メインメニューを開く

加藤 嘉一(かとう よしかず、1984年(昭和59年)4月28日 - )は日本出身のコラムニストブロガー。母国語の日本語のみならず、中国語や英語に通じる国際派コラムニストとして知られ、元々中国を活動拠点地としていたことから「中国で一番有名な日本人」とも称された[2][3][4][5]

加藤 嘉一
(かとう よしかず)
誕生 (1984-04-28) 1984年4月28日(35歳)
静岡県田方郡函南町
職業 国際コラムニストブロガー
言語 日本語中国語英語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 北京大学国際関係学院大学院修士課程修了
活動期間 2007年 -
ジャンル ノンフィクション
主題 中国、日中関係
主な受賞歴 時代騎士賞(2010年)[1]
デビュー作 七日谈:来自民间的中日对话(2007年)共著
公式サイト katoyoshikazu.com
テンプレートを表示

経歴編集

静岡県の農家の家庭に長男として生まれる[6]

山梨学院大学附属高校卒業後、中国へ留学。北京大学を卒業し、同国際関係学院大学院修士課程修了[6]。上海復旦大学新聞学院講座学者[7][8]、慶應義塾大学SFC研究所訪問研究者、フェニックステレビコメンテーター[6]、米ハーバード大学行政大学院・ケネディスクールAsh Centerフェロー(客員研究員)[9][10]、などを経て、現在、世界経済フォーラムGSCメンバー[11]、察哈尓学会研究員[12]、遼寧大学客座教授[13]などを務める。

また、国際コラムニストとして、『フィナンシャル・タイムズ』(中国版)[14]、『ニューヨーク・タイムズ』(中国版)[15]、香港『亜洲週刊』[16]、『広州日報』[17]、『The Nikkei Asia Review』[18][19]、『日経ビジネスオンライン』[20][21]、『ダイヤモンドオンライン』[22]、などでコラムを執筆。

経歴詐称報道編集

2012年10月30日、『週刊文春WEB』のスクープ速報として経歴詐称疑惑が報道され[23]、2012年10月31日、『週刊文春』にて、中国国内で「東京大学法学部への合格を蹴って中国に留学していた」と発言するなど複数の経歴詐称を行っていたことが報じられた[24][25]。同日、所属事務所のホームページ上や自身の中国語版ツイッター(新浪微博)アカウントで、経歴詐称の事実を認め、謝罪した[26][27]

経歴詐称発覚後は、表立ったメディア出演の数を減らし、ハーバード大学に客員研究員として在籍後、ワシントンD.C.ジョンズホプキンス大学ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院(SAIS)に移った[28]。2014年のインタビューは「事実と異なることを吹聴したのは東大受験と合格のことで、他は(週刊文春の)誇張や歪曲です」と答えた[28]

著作編集

日本語の著作編集

  • 『中国人は本当にそんなに日本人が嫌いなのか』ディスカヴァー・トゥエンティワン〈ディスカヴァー携書 57〉、2011年3月19日。ISBN 978-4-7993-1002-1 - 年譜あり。
  • 李小牧 共著『常識外日中論』メディア総合研究所、2011年4月25日。ISBN 978-4-944124-45-9
  • 『われ日本海の橋とならん 内から見た中国、外から見た日本-そして世界』ダイヤモンド社、2011年7月。ISBN 978-4-478-01647-3
  • 『いま中国人は何を考えているのか』日本経済新聞出版社〈日経プレミアシリーズ 151〉、2012年2月。ISBN 978-4-532-26151-1
  • 『北朝鮮スーパーエリート達から日本人への伝言』講談社〈講談社+α新書 587-1C〉、2012年2月20日。ISBN 978-4-06-272754-9
  • 『脱・中国論 日本人が中国とうまく付き合うための56のテーゼ』日経BP社(出版) 日経BPマーケティング(発売)、2012年6月25日。ISBN 978-4-8222-4913-7
  • 『逆転思考 激動の中国、ぼくは駆け抜けた』集英社、2012年10月26日。ISBN 978-4-08-780660-1
  • 古市憲寿 共著『頼れない国でどう生きようか』PHP研究所〈PHP新書 829〉、2012年10月15日。ISBN 978-4-569-80817-8
  • 『「不器用」を武器にする41の方法』サンマーク出版、2013年7月10日。ISBN 978-4-7631-3270-3
  • 原田曜平 共著『これからの中国の話をしよう』講談社、2013年8月5日。ISBN 978-4-06-218411-3
  • 岩瀬大輔 ほか『5年後働く自分の姿が見えますか?』角川書店(出版) KADOKAWA(発売)〈角川oneテーマ21 C-253〉、2013年9月20日。ISBN 978-4-04-110547-4 - 執筆者:岩瀬大輔・飯田泰之・古市憲寿・駒崎弘樹経沢香保子為末大田端信太郎・加藤嘉一。
  • 川本裕子 編著「意識の上でグローバル化が進む中国の大学や企業」『中国ビジネスを理解する 大局をつかむ11の論点』早稲田大学ファイナンス研究センター 編、中央経済社、2013年12月17日。ISBN 978-4-502-08470-6
  • 田原総一朗、加藤嘉一 ほか述「提言3 中国の「本音」はどこにある?」『日本を変える!若手論客20の提言』潮出版社、2014年6月5日。ISBN 978-4-267-01978-4
  • 『たった独りの外交録 中国・アメリカの狭間で、日本人として生きる』晶文社、2014年10月10日。ISBN 978-4-7949-6857-9
  • 『中国民主化研究 紅い皇帝・習近平が2021年に描く夢』ダイヤモンド社、2015年7月31日。ISBN 978-4-478-03923-6
  • 『習近平はトランプをどう迎え撃つか 中国の世界戦略と日本の針路』潮出版社〈潮新書 011〉、2017年10月5日。ISBN 978-4-267-02106-0

中国語の著作編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2010中国杯帆船赛蓝色盛典·时代骑士勋章授勋 - THE 4th CHINA CUP SAILING SPIRIT GRAND CEREMONEY KNIGHTING RITUAL” (中国語(簡体)). China Cup International Regatta. (2010年10月29日). 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ ふるまい 2011
  3. ^ 李 2011
  4. ^ 李 2012
  5. ^ 李 2013
  6. ^ a b c 加藤嘉一オフィシャルサイト プロフィール”. katoyoshikazu.com. 2012年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月10日閲覧。[信頼性要検証]
  7. ^ 复旦大学_复旦新闻文化网” (中国語(簡体)). 復旦大学 (2012年3月13日). 2014年11月1日閲覧。
  8. ^ 复旦大学_复旦新闻文化网” (中国語(簡体)). 復旦大学 (2012年5月17日). 2014年11月1日閲覧。
  9. ^ Rajawali Foundation Institute for Asia - Ash Center” (英語). ハーバード大学ケネディスクール. 2014年11月1日閲覧。
  10. ^ Kato, Yoshikazu - Ash Center” (英語). ハーバード大学ケネディスクール. 2014年11月1日閲覧。
  11. ^ Yoshikazu Kato. “Yoshikazu Kato” (英語). World Economic Forum. 2014年10月24日閲覧。
  12. ^ 察哈尔学会
  13. ^ 辽宁大学新闻(中国語)
  14. ^ フィナンシャル・タイムズ(中国版)
  15. ^ ニューヨーク・タイムズ(中国版)
  16. ^ 亜洲週刊
  17. ^ 広州日報
  18. ^ The Nikkei Asia Review
  19. ^ The Nikkei Asia Review
  20. ^ 日経ビジネスオンライン
  21. ^ 日経ビジネスオンライン
  22. ^ ダイヤモンドオンライン
  23. ^ 「週刊文春」編集部 (2012年10月30日). “「中国で一番有名な日本人」加藤嘉一氏に経歴詐称疑惑” (日本語). 週刊文春 WEB (文藝春秋). オリジナルの2012年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121101091245/http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1983 2017年1月28日閲覧。 
  24. ^ 安田 2012
  25. ^ Chinanews (2012年10月31日). “週刊文春「「中国で一番有名な日本人」の経歴詐称を告発する」を読んでみた=「東大蹴った」と加藤嘉一育成計画” (日本語). KINBRICKS NOW. 2017年1月18日閲覧。
  26. ^ 加藤 2012g
  27. ^ 新浪微博
  28. ^ a b 馮兆音 (2015年5月11日). “学歴詐称は虚栄心ゆえに、スパイ疑惑は否定=加藤嘉一インタビュー” (日本語). KINBRICKS NOW. 2016年1月28日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集