加藤光 (バレーボール)

加藤 光(かとう ひかり、女性、1997年8月26日 - )は日本バレーボール選手である[2]V・プレミアリーグ久光製薬スプリングスに所属している[1]

加藤 光
Hikari Kato
久光製薬スプリングス  No.25
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-08-26) 1997年8月26日(20歳)[1]
出身地 日本の旗 香川県坂出市[2]
ラテン文字 Hikari Kato
身長 179cm[2]
体重 74kg[2]
血液型 O型[1]
選手情報
所属 久光製薬スプリングス
愛称 ヒカリ[1]
ポジション WS[1]
指高 228cm[2]
利き手 [3]
スパイク 297cm[2]
ブロック 282cm[2]
テンプレートを表示

目次

来歴編集

香川県坂出市出身[2]。友人に誘われて小学2年次より地元のバレーボールクラブに入部してバレーボールを始めた[3][4]高松市立香川第一中学校在校時の2011年には、全日本中学校バレーボール選手権大会においてベスト8に食い込む活躍を見せた[4][5]

高校は全国最高レベルの東九州龍谷高等学校を選択した。練習を見学にいった加藤は「自分がもっとうまくなれる」と感じたという[4]。同校入学後は1年からレギュラーチーム入りし、平成25年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会では優勝を経験する。翌2014年1月の第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会では中心選手として活躍し、チームを準優勝に導いた[4][6]。2015年の第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会ではベスト4入りして優秀選手賞を獲得した[4][7][8]。また同年の全日本高校選抜チームでは主将をつとめた[4]

2015年12月、V・プレミアリーグ久光製薬スプリングスは加藤ら3選手の入団内定を発表した[9][4]。2017年1月8日の対岡山戦にリリーフサーバーとして登場しプレミアデビューを果たした[10]

同年5月にU-23代表に選出され[11]タイナコンラチャシマで開催された第2回アジアU-23女子バレーボール選手権に出場。決勝まで駒を進めた全日本は、ホームのタイに0-2のビハインドから大逆転勝利を掴んだ[12]

球歴編集

  • 全日本高校選抜 - 2015年
  • 全日本U-23代表 - 2017年
    • アジアU-23選手権 - 2017年(優勝)

所属チーム編集

受賞歴編集

個人成績編集

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[13]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2016/17 久光製薬 5 14 0 0 0.0% % 0 0.00 22 1 % 10.5% 0 0.0% 1

脚注編集

  1. ^ a b c d e オフィシャルデータ”. 久光製薬スプリングス. 2017年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 選手詳細”. Vリーグ機構. 2017年3月15日閲覧。
  3. ^ a b 「月刊バレーボール」2016年12月臨時増刊号 「バレーボールVリーグ観戦ガイドブック」65ページ
  4. ^ a b c d e f g 加藤が久光製薬入り/バレー女子プレミアリーグ”. 四国新聞. 2017年3月15日閲覧。
  5. ^ 平成23年度全国中学校体育大会 第41回全日本中学校バレーボール選手権大会 女子決勝トーナメント戦試合結果”. 2017年3月15日閲覧。
  6. ^ 日程・結果”. バボchannet. 2017年3月15日閲覧。
  7. ^ 日程・結果”. バボchannet. 2017年3月15日閲覧。
  8. ^ 「春の高校バレー」全日本高校選手権大会”東龍バレー3位””. 東九州龍谷高等学校. 2017年3月15日閲覧。
  9. ^ 2016年度入部内定選手・スタッフのお知らせ”. 久光製薬スプリングス. 2017年3月15日閲覧。
  10. ^ 試合結果速報”. Vリーグ機構. 2017年3月15日閲覧。
  11. ^ 全日本メンバー”. 日本バレーボール協会. 2017年5月22日閲覧。
  12. ^ タイに逆転勝利で初のアジア選手権制覇! 第2回アジアU-23女子選手権大会”. 日本バレーボール協会. 2017年5月22日閲覧。
  13. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2017年3月15日閲覧。