郡西海村風戸
(現・石川県羽咋郡志賀町西海風戸)
死没 (1941-08-05) 1941年8月5日(56歳没)
東京府東京市牛込区薬王寺町
(現・東京都新宿区市谷薬王寺町
墓地 石川県羽咋郡志賀町富来風無 萬福寺
職業 小説家評論家翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学文学部
活動期間 1910 - 1941年
ジャンル 小説、評論、翻訳
デビュー作 『恭三の父』
配偶者 島田房野
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

人物編集

少年時代、京都伯父に預けられて育てられた作次郎は、早稲田大学文学部英文科を卒業した後、博文館に入社し、『文章世界』の主筆として翻訳文芸時評を発表する。1918年大正7年)に私小説「世の中へ」で認められ、著作家として活躍する。1940年(昭和15年)、「乳の匂ひ」を発表するも、1941年(昭和16年)、クループ性急性肺炎のために享年57・56歳で死去した。

広津和郎は作次郎を評して、「少年のみずみずしい感情をいつまでも持ち続けていた」と表現している[2]。長らく忘れられた著作家であったが、荒川洋治講談社文芸文庫で『世の中へ・乳の匂ひ』を編集して以来、再評価されつつある。

年表編集

※年齢を数え年で記している資料も多く、それらは満年齢に換算した上で記載している。

生前編集

略歴編集

  • 1885年明治18年)1月10日 :石川県羽咋郡西海村風戸に生まれる[1]
  • 1886年(明治19年)11月19日 :実母「はい」が死去[3]。その後、同年中に父は浅野ゆうと再婚する。
  • 1981年(明治24年) :西海尋常小学校に入学[3]
  • 1898年(明治31年)9月 :病気により、学校を退学し、京都の伯父の家に寄寓するも、下男のように使われる[3]。このとき13歳。
  • 1900年(明治33年) :伯父が死去[3]。その後、大阪へ出る[3]
  • 1903年(明治36年)
  • 月日不明 :父・浅次郎が病気のため、作次郎は帰郷する(あるいは、病気のために父・浅次郎が帰郷する)[1][4][3]
  • 11月 :検定試験に合格して準教員の免状を得、羽咋郡柳瀬尋常小学校(現・宝達志水町立樋川小学校の前身[5])の準教員として勤務し始める[1]。このとき18歳。
  • 4月 :「厄年」を『ホトトギス』に発表[3]。このとき26歳。
  • 7月 :早稲田大学を卒業し、早稲田大学出版部に入る。[3]

没後編集

  • 1941年(昭和16年)
  • 8月中 :牧野書店から「乳の匂ひ」刊行。
  • 11月 :櫻井書房から「世の中へ」刊行。
  • 1952年(昭和27年)8月 :生誕地・西海村風戸(現・志賀町西海風戸)に加能作次郎文学碑(石碑)が建立される[7]
  • 1957年(昭和32年) :志賀町が「加能作次郎顕彰作文コンクール」を実施し、以後、毎年の恒例となる。
  • 1985年(昭和60年) :志賀町にて生誕百年祭が開催され、記念事業の一つとして地元生徒を対象とする加能作次郎文学賞が生まれる[8]
  • 2007年平成19年)12月14日 :生誕地に近い志賀町富来領家町にて、作次郎をテーマとする「作次郎ふるさと記念館」が開館[1][7]

著書編集

  • 『霰の音』 新潮社、1919年(新進作家叢書)
  • 『世の中へ』 新潮社、1919年
  • 『寂しき路』 聚英閣、1920年
  • 『支那人の娘』 現代傑作選集、学芸書院、1920年
  • 『若き日』 新潮社、1920年
  • 『厄年』 博文館、1920年
  • 『小夜子』 新潮社、1921年
  • 『傷ける群』 新潮社、1921年
  • 『処女時代』 天佑社、1921年
  • 『恭三の父』 金星堂(金星堂名作叢書)、1922年
  • 『祖母』 金星堂(金星堂名作叢書)、1922年
  • 『微光』 愛文閣、1922年
  • 『これから』 近代名著文庫刊行会(近代名著文庫)、1923年
  • 『幸福へ』 新潮社、1923年
  • 『弱過ぎる 新潮社(短篇シリーズ)、1925年
  • 『このわた集 小品随筆』 大理書房、1941年
  • 『乳の匂ひ』 牧野書店、1941年
  • 『世の中へ』 櫻井書房、1941年
  • 『加能作次郎選集』 加能作次郎生誕百年祭実行委員会、1985年9月
  • 『寂しき路』復刻版、本の友社(まぼろし文学館)、1998年10月
  • 『加能作次郎集』 富来町立図書館、2004年11月
  • 『世の中へ・乳の匂い』荒川洋治編、講談社文芸文庫、講談社、2007年1月

翻訳編集

関連施設編集

  • 加能作次郎文学碑 :石川県羽咋郡志賀町西海風戸に所在。[7]
  • 作次郎ふるさと記念館 :石川県羽咋郡志賀町富来領家町甲の10番地に所在。[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 作次郎ふるさと記念館”. (公式ウェブサイト). 志賀町. 2012年11月24日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 広津和郎 『美しき作家』1941年8月(『現代日本文學全集』34、筑摩書房、1955年〈昭和30年〉9月5日、373-375頁)。なお、掲載に当たって旧字・旧仮名を新字・新仮名に変更。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 『現代日本文學全集』34 筑摩書房、1955年
  4. ^ 典拠の原文には「父浅次郎病気のため帰郷」とあり、浅次郎と作次郎のどちらが帰郷したのか判読できない。
  5. ^ 宝達志水町立樋川小学校”. (公式ウェブサイト). 宝達志水町立樋川小学校. 2012年11月25日閲覧。
  6. ^ a b 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)97頁
  7. ^ a b c 加能作次郎文学碑”. (公式ウェブサイト). 志賀町観光協会. 2012年11月25日閲覧。
  8. ^ 広報しか (PDF)”. (公式ウェブサイト). 志賀町. p. 13頁. 2012年11月25日閲覧。

参考文献編集

  • 『現代日本文學全集』34、筑摩書房、1955年(昭和30年)9月5日、418-420頁。

関連項目編集

外部リンク編集