加茂町 (徳島県名東郡)

日本の徳島県名東郡にあった町

加茂町(かもちょう)は、徳島県名東郡にあった1937年10月1日徳島市に編入された。

かもちょう
加茂町
廃止日 1937年10月1日
廃止理由 新設合併
加茂町徳島市
現在の自治体 徳島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 徳島県
名東郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
隣接自治体 新居村、徳島市、板野郡応神村
加茂町役場
所在地 徳島県名東郡加茂町
座標 北緯34度05分18秒 東経134度31分46秒 / 北緯34.08833度 東経134.52933度 / 34.08833; 134.52933 (加茂町)座標: 北緯34度05分18秒 東経134度31分46秒 / 北緯34.08833度 東経134.52933度 / 34.08833; 134.52933 (加茂町)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

ほぼ、現在の加茂地区全域と、渭北地区上助任町にあたる。ただし、合併後の1968年町割が全面的に変更されたため、現在の町と厳密な対応はつけられない。

吉野川デルタの一部である。おおよそ、北東を鮎喰川、北西を吉野川、東を新町川、南を田宮川で限られていたが、部分的に町境と川は一致していなかった。

河川編集

河川 解説
吉野川 地区内の川はすべて吉野川水系。町の北東縁を流れていた。
鮎喰川 吉野川の支流。町の北西縁を流れていた。
飯尾川 鮎喰川の支流。
新町川 吉野川の分流。町の東縁を流れていた。
田宮川 新町川の支流。町の南縁を流れていた。

大字編集

現在の町・地区との対応はおおよそである。

大字 町村制前の村 現在の町 現在の地区
上助任 上助任村 上助任町 渭北地区
田宮 田宮村 北田宮南田宮田宮町 加茂地区
矢三 矢三村 北矢三町南矢三町
今切 今切村 春日春日町

歴史編集

町名の由来編集

加茂村成立時に、平安時代にこの地にあったとされる加茂郷の名が取られた。ただし加茂郷の位置については異説も多く、近年の発掘調査からは、加茂名地区庄町周辺とする説が有力である。

年表編集

  • 1889年10月01日 - 町村制施行に伴い、名東郡上助任村・田宮村・矢三村・今切村が合併し、加茂村が誕生。
  • 1911年00月00日 - この年から1929年にかけての吉野川改修により、上助任村・田宮村・浜高房(現 春日町浜高房)の各一部が河川敷となり、住民が移住した。
  • 1933年04月01日 - 加茂村が加茂町に移行。
  • 1934年 - 境界変更により加茂町大字上助任の吉野川北岸部分を板野郡川内村に編入、編入した地区は川内村大字助任(現 川内町北原、川内町榎瀬の一部)となる。
  • 1937年10月01日 - 加茂町が徳島市に編入。

出身者編集

関連項目編集