メインメニューを開く

加藤 一夫(かとう かずお、1925年2月18日 - 2012年10月7日[1])は、日本の経済学者。専門はイギリスの経済・政治思想。

加藤 一夫
生誕 (1925-02-18) 1925年2月18日
日本の旗 日本 秋田県秋田市
死没 (2012-10-07) 2012年10月7日(87歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 秋田大学
静岡大学
研究分野 イギリス経済思想
母校 東京商科大学
テンプレートを表示

目次

生涯・人物編集

秋田市生まれ。秋田市商業学校(現・秋田市立秋田商業高等学校)卒業後、福島経済専門学校(現・福島大学)に進学、その後、1949年東京商科大学(現・一橋大学)卒業。秋田大学学芸学部助教授、1971年静岡大学教養部助教授、1972年教授、1977年教養部長、1982年学長、1987年定年退官名誉教授[2]、1991年「トマス・モアの社会経済思想」で東京経済大学経済学博士

甥は予備校講師の今井宏[1]。今井は「経済学者ではあるが、物静かな文学青年タイプの人で、著書にもその傾向が常につきまとった」と伯父・加藤のことを評している[1]

著書編集

翻訳編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Sun 120916 ボクは多様性を愛する 津田沼で講演会 伯父・加藤一夫、死去 - 今井宏の公式ブログ・風吹かば倒るの記内のページ。
  2. ^ 『現代日本人名録』