加藤千蔭

1735-1808, 江戸時代中期~後期の国学者、歌人、書家

加藤 千蔭(かとう ちかげ、享保20年3月9日1735年4月1日) - 文化5年9月2日1808年10月21日))は、江戸時代中期から後期にかけての国学者歌人書家加藤枝直。姓を橘氏とすることから、橘千蔭とも称する。通称又左衛門常世麿芳宜園など。

加藤 千蔭
加藤千蔭像(『國文学名家肖像集』より)
人物情報
別名 橘千蔭
生誕 享保20年3月9日 (1735-04-01) 1735年4月1日
日本の旗 日本
死没 文化5年9月2日 (1808-10-21) 1808年10月21日(73歳没))
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
両親 加藤枝直
学問
時代 江戸時代中期~後期
活動地域 江戸
学派 江戸派
研究分野 国学
主要な作品 『万葉集略解』
影響を
受けた人物
賀茂真淵
建部綾足
影響を
与えた人物
曲亭馬琴
清原雄風
大石千引
岡田真澄
窪田清音など
テンプレートを表示

概略 編集

歌人で江戸町奉行与力であった父・枝直[1]の後を継ぎ、町奉行組与力勤方見習から公務につき1763年宝暦13年)に町奉行吟味役となった[2]

1788年天明8年)病気を理由に町奉行与力を辞すが、寛政の改革によって田沼意次側用人在職中の勤務について譴責を受けて閉門を命じされた[2]。以降は学芸に専念した。

若くして諸芸を学んだが、特に当時枝直の地所の一角に家を構えていた賀茂真淵に国学を学び[1]県門の四天王と称された。

退隠後、師真淵の業を受け継ぎ、同じく真淵の弟子であった本居宣長の協力を得て『万葉集略解』を著した[2]。これは『万葉集』の全歌について、学問的考証に拘泥せずに穏当で簡略な解説に努めた注釈書で[3]明治以降まで多くの読者を獲得した[4]

和歌では師真淵の万葉調になじます、伝統的な歌風に江戸の繁華な風俗を織り込んだ独自の作風を樹立、村田春海とともに歌会・文会を盛んに開き、江戸派の双璧と称された[2]。千蔭の歌風は『古今和歌集』前後の時期の和歌を理想とした高調典雅なもので、江戸のみならず京坂の文人とも交渉を持った。家集『うけらが花』初編・2編がある[2]

また、にも秀で、松花堂昭乗にならい和様書家として一家をなし、千蔭流として盛名を得た[2]。仮名書の法帖を数多く出版している。しばしば、江戸琳派の絵師酒井抱一の作品に賛を寄せており、曲亭馬琴も千蔭から書を学んでいる[5]。千蔭の書を「千蔭焼」と称して陶器に焼いたり、織物にして「千蔭緞子」と称したりして好事家によって収集された[6]

絵は、はじめ建部綾足に漢画を学んだが、その後大和絵風の絵画に転じた。

著名な門人に清原雄風大石千引岡田真澄[7]窪田清音[8]がいる。

東京国立博物館には千蔭の木像(画像)と、肖像画画像)が残る。上部の自賛から、没する前年の6月に描かれ、長谷川貞忠(詳細不明)と渡辺広輝(阿波藩御用絵師住吉派の住吉広行の弟子)の作であることがわかる。

1808年文化5年)、73才で死去。東京都墨田区両国2丁目の回向院に葬られた[6]。墓碑は東京都の旧跡に指定されており[9]、墓石の「橘千蔭之墓」の字は、生前に自ら書いたものと伝えられている[6]

千蔭流 編集

和様の書の流派として明治期に人気があった。当時、貴族や上流階級の令嬢たちの和歌の師匠として人気のあった中島歌子が千蔭流の書を嗜んだことから、その門下生の樋口一葉も千蔭流の書を学んだ。

代表歌 編集

今昔秀歌百撰 57番

  • 照る月はあやしきものかかなしとも面白しとも人に見えつつ,うけらが花。選者:市川静夫(敦敦文化事業株式会社社主)

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ a b すみだゆかりの人々 1985, p. 36.
  2. ^ a b c d e f 岡本勝雲英末雄『新版近世文学研究事典』おうふう、2006年2月、231頁。 
  3. ^ 上野誠・鉄野昌弘・村田右富実編 『万葉集の基礎知識』KADOKAWA〈角川選書650〉2021年4月、P.190。ISBN 9784047037021
  4. ^ 梶川信行編『おかしいぞ!国語教科書:古すぎる万葉集の読み方』笠間書院、2016年11月、P.43。ISBN 9784305708151
  5. ^ 麻生磯次「滝沢馬琴」P34(吉川弘文館) 1959年
  6. ^ a b c すみだゆかりの人々 1985, p. 37.
  7. ^ 常石英明「書画骨董人名大辞典」(金園社)P440
  8. ^ 石岡久夫「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 三.窪田清音の業績(P221-229)
  9. ^ 加藤千蔭墓 -東京都文化財データベース

参考文献 編集

著述関係
  • 三浦理・編『うけらが花』有朋堂書店〈有朋堂文庫〉、1914年。 
  • 『千早帖:千蔭翁真蹟』西東書房、1974年12月。 
  • 川上富吉・編『万葉集略解抄』新典社〈影印本シリーズ〉、1988年4月。ISBN 4787904248 
  • 片桐洋一・編『伊勢物語古意:宝暦九年加藤千蔭写』和泉書院〈伊勢物語古注釈書コレクション 第5巻〉、2006年10月。ISBN 4757603797 
研究書類
  • 清宮秀堅『古学小伝』玉山堂、1886年。 
  • 中野虎三・編『国学三遷史』吉川半七、1897年。 
  • 上田万年芳賀矢一『国学者伝記集成』大日本圖書、1904年。 
  • 関根正直『史話俗談』誠文堂書店、1921年。 
  • 関隆治・編『国学者著述綜覧』森北書店、1943年。 
  • 『すみだゆかりの人々』墨田区教育委員会、1985年、36-38頁。 

関連文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集