メインメニューを開く

加藤 倫教(かとう みちのり、1952年 - )は日本左翼運動家。元連合赤軍メンバー。

かとう みちのり
加藤 倫教
生誕 1952年
日本の旗 日本 愛知県刈谷市
出身校 東海高校

人物編集

愛知県刈谷市出身。東海高校在学中に長兄加藤能敬の影響で中京安保共闘に入った。卒業直後、爆発物所持で逮捕される。

山岳ベース事件で長兄が殺された時、弟と逃げだそうとしたが果たせず、連合赤軍メンバーと行動を共にする。1972年2月にあさま山荘での立て篭もり犯の一人となり、警察と9日間に渡る銃撃戦を行う(あさま山荘事件)。事件当時は未成年であったため、弟とともに実名は伏せられて「少年A」と報道された[1]1983年2月に懲役13年の刑が確定し、三重刑務所で服役。1987年1月、仮釈放

現在は実家の農業を継ぐかたわら、野生動物・自然環境保護の団体(日本野鳥の会愛知県支部、カキ礁研究会)に所属して活動しており、それらの団体で役員を務めている。

藤前干潟の埋め立て問題において埋め立てを阻止する活動に取り組み、2005年の愛知万博(愛・地球博)における海上の森開発問題において海上の森を伐採から守る活動をするなど、環境保護活動家としてかなり精力的に活動して、実績もある。また、現在は諸般の事情により活動が停滞しているが、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)名古屋(東京に本部がある熱帯林行動ネットワーク(JATAN)とは別組織であるが、連携関係はある)の代表も務める。

フジテレビの『開局55周年企画報道スクープSP激動!世紀の大事件~目撃者が明かす10の新証言~』(2014年3月21日放送)にてあさま山荘事件の犯人側の人物としてインタビューを受け当時の心情を明かしている。なお現在は自由民主党を支持し、自民党に入党しているという。転向の理由については補助金の陳情や業界団体の為に転向したとテレビ番組で語っている。[2]

著書編集

  • 『連合赤軍 少年A』 新潮社、2003年12月。ISBN 4-10-464901-5 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 金子喜三 「連合赤軍事件の報道と少年法――報道の主体性確立に一段の努力を――」、『國士舘大學政經論叢』第16号、1972年6月。 NAID 120005959460http://id.nii.ac.jp/1410/00008201/ 
  2. ^ BS朝日 ザ・ドキュメンタリーあさま山荘事件 立てこもり犯の告白 ~連合赤軍45年目の新証言~(2017年3月9日)