加藤博二

日本の将棋棋士 (1923-2013)

加藤 博二(かとう ひろじ、1923年9月15日 -2013年9月15日)は、将棋棋士愛知県名古屋市出身。土居市太郎名誉名人門下。棋士番号42。加藤竹次郎(将棋棋士五段)の次男。

 加藤博二 九段
名前 加藤博二
生年月日 (1923-09-15) 1923年9月15日
没年月日 (2013-09-15) 2013年9月15日(90歳没)
プロ入り年月日 1944年4月1日(20歳)
引退年月日 1990年3月31日(66歳)
棋士番号 42
出身地 愛知県名古屋市
所属 将棋大成会
日本将棋連盟(関東)
師匠 土居市太郎名誉名人
弟子 堀口弘治
段位 九段
棋士DB 加藤博二
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
通算成績 606–634 (.489)
竜王戦最高クラス 2組(1期)
順位戦最高クラス A級(10期)
2017年8月22日現在
テンプレートを表示

経歴

編集

1938年に6級で土居市太郎に入門。1944年に四段昇段、1947年六段に飛付昇段。1959年八段、1984年九段。1990年3月引退。

1964年度、第14期王将戦大山康晴に挑戦するも敗退。順位戦A級通算10年。

2013年9月15日、埼玉県所沢市の防衛医科大学校病院で死去[1]。90歳没。

人物

編集
  • 将棋界では数少ない二世棋士の一人。
  • 日本将棋連盟の理事を長く務めた。

昇段履歴

編集

成績

編集
  • 通算成績 606勝 634敗 勝率0.489 [2]

棋戦優勝

編集

タイトル戦登場

編集
  • 王将戦挑戦(第14期=1964年度)
    登場回数1、獲得0

在籍クラス

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
1946 1 四・五段戦3位
1947 2 C級東組3位
1948 3 C級(順位なし)
1949 4 B級(順位なし)
1950 5 B級(順位なし)
1951 6 B級6位
1952 7 B207
1953 8 B214
1954 9 B214
1955 10 B205
1956 11 B113
1957 12 B111
1958 13 B106
1959 14 A 10
1960 15 A 04
1961 16 A 02
1962 17 B101
1963 18 A 09
1964 19 A 07
1965 20 A 02
1966 21 A 03
1967 22 A 02
1968 23 A 08
1969 24 A 05
1970 25 B101
1971 26 B108
1972 27 B105
1973 28 B209
1974 29 B209
1975 30 B204
(31-35期は欠番 / 30期の翌期は36期)
1976 36 B212
1978 37 B209
1979 38 B209
1980 39 B208
1981 40 B219
1982 41 B203
1983 42 B212
1984 43 B217
1985 44 B212
1986 45 B206
1987 46 B207 1 2組 --
1988 47 B212 2 3組 --
1989 48 B222 3 3組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

栄典・表彰

編集

関連項目

編集

脚注

編集
  1. ^ 訃報 加藤博二九段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ a b 「近代将棋」1990年5月号』近代将棋社/国立国会図書館デジタルコレクション、219頁。
  3. ^ 近代将棋(1999年1月号)』近代将棋社/国立国会図書館デジタルコレクション、183頁https://dl.ndl.go.jp/pid/6047365/1/92 

外部リンク

編集